がんプロとは

北陸・信州地域で行う
「がんプロフェッショナル養成プラン」

信州大学医学部医学部長 田中榮司

がんは我が国の死因第一位の疾患であり、生涯で約2人に1人はがん(悪性腫瘍)にかかると推計されています。このため、国民の生命や健康にとって重大な問題となっており、新たながん対策が求められています。平成19年に開始された文部科学省のがんプロフェッショナル事業は、大学間の連携による「がん医療人材養成拠点」において、各大学の特色を生かした教育プログラムを構築します。これにより、がん医療の新たなニーズに対応できる、優れた「がんプロフェッショナル」を養成することで、我が国におけるがん医療の一層の推進を目的としています。平成24年から第2期、そして平成29年からは第3期のプログラムである「多様な新ニーズに対応するがんプロフェッショナル養成プラン」がスタートしました。
第3期のプログラムでは、信州大学は金沢大学を中心とした北陸地域のグループに加わり、北陸・信州地域で戦略的がん医療人育成システムの構築を目指すことになりました。事業名は「超少子高齢化地域での先進的がん医療人育成」で、北陸地域からは金沢大学の他に富山大学、福井大学、金沢医科大学、石川県立看護大学が参加し、計6大学のチームとなります。
 本事業の特徴は下記のごとくです。① 6大学の強みを生かした最先端がんゲノム医療、小児・AYA世代・希少がんの集学的治療、ライフステージに応じたケアを大学の枠を超えて学習できる、共通科目や単位互換を導入した相互補完的教育コースを新設する。② 2期がんプロで構築したTV会議システムを発展させた北陸・信州オンコロジーセミナー等を定期的に開催し、遠隔教育により多施設・多職種連携を推進する。③ 北陸・信州地域がんデータベースを構築し、これを学会・論文発表に使用して専攻生や教員の意欲を高めると共に、地域がん対策に活用し成果を社会に還元する。これらの活動により、患者中心のチーム医療を行う超少子高齢化地域で活躍できる先進的がん医療人を輩出し、将来の日本の超少子高齢化社会におけるがん医療人育成モデルを確立します。
是非,多くの若い方々が北陸・信州地域の「がんプロフェッショナル養成プラン」に参加し、がん医療の専門医となって、社会貢献をされることを願っています。

北信がんプロにおける信州大学の役割

 平成29年度から始まった第Ⅲ期がんプロフェッショナル育成プランでは、信州大学大学院総合医理工学研究科(博士課程)、大学院医学系研究科(修士課程)は、北陸3県の5大学(福井大学、金沢大学、金沢医科大学、石川県立看護大学、富山大学)と連携してこのがんプロ事業を行うこととなり、名称を「北信がんプロ」としています。
 第Ⅲ期がんプロの大きな柱である、「ゲノム医療」、「小児・AYA世代のがん・希少がんの診療」、「ライフスタイルに合わせたがん医療」の推進に対して、各大学の特徴を生かして「超少子高齢化地域での先進的がん医療人育成」を目指しています。  信州大学は、第Ⅱ期がんプロまでの事業で、原発不明がん、希少がんおよびAYA世代のがんを含む臓器横断的な診療体制を構築してきました(包括的がん治療学教室および附属病院信州がんセンター)。また、平成29年9月からはクリニカルシーケンス(がん関連遺伝子の変異を解析する検査)を開始しゲノム医療推進の体制を整備しています。附属病院の遺伝子医療研究センターでは、家族性腫瘍や遺伝性卵巣乳がん症候群の診療・遺伝子解析を行い、遺伝カウンセリングを行うスタッフも整備しています。  これらの実績に基づき、信州大学は遺伝性のがん、希少がんの診療経験とゲノム解析、それからクリニカルシーケンスの実施・解析ができ、小児から高齢者まで、幅広い年代の患者を診療できる医療人の育成を目的とする博士課程コースと、がんの遺伝に関する認定遺伝カウンセラーの受験資格が得られる修士課程コースの2つを設定しています。関係教室は、包括的がん治療学、遺伝医学・予防医学、衛生学・公衆衛生学、小児科学、婦人科学、外科学第二(乳腺内分泌・呼吸器外科科学)などで、お互い連携して教育・研究指導体制をとっています。
 興味のある学生さんの参加を期待しています。