信州大学HOME

  1. ホーム
  2. 学部
  3. 医学科
  4. 教室案内
  5. 脳神経外科学

医学科

脳神経外科学 専用サイト

教室の概要

本講座では、「最先端医療を駆使して低侵襲手術・機能温存治療を行う」を一貫とした治療方針として、 脳血管障害・脳腫瘍・脊髄疾患などに対しての外科治療を行っています。また、高レベルの脳神経外科診療を 各関連施設との連携で行うことや、多くの優秀な脳神経外科医を育成することも目標としています。

研究テーマ

手術成績を上げ、機能予後をよくするために、以下のような研究を行っております。


1. 低侵襲手術アプローチ研究:頭蓋底深部の病変に対する治療のより安全なルート、手術方法の開発。


2. 手術機器研究・開発:手術をより安全確実に行う手術器具の開発。


3. 手術シミュレーション研究:静止および動画の三次元画像を、手術シミュレーションに応用できるよう開発。


4. 微小脳神経外科解剖研究:より精密な脳神経外科手術が行えるよう、脳の局所の解剖の把握、研究。


5. 術中神経機能モニタリング・マッピング研究:機能温存のため、術中に電気生理学的手法を用いて神経機能の同定、評価の研究。


6. ロボット支援手術装置および手技の研究・開発:世界にさきがけ、脳神経外科手術における低侵襲を目指した手術支援ロボット(NeuRobot)の開発、臨床応用研究。


7. 悪性脳腫瘍の遺伝子解析・研究:遺伝子解析を行い、最適な化学療法を探り悪性脳腫瘍の成績向上に関する研究。

主な成果

  1. Goto T, Tanaka Y, Kodama K, Yomo S, Hara Y, Sato A, Hongo K. Staple electrodes: an innovative alternative for intraoperative electrophysiological monitoring. J Neurosurg. 2008;108:816-819.
  2. Kakizawa Y, Seguchi T, Kodama K, Ogiwara T, Sasaki T, Goto T, Hongo K. Anatomical study of the trigeminal and facial cranial nerves with the aid of 3. 0-tesla magnetic resonance imaging. J Neurosurg. 2008;108:483-490.
  3. Sakai K, Nitta J, Horiuchi T, Ogiwara T, Kobayashi S, Tanaka Y, Hongo K. Emergency revascularization for acute main-trunk occlusion in the anterior circulation. Neurosurg Rev. 2008;31:69-76.
  4. Goto T, Tanaka Y, Kodama K, Kusano Y,Sakai K, Hongo K. Loss of visual evoked potential following temporary occlusion of the superior hypophyseal artery during aneurysm clip placemet surgery. J Neurosurg. 2007;107:865-867.
  5. Horiuchi T, Nitta J, Sakai K, Tanaka Y, Hongo K: Emergency embolectomy for treatment of acute middle cerebral artery occlusion. J Neurosurg 2007;106:257-262.
  6. Kakizawa Y, Hongo K, Rhoton Jr. AL: Construction of a three-dimentional interactive model of the skull base and cranial nerves. Neurosurgery 2007;60:901-910.
  7. Sakai K, Hongo K, Tanaka Y, Nakayama J: Analysis of immunohistochemical expression of p53 and the proliferation marker Ki-67 antigen in skull base chordomas: relationships between their expression and prognosis. Brain Tumor Pathol 2007;24:57-62.
  8. Watanabe A, Seguchi T, Koyama J, Aoyama T, Miyahara T, Kakizawa Y, Hongo K: Investigation of Radiofequency-Induced Temperature Elevation of Aneurysm Clips in a 3.0-Tesla Mgnetic Resonance Environment. Neurosurgery 2007;61:1062-1066
  9. Ito K, Sakai K, Yako T, Tanaka Y, Hongo K. Atlantoaxial Dislocation Associated with a Mass in the Extradural Craniovertebral Junction Unrelated to Rheumatoid Arthritis -Case Report-. Neuro Med Chir 2007;47:182-185.
  10. Hongo K, Goto T, Miyahara T, Kakizawa Y, Koyama J, Tanaka Y: Telecontrolled micromanipulator system (NeuRobot) for minimally invasive neurosurgery. Acta Neurochir (suppl) 2006;98:63-66.

スタッフ

教授
准教授 堀内哲吉
講師 荻原利浩、伊東清志
助教 花岡吉亀、八子武裕、宮岡嘉就