地域医療推進学講座とは

信州大学医学部地域医療推進学講座について

信州大学医学部地域医療推進学講座は、医師不足を主たる原因とする長野県の地域医療の崩壊を少しでも阻止すべく「県内病院の特に医師不足が深刻な診療科における医師の養成・確保を図るため、医師が不足する特定診療科の効率的な医師の養成等に関する実践的研究を行い、信州大学医学部を中心とした即戦力医師等の供給システムの構築を図る。」を目標に、平成21年度に長野県からの寄附講座として設置されました。この設立趣旨に基づいて、医師の地域偏在・診療科偏在・女性医師の増加・診療科の専門細分化、ならびに医療資源としての医師の適正配置について、それらの現状を把握し、解決策を立案すべく調査・研究、活動を行ってきました。
平成24年度からは、寄附講座でなく信州大学医学部講座(長野県委託事業)としての地域医療推進学講座へ移行し現在に至っています。講座の主な事業・活動として、①医療を担う人材としての中学生、高校生への啓発事業の実施、②医学生の卒前・卒後教育への参画、特に近年その重要性が叫ばれている地域医療教育の実施、があります。

信州医師確保総合支援センター信州大学医学部分室について

平成23年10月26日に、長野県に医師確保等総合事業として信州医師確保総合支援センターが開設されました。このセンター設置は、地域医療を担う医師のキャリア形成を支援しながら、その確保・定着を図るとともに、総合的な医師確保対策を実施することにより医師の偏在解消を目指す、ことを目的としています。分室が長野県立病院機構と信州大学医学部に設けられ、それぞれに長野県より業務が委託されることになりました。
平成24年度からは、これまでの信州大学医学部地域医療推進学講座の専属教員2名が引き続いて、主に長野県から委託される長野県医学生修学資金貸与者(医学生、医師)のキャリア形成支援・サポートならびに医師となった後の配置調整などに関しての業務を行っています。

スタッフ紹介

田中榮司 医学部長

田中榮司 医学部長

本邦において医師不足の問題が顕性化したのは、新臨床研修制度が導入された平成16年度からだと思います。その後、医学部の定員を増やすことなどにより医師数は増加しましたが、医師不足の解消には至っていません。これには、医師不足の問題が、数の問題から偏在の問題に変化していることが背景にあります。このような変化の中で、地域で活躍できる医師を育て、その活動環境を整えることが地域医療推進学講座の重要な任務となっています。
地域で活躍できる医師の育成は一朝一夕にはできません。現在、信州大学医学部および附属病院では、学生と研修医の教育を一貫して行うため、平成27年11月から医学教育センター(学生教育)と臨床研修センター(研修医教育)を一体化しました。そこで、地域医療推進学講座も一部門としてここに参加し、地域医療に貢献することができる医師の育成を一貫して行っています。また、新専門医制度が平成30年度から導入されるのに伴い、就学資金貸与者がサブスペシャルティー領域の専門医を取得するのに支障を来たさないキャリアパスを検討し、より高度な医療の提供を目指しています。
地域偏在の問題は、行政が介入してくる前に医療者自身が解決すべき問題であります。地域偏在解消策の一つは地域を知ってもらうことだと思います。地域で活躍する医師による講義や、地域枠の学生や就学資金貸与者に地域を体験してもらうなどの活動により、地域をより身近に感じてもらえるような工夫をしています。一方、信州大学では地域医療機関と共同で臨床実習を行っていますが、これも地域を知ってもらうもう一つの機会になっているようです。学生時代にお世話になった病院で初期研修を行おうと思う学生は少なくないようです。
真の地域医療の充実には質の高い地域医療教育が必要です。そのために、信州大学医学部の地域医療推進学講座の果たす役割は大きいと考えています。

中澤勇一 准教授

中澤勇一 准教授

専門分野
肝移植、プライマリ・ケア

当講座開設以来、県内外の様々な領域、地域の医療者の皆さんのお話しを聞き交流する機会に恵まれました。素晴らしい先生方の多くは、「Think globally Act locally」そのものに活躍されており、そのunlearn(学びほぐす)を続ける姿勢に、私自身強く影響を受けるようになっています。そのような先生方の姿から、これからを担う医学生・若手医療者が「大病院で働くにせよ、地域の中小病院や診療所で働くにせよ、どんな形の医療であれ地域を診るという視点は必要であり、地域医療という枠組みは医療そのものである。」ことを学べる機会を提供して行きたいと考えています。

黒川由美 助教

黒川由美 助教

専門分野
小児科学(小児血液悪性腫瘍)、医学教育学

長野県庁の皆様のお力添えを頂戴しながら、信州の医療体制を世界一にすること、また、美しい信州の自然の中で日々勉学に励む日本の未来を担う医学生と研修医の皆さんの夢をかなえることを目標に、誠心誠意努力する所存でおります。ご指導のほどよろしくお願いいたします。

概要

名称 信州大学医学部 地域医療推進学講座
住所 〒390-8621 長野県松本市旭3-1-1
医学部基礎棟 1階 (法医学教室の隣)
電話 0263-37-2548
FAX 0263-37-2549
MAIL chiiki@shinshu-u.ac.jp