信州大学HOME

  1. ホーム
  2. 学部
  3. 医学科
  4. 教室案内
  5. 皮膚科学

医学科

皮膚科学 専用サイト

教室の概要

本教室では、皮膚科学における2つの分野に研究の主眼を置いている。1つは表皮ケラチノサイトの生物学と表皮を主座とする炎症性疾患への関わりである。も う1つは、悪性黒色腫のジェネティック、エピジェネティック異常による腫瘍進展機序の解明である。いずれの研究テーマにおいても、診断の新規バイオマー カーや治療標的の探索、および、テーラーメイド治療の確立を目指している。

研究テーマ

1.表皮ケラチノサイトの分化および炎症性疾患の発症機序の解明 : RunxやNotchがケラチノサイトの分化や液性因子産生において果たす役割を分子レベルで明らかにする。炎症性角化症や創傷治癒の機序の解明に役立てる。

2.アトピー性皮膚炎の病態解明 : われわれは、大気汚染物質がアトピー性皮膚炎の病態に関与することを明らかにしてきた。その詳細なメカニズムについてさらに研究している。

3. 悪性黒色腫におけるBRAF,NRAS,Kit変異の探索 : 悪性黒色腫で高頻度に検出されるBRAF、NRAS、Kitなどの遺伝子変異について、個々の 腫瘍組織を用いて病型別の解析を行っている(図)。BRAF V600Eをはじめとする遺伝子変異に対する分子標的治療を含む新規分子標的治療薬の開発は目覚ましく、さらに多くの症例を国内から集めて解析を行い、個 別化治療の確立を進めている。

4.悪性黒色腫におけるリキッドバイオプシーの有用性 : われわれは、悪性黒色腫の循環腫瘍細胞や腫瘍由来の cell-free DNAのモニタリングが、診断と治療に有用であることを示してきた。リキッドバイオプシーを用いて、悪性黒色腫の遺伝子異常の多様性が治療抵抗性にどのように関わるかを明らかにし、テーラーメイド治療への応用を模索している。


5.悪性黒色腫の進展に関わる分子の探索 : 悪性黒色腫の進展を分子レベルで解明するために、複数の標的について腫瘍細胞の増殖能、浸潤能、腫瘍形成能および、微小環境に置ける抑制的免疫機構との相互作用について、解析を進めている。


hifu.jpg

 


主な成果

  1. Nakamura K, Yaguchi T, Ohmura G, Kobayashi A, Kawamura N, Iwata T, Kiniwa Y, Okuyama R, Kawakami Y : Involvement of local renin-angiotensin system in immunosuppression of tumor microenvironment. Cancer Sci 109(1): 54-64, 2018.
  2. Ashida A, Sakaizawa K, Uhara H, Okuyama R : Circulating Tumour DNA for Monitoring Treatment Response to Anti-PD-1 Immunotherapy in Melanoma Patients. Acta Derm Venereol. 97(10): 1212-1218, 2017.
  3. Minagawa A, Omodaka T, Koga H, Yokokawa Y, Uhara H, Okuyama R : Nail apparatus melanoma thickness is associated with side and age. Br J Dermatol 177(3): e65-e66, 2017.
  4. Mikoshiba Y, Minagawa A, Sano T, Okuyama R : Pink nodule accompanied with clustered yellow globules at the periphery. JAAD Case Rep 3(4): 351-353, 2017.
  5. Shirai T, Kiniwa Y, Asaka S, Shimojo Y, Kamijo F, Okuyama R : Expression of Mucin 1 in Mycosis Gungoides Tumour Cells: A Case Report. Acta Derm Venereol 97(6): 747-748, 2017.
  6. Hidaka T, Ogawa E, Kobayashi EH, Suzuki T, Funayama R, Nagashima T, Fujimura T, Aiba S, Nakayama K, Okuyama R, Yamamoto M: AhR links atopic dermatitis and air pollution via Artemin induction. Nat Immunol 18(1): 64-73, 2017.
  7. Ashida A, Sakaizawa K, Mikoshiba A, Uhara H , Okuyama R : Quantitative analysis of the BRAFV600E mutation in circulating tumor-derived DNA using competitive allele-specific TaqMan PCR in melanoma patients. Int J Clin Oncol 21(5): 981-988, 2016.
  8. Minagawa A, Tanaka M, Koga H, Okuyama R : Pigmented seborrheic keratosis showing starburst pattern. J Am Acad Dermatol. 75(1): e11-13, 2016.
  9. Minagawa A, Omodaka T, Okuyama R : Melanomas and Mechanical Stress Points on the Plantar Surface of the Foot. N Engl J Med 374(24): 2404-2406, 2016.
  10. Koga H, Yoshikawa S, Shinohara T, Le Gal FA, Cortes B, Saida T, Sota T: Long-term Follow-up of Longitudinal Melanonychia in Children and Adolescents Using an Objective Discrimination Index. Acta Derm Venereol 96(5): 716-717, 2016.
  11. Tsuji A, Minagawa A, Okuyama R : Erythematous Papules and Plaques on the Cheeks. JAMA Dermatol 152(5): 569-570, 2016.
  12. Ashida A, Ogawa E, Uhara H, Koizumi T, Okuyama R : Inhibition of epidermal growth factor receptor induces tumor necrosis factor-α via activation of peroxisome proliferator-activated receptor-γ and nuclear factor-κB in sebocytes: A possible pathogenesis of papulopustular rash. J Dermatol Sci 82(1): 53-56, 2016.
  13. Sano T, Uhara H, Mikoshiba Y, Kobayashi A, Uchiyama R, Tateishi K, Yamamoto H, Okuyama R : Nivolumab-induced organizing pneumonia in a melanoma patient. Jpn J Clin Oncol. 46(3): 270-272, 2016.
  14. Shirota S, Minagawa A, Koga H, Momose M, Uhara H, Okuyama R : Brown nodule on the lower eyelid: a quiz -- lichenoid keratosis. Acta Derm Venereol 95(8): 1037-1039, 2015.
  15. Kiniwa Y, Li J, Wang M, Sun C, Lee JE, Wang RF, Wang HY : Identification of DRG-1 as a melanoma-associated antigen recognized by CD4+ Th1 cells. PLOS One 10(5): e0124094, 2015.

このほかの業績については、教室ホームページをご覧ください。

スタッフ

教授 奥山隆平
講師 木庭幸子、古賀弘志、小川英作
助教 芦田敦子、佐藤勇樹、皆川 茜、御子柴育朋
医学科 保健学科

大学院医学系研究科

修士課程

医科学専攻
保健学専攻

大学院総合医理工学研究科

博士課程

医学系専攻
生命医工学専攻

入試情報を見る
  • 信州大学医学教育センター
  • 信州大学卒臨床研修センター
  • 信大医学部附属病院
  • 医学部地域保健推進センター
  • 医倫理委員会/遺伝子解析倫理委員会
  • 研究者総覧SOAR
  • 医学部附属施設・関連団体
  • 信州医学雑誌