信州大学HOME

  1. ホーム
  2. 学部
  3. 医学科
  4. 教室案内
  5. 免疫制御学

医学科医学科

免疫制御学 専用サイト

教室の概要

本部門では、多細胞生体に特徴的な高次システムのひとつである免疫系がいかにしてできあがり、そして機能するかについて 追求します。免疫系は多細胞システムであって、かつ個体レベルでの現象です。従って、本部門での研究は細胞/分子での実験からマウス個体を用いた実験まで 幅広いレベルで行われます。

研究テーマ

免疫系の制御機構の研究
1) 遺伝子の発現を制御する転写因子が、どのようにして免疫システムを制御しているのか、その破綻によって発症する自己免疫様疾患や免疫細胞の分化や機能の異 常がどのようにして起こるのかを明らかにするために、主として転写因子やシグナル伝達分子のノックアウトマウスを用いて研究しています。現在の主たる対象 は、樹状細胞サブセットやNK、NKT細胞の分化機構、および炎症性皮膚疾患の発症機構とその遺伝子支配です。
2)アレルギーの発症に関係するヘルパーT細胞サブセットTh2の分化のしくみを理解するために、Th2誘導に重要な好塩基球のはたらきを分子レベルで追 求しています。現在は、好塩基球の細胞内シグナル伝達機構や好塩基球の異物センサーについて研究しています。



難治性疾患の発症機構の研究

プロテアソームまたはその基質蛋白質の発現異常は、悪性腫瘍をはじめとした種々の疾患の発症と密接に関係しています。現在、遺伝子改変マウスおよびヒトの生検を用いて以下の3つのテーマにおいて研究を行っています。

1)子宮悪性腫瘍の一種である子宮平滑筋肉腫(leiomyosarcoma)の発症機構の解析
2)子宮平滑筋肉腫の新規診断バイオマーカーと新規診断法の確立
3)正常眼圧緑内障の発症機構の解析と新規治療薬の探索

主な成果

  1. Hayashi Tほか、Potential role of LMP2 as an anti-oncogenic factor in human uterine leiomyosarcoma: morphological significance of calponin h1. FEBS Lett. 21; 586:1824-1831, 2012
  2. Notake T ほか、Differential requirements for IFN regulatory factor-2 in generation of CD1d-independent T cells bearing NK cell receptors. J. Immunol. 188: 4838-45, 2012
  3. Yoshizawa K ほか、 IL-15-high-responder developing NK cells bearing Ly49 receptors in IL-15-/- mice. J. Immunol.187: 5162-5169, 2011
  4. Nakamura-Yanagidaira T ほか、 Development of spontaneous neuropathy in NF-kappaBp50-deficient mice by calcineurin-signal involving impaired NF-kappaB activation. Mol. Vis.17: 2157-2170, 2011
  5. Hida, S ほか、Fc receptor γ-chain, a constitutive component of the IL-3 receptor, is required for IL-3-induced IL-4 production in basophils. Nature Immunol. 10: 214-222, 2009
  6. Nakajima, S ほか、IL-15 inhibits pre-B cell proliferation by selectively expanding Mac-1+B220+ NK cells. Biochem. Biophys. Res. Commun. 369:1139-1143, 2008
  7. Arakura, F. ほか、 Genetic control directed towards spontaneous IFN-α/β responses and downstream IFN-γ expression influences the pathogenesis of a murine psoriasis-like skin disease. J. Immunol. 179: 3249-3257, 2007
  8. Takahashi, Y. ほか、Development of spontaneous optic neuropathy in NF-κBp50-deficient mice; Requirement for NF-κBp50 in ganglion cell survival. Neuropathol. Appl. Neurobiol. 33: 692-705, 2007
  9. Hayashi, T. ほか、The mutation in the ATP-binding region of JAK1, identified in human uterine leiomyosarcomas, results in defective interferon- inducibility of TAP1 and LMP2. Oncogene 25: 4016-26, 2006

スタッフ

教授 瀧 伸介
准教授 林 琢磨
助教 山条 秀樹