信州大学HOME

  1. ホーム
  2. 学部
  3. 医学科
  4. 教室案内
  5. 地域医療推進学

医学科

地域医療推進学 専用サイト

教室の概要

 信州大学医学部地域医療推進学教室(講座)は、医師不足を主たる原因とする長野県の地域医療の崩壊を少しでも阻止すべく「県内病院の特に医師不足が深刻な診療科における医師の養成・確保を図るため、医師が不足する特定診療科の効率的な医師の養成等に関する実践的研究を行い、信州大学医学部を中心とした即戦力医師等の供給システムの構築を図る。」を目標に、平成21年度に長野県からの寄附講座として設置されました。この設立趣旨に基づいて、医師の地域偏在・診療科偏在・女性医師の増加・診療科の専門細分化、ならびに医療資源としての医師の適正配置について、それらの現状を把握し、解決策を立案すべく調査・研究、活動を行ってきました。
 平成24年度からは、寄附講座でなく信州大学医学部教室(長野県委託事業)としての地域医療推進学教室へ移行し現在に至っています。教室の事業・活動としては、1) 医学生の卒前・卒後教育への参画、特に近年その重要性が叫ばれている地域医療教育の実施、2) 医療を担う人材としての中学生、高校生への啓発事業の実施、が主なものです。

 平成23年10月に、長野県医師確保等総合事業として信州医師確保総合支援センターが開設されました。このセンター設置は、地域医療を担う医師のキャリア形成を支援しながら、その確保・定着を図るとともに、総合的な医師確保対策を実施することにより医師の偏在解消を目指す、ことを目的としています。その分室が長野県立病院機構と信州大学医学部に設けられ、それぞれに長野県より業務が委託されることになりました。平成24年度からは、これまでの信州大学医学部地域医療推進学教室の専属教員2名が引き続いて、長野県から委託される業務・活動を信州医師確保総合支援センター信州大学医学部分室にて行っています。
 信州医師確保総合支援センターは、長野県における地域医療支援センターそのものであり、その役割は、第6次の医療法の改正においては、医師の地域偏在解消に取り組む施策として、キャリア形成支援と一体となって医師不足病院の医師確保支援等を行うものと記載されています。 信州医師確保総合支援センター信州大学医学部分室は、長野県、信州大学、医師会、病院との協力のもと、高校生、医学生、医師(主に若手医師)を対象に総合的医師確保に関する事業、ならびに、長野県医学生修学資金貸与の医学生、医師の皆さんのキャリア形成相談・支援、卒後の勤務調整などを行っています。

主な成果

1.中澤勇一:医師不足の現状と対策.信州医学雑誌,58:291-300,2010
2.中澤勇一:医療羅針盤 私の提言(第41回) 現行の医師養成増の政策のみでは、医師不足による医療崩壊の進行を防ぐことは不可能だ.新医療,38:18-21,2011
3.中澤勇一:医療羅針盤 私の提言(第55回) 医師の地理的偏在に対処できる医師配置・派遣システムは、都道府県による医学生奨学金・修学資金貸与制度に基盤を置かざるを得ない.新医療,39:18-21,2012
4.中澤勇一:信州大学における地域医療教育.信州自治研,302:1-11,2017

スタッフ

教授 田中榮司(特任)
准教授 中澤勇一