信州大学HOME

  1. ホーム
  2. 学部
  3. 医学科
  4. 教室案内
  5. 内科学第一

医学科医学科

内科学第一 専用サイト2 専用サイト1

教室の概要

本部門では、内科学、特に呼吸器内科学を中心に未解決の臨床的な課題を解明すべく、症例検討、疫学的手法、分子・細胞生物学、遺伝子学、動物実験、などを 駆使し研究をおこなっています。対象となる具体的な疾患としては、喘息・COPD(慢性閉塞性肺疾患)、肺癌・胸部悪性腫瘍、呼吸器感染症、間質性肺疾 患、急性肺損傷・急性呼吸窮迫(促迫)症候群、睡眠時無呼吸症候群などであり、さらに、 信州の地に特異的と言える高地医学があります。

研究テーマ

COPDおよび喘息

HRCT画像、IOS法(呼吸抵抗測定法)および右心カテーテル検査によるCOPD、気腫合併肺線維症(CPFE)のphenotypeに関する検討。 COPDおよびCPFEの発症に関与する遺伝子の解明。若年発症COPDの疾患感受性の解明。ヒト肺検体を用いたCOPDの病因解明。全身性炎症性疾患と してのCOPDの病態解明。ラット肺気腫モデルの構築および各種薬剤の予防効果の検討。喘息のQOL、アドヒアランスに関する臨床研究。

肺癌・胸部悪性腫瘍

早期末梢肺癌に対する診断精度向上の取り組み(ヴァーチャル気管支鏡ナビゲーション、EBUS-GS、CTガイド下気管支鏡など)。内視鏡的イン ターベンションの臨床研究。進行非小細胞肺癌に対する新たな化学・放射線併用療法の開発。胸部悪性腫瘍に対する全国多施設共同研究への参画。胸腺癌および 肺癌の生物学的特性と治療効果の検討。

呼吸器感染症

非結核性抗酸菌症の診断と新たな治療法の構築。呼吸器感染症における各種耐性菌の経時的疫学調査。

間質性肺疾患

きのこによる過敏性肺炎の病態解明、簡易診断法の検討。薬剤性肺障害の疫学的および分子遺伝学的検討。膠原病、特に皮膚筋炎に合併する間質性肺炎の 臨床的特徴の検討。膠原病肺の治療戦略の構築。特発性肺線維症(IPF)の病態解明と治療法の開発(臨床検査部との共同研究)。



肺循環障害

呼吸器疾患に伴う肺高血圧症の病態生理と発症機序の解明。呼吸器疾患に伴う肺高血圧症の薬物療法の確立。



急性肺損傷・急性呼吸窮迫(促迫)症候群(ALI/ARDS)

治療に関する基礎的研究と血液浄化療法、non-invasive ventilation早期導入の臨床効果に関する検討。



睡眠時無呼吸症候群(SAS)

SASの早期診断に対する各種センサーの開発。高地における睡眠障害の病態解明。肥満低換気症候群とメタボリックシンドロームの関連に関する疫学研究。SASの発症に関与する遺伝子の解明。



高地医学

高地肺水腫における分子遺伝学的検討。高地肺水腫の個体感受性と発症機序の解明。高地適応民族であるシェルパ族の適応機序の解明。中国青海省青海大学高原医学研究所との共同研究。



IgG4関連疾患

IgG4関連疾患の肺病変を中心とした臨床研究。



その他

厚生労働省「薬剤性肺障害に関する包括的研究」の代表研究者。
厚生労働省「IgG4関連疾患に関する調査研究」の分担研究者。
厚生労働省「呼吸不全に関する調査研究」の分担研究者。
厚生労働省「リンパ脈管筋腫症に対するシロリムスの安全性確立のための医師主導治験」の分担研究者。

主な成果

  1. Goya H, Kuraishi H, Koyama S, Ichiyama T, Yoshiki F, Hirai K, Agatsuma T, Tateishi K, Kanda S, Yamamoto H, Kubo K, Koizumi T : Phase Ⅰ/Ⅱsutudy of S-1 combined with bitweekly irinotecan chemotherapy in previously treated advanced non-small cell lung cancer.  Cancer Chemother Pharmacol70:691-7 2012
  2. Hanaoka M, Ito M, Droma Y, Ushiki A, Kitaguchi Y, Yasuo M, Kubo K : Comparison of gene expression profiling between lung fibrotic and emphysematous tissues sampled from patients with combined pulmonary fibrosis and emphysema.  Fibrogenesis Tissue Repair 5 :17  2012
  3. Hanaoka M, Droma Y, Basnyat B, Ito M, Kobayashi N, Katsuyama Y, Kubo K, Ota M : Genetic Variants in EPAS1 Contribute to Adaptation to High-Altitude Hypoxia in Sherpas. PloS One 7 : e50566  2012
  4. Ito M, Hanaoka M, Drama Y, Kobayashi N, Yasuo M, Kitaguchi Y, Horiuchi T, Ikegawa K, Katsuyama Y, Kubo K, Ota M : The association of Toll-like receptor 4 gene polymorphisms with the development of emphysema in Japanese subjects: a case control study. BMC Res Notes 5:36 2012
  5. Kitaguchi Y, Komatsu Y, Fujimoto K, Hanaoka M, Kubo K : Sputum eosinophilia can predict responsiveness to inhaled corticosteroid treatment in patients with overlap syndrome of COPD and asthma. Int Chron Obstruct Pulmon Dis 7 : 238-239  2012
  6. Kitaguchi Y, Taraseviciene-Stewart L, Hanaoka M, Natarajan R, Kraskauskas D, Zoelkel NF : Acrolein Induces Endoplasmic Reticulum Stress and Causes Airspace Enlargement. Plos One7 : e38038  2012
  7. Kobayashi T, Koizumi T, Agatsuma T, Yasuo M, tsushima K, Kubo K, Eda S, Kuraishi H, Koyama S, Hachiya T, Ohura N : A phase Ⅱtrial of erlotinib in patients with EGFR wild-type advancrd non-small-cell lung cancer.  Cancer Chemother Pharmacol 69 : 1241-6  2012
  8. Komatsu Y, Yamamoto H, Tsushima K, Furuya S, Yoshikawa S, Yasuo M, Kubo K, Yamazski Y, Hasegawa J, Eguchi T, Kondo R, Yoshida K, Koizumi T : Increased Interleukin-8 in Epithelial Lining Fluid of Collapsed Lunds During One-Lung Ventilation for Thpracotomy. Inflammation35 : 1844-50  2012
  9. Yamamoto H, Fukushima T, Yokoyama T, Yoshizawa A, Hamano H : Periurethral Involvement of IGg4-Related Disease in an Elderly Woman Mimicking an Enlarged Prostate in Man.  Ann Inter Med157:78-9  2012
  10. Yamazaki Y, Ushiki A, Tanabe Y, Koyama S, Kubo K:Antimicrobial and auti-inflammatory effects of clarithromycin on Mycobacterium avium complex replication in cultured human bronchial epithelial cells. J Infect Chemother 18:638-8  2012

スタッフ

教授 花岡正幸
准教授 山本 洋
講師 安尾将法、牛木淳人
助教 漆畑一寿