信州大学HOME

  1. ホーム
  2. 学部
  3. 医学科
  4. 教室案内
  5. 内科学第一

医学科

内科学第一 専用サイト2 専用サイト1

教室の概要

当教室では、呼吸器内科学、感染症学、アレルギー学における未解決の臨床的な課題を解明すべく、症例検討、疫学的手法、分子細胞生物学、分子遺伝学、動物実験、などを駆使し研究を行っています。対象疾患は、喘息・COPD(慢性閉塞性肺疾患)、肺癌・胸部悪性腫瘍、呼吸器感染症、間質性肺疾患、急性呼吸窮(促)迫症候群、肺高血圧症、睡眠時無呼吸症候群などであり、さらに、 信州の地に特異的と言える高地医学があります。

研究テーマ

COPDおよび喘息

喘息COPD合併における画像フェノタイプと呼吸機能の関係、CPFEにおける胸部CTの客観的評価法の確立および臨床的特徴の解析、CPFEにおける肺癌術後症例の臨床的特徴・予後規定因子の解析、COPD患者における画像フェノタイプとADRB2遺伝子多型の関係について、中枢気道と末梢気道の狭窄における強制オシレーション法の有効性の評価および比較検討

肺癌・胸部悪性腫瘍

EGFR遺伝子変異陽性肺扁平上皮癌におけるEGFR-TKI投与による予後の後方視的解析、胸腺原発腫瘍における治療効果および予後予測因子の血清学的・免疫組織学的検討

感染症

肺非結核性抗酸菌症に対するリハビリテーションの有効性についての検討、ニューモシスティス肺炎およびサイトメガロウイルス感染症に関する臨床研究

間質性肺疾患

A-549やTHP-1マクロファージなどの培養細胞を用いた肺線維症形成機序に関する検討(臨床検査部との共同研究)、ブレオマイシン投与肺線維症ラットモデルにおける検討、サルコイドーシスのバイオマーカーに関する検討



肺循環障害

第3群肺高血圧症の診断と治療の検討、第3群肺高血圧症の多施設前向き症例登録研究、第3群肺高血圧症動物モデルの作成と薬剤による肺高血圧症抑制効果の検討



閉塞性睡眠時無呼吸症候群(OSA)

遺伝子解析に関する研究、CPAPアドヒアランスと降圧効果の検討、覚醒時モスとグラフにおける呼吸抵抗とOSA重症度の関連性の検討



高地医学

高地肺水腫に対するシルデナフィルの有効性の検討、重症高山病および山岳遭難の全国症例登録システムの構築、高地適応および高地肺水腫における分子遺伝学的検討



IgG4関連疾患

FDG/PET所見の検討、疾患活動性バイオマーカーの検討



呼吸器内視鏡

血管内視鏡を用いた肺野末梢病変の直視による良悪性鑑別および診断率向上の試み、CTガイド下気管支鏡生検にバーチャル気管支鏡ナビゲーションを併用することの有用性検討、強制オシレーション法を用いた中枢気道狭窄の内視鏡的治療前後の効果検討

 

主な成果

  1. Kosaka M, Ushiki A, Ikuyama Y, Hirai K, Matsuo A, Hachiya T, Hanaoka M. (2017) A Four-Center Retrospective Study of the Efficacy and Toxicity of Low-Dose Trimethoprim-Sulfamethoxazole for the Treatment of Pneumocystis Pneumonia in Patients without HIV Infection. Antimicrob Agents Chemother 61: e01173-17.
  2. Droma Y, Kato A, Ichiyama T, Kobayashi N, Honda T, Uehara T, Hanaoka M. (2017) Electron Microscopy Observation of Human Pulmonary Ultrastructure in Two Patients with High-Altitude Pulmonary Edema. High Alt Med Biol. 18: 288-291.
  3. Ueno F, Kitaguchi Y, Shiina T, Asaka S, Miura K, Yasuo M, Wada Y, Yoshizawa A, Hanaoka M. (2017) The Preoperative Composite Physiologic Index May Predict Mortality in Lung Cancer Patients with Combined Pulmonary Fibrosis and Emphysema. Respiration. 94: 198-206.
  4. Yasuo M, Kitaguchi Y, Komatsu Y, Hama M, Koizumi T, Agatsuma T, Ichiyama T, Kato A, Moteki H, Hanaoka M. (2017) Self-assessment of Allergic Rhinitis and Asthma (SACRA) Questionnaire-based Allergic Rhinitis Treatment Improves Asthma Control in Asthmatic Patients with Allergic Rhinitis. Intern Med. 56: 31-39.
  5. Ushiki A, Nozawa S, Yasuo M, Urushihata K, Yamamoto H, Hanaoka M, Fujimoto K. (2017) Associations between the distance covered in the incremental shuttle walk test and lung function and health status in patients with chronic obstructive pulmonary disease. Respir Investig. 55: 33-38.
  6. Wada Y, Koyama S, Kuraishi H, Miyahara T, Yoshiike F, Agatsuma T, Yamamoto R, Ono Y, Suzuki T, Hachiya T, Gomi D, Tateishi K, Hanaoka M, Koizumi T. (2016) Clinical analysis of patients treated with afatinib for advanced non-small cell lung cancer: A Nagano Lung Cancer Research Group observational study. Respir Investig. 54: 462-467.
  7. Yasuo M, Kobayashi T, Hama M, Ichiyama T, Horiuchi T, Yamamoto H, Kawakami S, Hamanaka K, Honda T, Hanaoka M. (2016) Combination of virtual bronchoscopic navigation with conventional transbronchial needle aspiration in the diagnosis of peribronchial pulmonary lesions located in the middle third of the lungs. Respir Investig. 54:355-63.
  8. Tokoro Y, Yasuo M, Kobayashi T, Hama M, Ichiyama T, Horiuchi T, Ushiki A, Kawakami S, Honda T, Hanaoka M. (2016) Computed tomography-guided bronchoscopy in the diagnosis of small peripheral pulmonary lesions: A retrospective study of 240 examinations in a single academic center. Respir Investig. 54: 347-54.
  9. Kitaguchi Y, Yasuo M, Hanaoka M. (2016) Comparison of pulmonary function in patients with COPD, asthma-COPD overlap syndrome, and asthma with airflow limitation. (2016) Int J Chron Obstruct Pulmon Dis. 11: 991-7.
  10. Yamamoto H, Yasuo M, Ichiyama T, Ushiki A, Hanaoka M, Hamano H, Uehara T, Kawakami S, Matsui S, Kubo K. (2015) Cytokine profiles in the BAL fluid of IgG4-related respiratory disease compared with sarcoidosis. ERJ Open Res. 1: 00009-2015.

スタッフ

教授 花岡正幸
准教授 山本 洋
講師 安尾将法、牛木淳人
助教 漆畑一寿、立石一成
医学科 保健学科

大学院医学系研究科

修士課程

医科学専攻
保健学専攻

大学院総合医理工学研究科

博士課程

医学系専攻
生命医工学専攻

入試情報を見る
  • 信州大学医学教育センター
  • 信州大学卒臨床研修センター
  • 信大医学部附属病院
  • 医学部地域保健推進センター
  • 医倫理委員会/遺伝子解析倫理委員会
  • 研究者総覧SOAR
  • 医学部附属施設・関連団体
  • 信州医学雑誌