信州大学HOME

  1. ホーム
  2. 学部
  3. 医学科
  4. 教室案内
  5. 外科学第一

医学科医学科

外科学第一 専用サイト

教室の概要

当教室では、消化器癌の外科治療と肝移植に関する臨床研究のほか、基礎研究においても臨床に直結することを目指して、消化器領域癌の発癌、癌転移のメカニズムの解析と分子標的治療、肝再生と細胞・臓器移植を中心とした研究を行っている。現在の主たる研究テーマを以下に示す。

研究テーマ

発癌、癌転移に関する研究

1. 骨髄細胞を移植したラットを用いた、肝癌の発癌メカニズムの研究。
(Kubota K et al. Carcinogenesis. 2008)


2. 胃発癌におけるヘリコバクター属の病原性や発癌メカニズムの解明。
(Sugiyama A et al. Cancer Res. 1998)

癌治療に関する研究

1. バイオパニング法を用いた胃癌、大腸癌、肝細胞癌、胆道癌に対する癌特異的ペプチドの同定。
(Akita N, et al. Cancer Sci. 2006, Shimizu A et al. Oncology. 2006)


2. p53を用いた、癌細胞のミトコンドリアをターゲットとするmolecular therapy の開発。
両テーマとも、現在臨床応用に向けて研究中である。

移植・再生に関する研究

1. 臓器幹細胞から肝細胞・胆管細胞への分化・誘導に関する研究。


2. ES細胞を用いた肝構築の研究。


3. 膵島細胞移植導入に向けた、肝組織、膵組織から膵β細胞への分化誘導の研究。

主な成果

  1. Kobayashi A, et al Disease recurrence patterns after R0 resection of hilar cholangiocarcinoma. Br J Surg. 2010 ;97:56-64.
  2. Ikegami T, et al. Prognosis of adult patients transplanted with liver grafts < 35% of their standard liver volume. Liver Transpl. 2009 ;15:1622-30.
  3. Misawa R, et al. Potential feasibility of early bone marrow cell injection into the spleen for creating functional hepatocytes. Transplantation. 2009 87:1147-54.
  4. Motoyama H. et al. In vitro reprogramming of adult hepatocytes into insulin-producing cells without viral vectors. Biochem Biophys Res Commun. 2009;385:123-8.
  5. Kubota K, et al. Bone marrow-derived cells fuse with hepatic oval cells but are not involved in hepatic tumorigenesis in the choline-deficient ethionine-supplemented diet rat model. Carcinogenesis. 2008;29:448-54.
  6. Mita A,Anti-proinflammatory effects of sirolimus on human islet preparations. Transplantation. 2008 ;86:46-53.
  7. Shimizu A et al. Identification of an oligopeptide binding to hepatocellular carcinoma. Oncology. 2006;71:136-45.
  8. Misawa R, et al. Development of liver regenerative therapy using glycoside-modified bone marrow cells. Biochem Biophys Res Commun. 2006 ;342:434-40.
  9. Ogawa S, et al. Crucial roles of mesodermal cell lineages in a murine embryonic stem cell-derived in vitro liver organogenesis system. Stem Cells. 2005;23:903-13.
  10. Saito H, et al. Roles of virD4 and cagG genes in the cag pathogenicity island of Helicobacter pylori using a Mongolian gerbil model. Gut. 2005;54:584-90.

スタッフ

教授 宮川眞一
准教授 小林 聡、池上俊彦(兼務)
講師 横山隆秀、石曽根 聡
助教 清水 明、鈴木 彰、本山博章、大野康成、宮川雄輔