信州大学HOME

  1. ホーム
  2. 学部
  3. 医学科
  4. 教室案内
  5. 皮膚科学

医学科医学科

皮膚科学 専用サイト

教室の概要

本講座では、皮膚科学における2つの分野に研究の主眼を置いている。1つは表皮ケラチノサイトの生物学と表皮を主座とする炎症性疾患への関わりである。も う1つは、悪性黒色腫のジェネティック、エピジェネティック異常による腫瘍進展機序の解明である。いずれの研究テーマにおいても、診断の新規バイオマー カーや治療標的の探索、および、テーラーメイド治療の確立を目指している。

研究テーマ

1.表皮ケラチノサイトの分化および炎症性疾患の発症機序の解明 RunxやNotchがケラチノサイトの分化や液性因子産生において果たす役割を分子レベルで明らかにする。炎症性角化症や創傷治癒の機序の解明に役立てる。

2.乾癬における新規バイオマーカーの有用性 われわれは、FABPが乾癬の病変部皮膚において発現が上昇していることを報告した。FABP発現と疾患活動性への関わりを明らかにする。

3. 悪性黒色腫におけるBRAF,NRAS,Kit変異の探索 悪性黒色腫で高頻度に検出されるBRAF、NRAS、Kitなどの遺伝子変異について、個々の 腫瘍組織を用いて病型別の解析を行っている(図)。BRAF V600Eをはじめとする遺伝子変異に対する分子標的治療を含む新規分子標的治療薬の開発は目覚ましく、さらに多くの症例を国内から集めて解析を行い、個 別化治療の確立を進めている。

4.悪性黒色腫の腫瘍循環細胞の解析 悪性黒色腫患者の末梢血から腫瘍循環細胞を単離し、遺伝子異常の解析を行っている。腫瘍循環細胞同定と単離の効率を改良し、個別化治療に役立てるとともに、腫瘍幹細胞との関わりや血行性転移の機序の解明の面でも解析を進めている。


5.悪性黒色腫の進展に関わる分子の探索 悪性黒色腫の進展を分子レベルで解明するために、複数の標的について腫瘍細胞の増殖能、浸潤能、腫瘍形成能および、微小環境に置ける抑制的免疫機構との相互作用について、解析を進めている。


 


hifu.jpg

 

主な成果

  1. Uhara H, Ashida A, Koga H, Uchiyama A, Uchiyama R, Hayashi K, Kiniwa Y, Okuyama R. NRAS mutations in primary and metastatic melanomas of Japanese patients. Int J Clin Oncol in press.
  2. Minagawa A, Koga H, Uhara H, Yoshiharu Yokokawa Okuyama R. Age-related prevalence of dermoscopic patterns in acquired melanocytic nevus on acral volar skin. JAMA Dermatol in press.
  3. Uhara H, Saiki M, Kawachi S, Ashida A, Oguchi S, Okuyama R.  Clinical courses of drug-induced hypersensitivity syndrome treated without systemic corticosteroids. J Eur Acad Derm Venereol 27: 722-726, 2013.
  4. Ishikawa Y, Hosogane M, Okuyama R, Aoyama S, Onoyama I, Nakayama K, Nakayama K.  Opposing functions of Fbxw7 in keratinocyte growth-differentiation and skin tumorigesis mediated through negative regulation of c-Myc and Notch. Oncogene 32: 1921-1932, 2013.
  5. MiyakeT, Ogawa E, Mikoshiba Y , Kobayasi A, Hosoe H, Kashiwabara S, Uhara H, Owada Y, Okuyama R. Epidermal-type FABP is a predictive marker of clinical response to systemic treatment and ultraviolet therapy in psoriatic skin lesions. J Dermatol Sci, 68:199-202, 2012.
  6. Sakaizawa K, Goto Y, Kiniwa Y, Uchiyama A, Harada K, Shimada S, Saida T, Ferrone S, Takata M, Uhara H, Okuyama R. Mutation analysis of BRAF and KIT in circulating melanoma cells at the single cell level. Br J Cancer, 106:939-946, 2012.
  7. Ashida A, Uhara H, Kiniwa Y, Oguchi M, Murata H, Goto Y, Uchiyama A, Ogawa E, Hayashi K, Koga H, Okuyama R. Assessment of BRAF and KIT mutations in Japanese melanoma patients. J Dermatol Sci, 66:240-242, 2012.
  8. Hayashi K, Uhara H, Koga H, Okuyama R, Saida T. Surgical treatment of nail apparatus melanoma in situ: The use of artificial dermis in reconstruction. Dermatol Surg 38: 692-694, 2012.
  9. Ogawa E, Owada Y, Ikawa S, Adachi Y, Egawa T, Nemoto K, Suzuki K, Hishinuma T, Kawashima H, Kondo H, Muto M, Aiba S, Okuyama R. Epidermal FABP (FABP5)  regulates keratinocyte differentiation by 13(S)-HODE-mediated activation of the NF-κB signaling pathway. J Invest Dermatol, 131:604-612, 2011.
  10. Uhara H, Kamijo F, Okuyama R, Saida T. The open pores with plugs in porokeratosis clearly visualized with the dermoscopic furrow ink test: Report of 3 cases. Arch Dermatol 147: 866-868, 2011.

スタッフ

教授 奥山隆平
准教授 宇原 久
講師 木庭幸子、林 宏一
助教 小川英作 、古賀弘志、芦田敦子