本文へスキップ

信州大学教育学部附属長野中学校 Nagano Junior High School Attached to Shinshu University of Education

TEL. 026-243-0633

〒381-0016 長野県長野市大字南堀109

教育概要

教育方針

 雪に耐え抜き、気品に満ちた花を咲かせる「戸隠しょうま」のような、気概をもった人間を目指して師弟共に歩んでいこうと、昭和50年、「困苦に耐えるたくましい力をつけよう」「自他共に、よりよく生きよう」「気品のある豊かな心を育てよう」という三つの学校目標が立てられた。この目指す生徒像は、平成14年度「ともに学び 一人となる」と改められた学校目標の基盤に流れている本校の願いでもある。教師も生徒も、一人ひとりが自己に厳しく、気品のある生き方を目指し、互いに励ましあいながらよりよい生き方を探る「一人となる生徒」を育てていきたいと考える。

学校経営の目標

「瞳を輝かせて問いを追究する学校」
 ○憧れをもち、目標を掲げて進学してきた生徒・保護者の負託に応える学校
 ○互いの考えを語り合い、聴き合い、よりよいものを求める風土のある学校
 ○一人一人が持ち味を発揮し、自らの可能性に挑戦できる教育活動を実践する学校


教育実践上の留意点

(1)自分の考えを発信し続ける生徒
 @
明確な目的をもち、粘り強く追究できる単元の構想
  ・単元を貫く学習問題の設定
  ・生徒の興味を引き出す素材の研究
 
A友とのかかわりの中で自分の考えを更新する時間の授業
  人の追究の場の保障
  ・課題解決のための協働的なグループ学習やペア学習の工夫
  ・追究を深めるICTの活用
  ・自己の学びを俯瞰する「振り返り」の充実
 B
基礎基本の習得を図る取組
  習得、活用、探求学習の計画的な配置
  ・「2分前学習」「朝学習」「校内検定」の実施
  ・「家庭学習」の充実

(2)本質を求め、互いに高め合いながら繋がる生徒
 @目的を明確にした活動の中で、個々の意見を出し合う開かれた学友会活動

 A
基本的な行動の中に価値を見出す生活習慣の確立
 B
共に創り上げる合唱活動 

(3)よりよい生き方を求める生徒
 @
行為の基にある心情を語り合う「特別の教科道徳」の授業
  ・ 「考え、議論する道徳」への転換
  ・道徳的価値についての理解を基に、自己を見つめ、
   物事を多面的・多角的に考え自己の生き方についての考えを深める学習の構築

 A生き方を追究する「総合的な学習の時間」
  ・
実態に合った3年間のカリキュラムの見直し
  ・ヒューマン・ウィークの実施
 Bよりよい集団を作るために、友と考え合う「学級活動」

  ・集団討議による集団目標の集団決定を図る話合い活動、
    集団思考を生かした個人目標の自己決定を図る話合い活動の充実


本校の三使命

 @生徒と向き合い、専門性を身に付け、教師への憧れを育てる教育実習
 A県教育をリードする教育の研究実証
 B地域に必要とされる現職教育


ナビゲーション










信州大学教育学部附属長野中学校

〒381-0016
長野県長野市大字南堀109

TEL 026-243-0633
FAX 026-263-0901
Mail:
nc_daihyo@shinshu-u.ac.jp