信州大学HOME

  1. ホーム
  2. 学部
  3. 医学科
  4. 教室案内
  5. 創薬科学(連携講座)

医学科医学科

創薬科学(連携講座)

教室の概要

本講座は、大学と企業の強みを融合し、創薬科学研究において新たな価値を生み出すことを目的としています。 1. 把握した医療における創薬のニーズ・シーズを基に創薬アイデアを抽出し、2. そのアイデアの妥当性を十二分に評価した上で、3. その創薬テーマにおける事業化を推進することを研究活動としております。

研究テーマ

1. 講義および創薬セミナーの主催


1) 薬学、創薬科学および臨床試験の講義


専門講師や領域研究による講義を通して、薬学や医薬品開発の教育を行います。


2) 基礎講座・臨床講座との領域セミナー


各講座と疾患の診断・治療・創薬に関してディスカッションを行い、創薬におけるニーズ・シーズを把握します。


3) 臨床医と創薬研究者によるセミナーの開催


実際に臨床に携わる医師と創薬に従事する研究者との間で、疾患と創薬に関する情報交換を行います。


 


2. 創薬アイデアコンペ


1) 創薬アイデアの具現化支援


創薬アイデアを有する医師からの情報収集を通して創薬への可能性を調査し、その結果を各医師にフィードバックします。また、その結果を基にさらなる創薬に関する検討を行います。さらに、創薬研究を行う研究者に対しても、保有テーマにおいて創薬を推進するのに必要な情報提供を行います。


2) アイデアの妥当性評価と創薬テーマの採択


収集された創薬アイデアが実際の創薬に結びつくか否かを評価し、学内で推進する創薬共同研究テーマを決定します。


 


3. 採択されたテーマの創薬研究


1) 妥当性評価と知財化


採択された創薬テーマの共同研究推進計画に則り、共同専門研究員参画の下、その妥当性につき評価し知財化を行います。


2) 事業化プロジェクトの橋渡し


採択された創薬共同研究において事業化を推進します(共同研究開発、臨床研究・治験、ライセンスアウト、ベンチャーなど)。


 

スタッフ

教授 本郷一博、大野田秀樹(特任教授)
准教授 山崎雅則
講師 諸 真人(特任講師)
助教 徳重一雄