信州大学工学部サイト


有機エレクトロニクス+誘電体工学+ナノ材料の融合


新機能ナノ分子材料・デバイスで環境に優しい

高性能をキーワードに電気電子工学の技術革新を目指す



信州大学 工学部 電子情報システム工学科 ナノ分子エレクトロニクス 伊東研究室


トップページ(Top)



 研究概要

Research Topics



アクセスマップ

Access



メンバー(member)



リンク(Link)




★ようこそ伊東研究室ホームページへ
Welcome to Itoh lab. (Nano-molecular Electronics Lab.)


 伊東研では極薄の機能性誘電体薄膜,有機半導体分子, 金属ナノ材料などの様々なナノス
ケールのナノ分子エレクトロニクス関連の機能材料を用いて新しい太陽電池、発光デバ
イス、 センサ、コンデンサや薄膜トランジスタなどの高性能化や作製・評価技術に関す
る基礎的研究を行っています。

すなわち、新材料を用いて電気電子工学のこれからの要であるエネルギー(省エネ・創
エネ)や環境センシング技術につながる薄膜デバイスとして実現するといった実用化に
向けた応用研究や、動作原理の解明といった基礎的研究に取り組んでいます。



【主要テーマ】

・薄膜太陽電池(有機系・ハイブリッド型) 塗って作れて高効率を目指して

 
塗布形成をキーワードとした高効率な有機系発光ダイオードの開発・評価
 
・ナノハイブリッド材料を用いた超高速/高感度な環境センシングデバイス開発

・極薄誘電体薄膜を用いた高性能コンデンサや塗布型トランジスタ

・ナノカーボンや金属ナノ粒子を用いた実装技術やモーションセンサの開発

等など… 
(ナノサイズで制御した材料から近未来を支える電気電子工学技術の開発を行う)
 

【例】

1. カーボンナノチューブガス透過電極を有する超高速・高性能な湿度センサ
 湿度センサは昔からあるがその要求は近年急速に拡大している。ナノハイブリッド技術
で従来の感度が10倍、速さは10〜100倍、広い温度や湿度範囲で公正不要でしっかり動作
して耐久性も実用レベルという夢のような性能を実現できる。

2. ナノハイブリッドバッファー層を用いた高効率有機ELと有機薄膜太陽電池
 酸化膜の極薄(1ナノメートル)膜を一層挿入することで効率アップ、積層化技術と組
み合わせてこれまでの報告例やすでに実用化されている太陽電池や発光ダイオードにも
負けない高性能な有機系の発光ダイオードや薄膜太陽電池を近い将来実現可能と期待さ
れている。高性能化と電気的特性を評価してその原理を明らかにすることを目指しま
す。

3. ナノ材料(新技術)と誘電・絶縁材料工学の融合
 誘電・絶縁材料は電気電子工学の中でも最も伝統のある技術分野。伝統(伝承)を守
りつつも新しい材料の風を吹かせて次世代超薄膜コンデンサやそれを用いた超低消費電
力のトランジスタやセンサなどに発展的に応用展開するための基礎的研究を行う。

4. ナノ材料の新しい可能性を切りひらく(モーションセンサその他)


 より詳しい内容は研究概要のページをご覧ください。





新しいナノ機能材料と電気電子工学の橋渡しを目指しています
フッターイメージ