信州大学HOME

  1. ホーム
  2. 学部
  3. 基本理念・目標・沿革

学部

基本理念・目標・沿革

信州大学医学部は、以下の基本理念に基づき具体的目標を設定し、教育・研究を通して地域貢献と国際交流の推進を図っています。

信州大学医学部の基本理念

豊かな人間性、広い学問的視野と課題探求能力を身につけた臨床医、医療技術者や医学研究者などを育成するとともに、高度で個性的な医科学研究を行います。また医科学の教育・研究と医療活動を発展させることによって地域貢献を果たし、国際交流に寄与します。

信州大学医学部の目標

信州大学医学部は、上記の基本理念の下に、教育、研究、地域貢献及び国際交流において次の目標を掲げます。

教育

  1. 医に携わる者としての基本的な知識・技能・態度を修得させる。
  2. 医学的問題点の把握と自発的に解決する能力を培う。
  3. 豊かな人間性と医に携わる者としての倫理観を育てる。
  4. 幅広い教養教育を通して、人間としての教養をたかめる。
  5. 国際交流ができる外国語能力を育成する。

研究

  1. ヒト生命の素晴らしさの感動を伝え、人類の福祉に貢献するために医科学の真理の深奥を究め、世界を先導するような創造的研究を実践する。
  2. 移植医療や遺伝子診療などの先端的医療に対する科学的基盤の構築を進展させる。
  3. 自然環境学、社会学及び情報科学をも包含し、長寿で質の高い健康をもたらすような俯瞰的医科学研究を行う。

地域貢献

  1. 国際水準に合致した医療、保健、福祉の実践・研究を行い、地域に貢献する。
  2. 人間科学に関する知的情報について地域社会に発信し、生き甲斐に満ちた健康な社会の形成を支援する。
  3. 人間科学に関する知的財産を学際的観点から実用化することによって、ライフサイエンスやヒューマンサイエンスに関連した地域産業の創建を支援する。

国際交流

  1. 優れた研究成果を広く世界に発信し、諸外国の研究者との研究協力を推進する。
  2. 諸外国からの学生・研究者の積極的な受け入れや諸外国への留学を奨励することにより、お互いの顔の見える人的交流を推し進める。

沿革

信州大学医学部の歴史を示します。

1944年 松本医学専門学校設置
1945年 市立松本病院を松本医学専門学校附属医院として移管。同時に看護婦講習所を移管
1948年 松本医科大学設置
1949年 国立学校設置法の施行により信州大学設置
1951年 医学部医学科設置認可。附属甲種看護婦養成所を医学部附属看護学校に改称
1955年 医学進学課程設置
1958年 大学院医学研究科(博士課程)設置
1963年 医学部附属助産婦学校設置
1964年 医学部附属順応医学研究施設設置
1966年 医学部附属衛生検査技師学校設置
1972年 医学部附属衛生検査技師学校を附属臨床検査技師学校に改組
1974年 医療技術短期大学部設置
1984年 医学部附属順応医学研究施設を附属心脈管病研究施設に転換
1994年 医学部附属心脈管病研究施設を廃止し医学部附属加齢適応研究センター設置
2000年 大学院医学研究科臓器移植細胞工学医科学系専攻(独立専攻・博士課程)設置
2002年 大学院医学研究科医科学専攻(修士課程)設置。医療技術短期大学部を改組し、保健学科設置
2003年 大学院医学研究科の5専攻を医学系専攻(博士課程)に改組
加齢適応医科学系専攻(独立専攻・博士課程)設置。医学教育センター設置
2004年 国立大学法人信州大学発足。附属病院卒後臨床研修センター設置。医学部知的財産活用センター設置
2005年 附属病院先端医療推進センター設置
2007年 大学院医学研究科を大学院医学系研究科と改め、保健学専攻(修士課程)設置。高度救命救急センター設置
2009年 大学院医学系研究科に保健学専攻(博士後期課程)を設置し、
保健学専攻(修士課程)を保健学専攻(博士前期課程)に名称変更
2010年 小児環境保健疫学研究センター設置
2011年 メディカルシーズ推進室設置
2012年 大学院医学系研究科を医科学専攻(修士課程)、医学系専攻(博士課程)、疾患予防医科学系専攻(独立専攻・博士課程)、保健学専攻(博士前期課程・博士後期課程)に改組
2013年 医学部アミロイドーシス研究・診断・治療センター設置
2014年 「講座」を医学科では「教室」、保健学科では「領域」に改称
2015年 感染病態解析学(寄附講座)設置
医学教育学(寄附講座)、下部尿路医学(寄附講座)廃止
新生児学(寄附講座)設置
医学部医学教育センターを廃止し、医学部・医学部附属病院医学教育研修センターを設置