2017年11月19日現在
教員1名、研究員1名、博士1名、修士2名、4年生1名、3年生3名
海外招へい教授1名、海外客員教員1名
個性豊かな人材が、地域貢献と林業の成長産業化を目指します
 教授 加藤 正人  北海道
・森林資源の測定と森林計画、リモ−トセンシング&GIS、レーザ計測
国際共同研究(フィンランド、FGI、ヘルシンキ大学等)
・研究業績は信州大学研究者総覧(SOAR)をご覧ください 
 研究員 ケ 送求
 トウ ソウキュウ
信大博士卒
南京林業大学修士卒
・農水省・革新的技術開発事業の専任研究員(ポスドク)
・レーザ計測に関する技術開発
・リモセンに関する研究指導。勉強熱心
 博士3年  成瀬 真理生  静岡県
 静岡
 RSとGISによる構内演習林の林分タイプ別の鳥類相解析 神奈川県庁の社会人博士課程
 修士2年生 竹中 悠輝 静岡県
静岡市
松本市のマツクムシ被害区分に取り組み実績を上げています。
真面目で礼儀正しいです。大学ベンチャー精密林業計測の代表取締役
 修士1年生 張 桂安 香港 北信州森林組合と地上レーザとドローンを用いた実践的な森林計測研究を行っています。成績優秀者として表彰。百名山登山に挑戦中。
  4年生  中山 智仁 茨城 ドローンレーザによる精密な森林資源把握と定性間伐の検討を奈良井国有林で実施。弓道部、長身で体育会系の好青年です。
  3年生 敦見 亮太   栃木 カメラに関心があり、気配りもできます。Good-lookingな綺麗好き
  3年生 野川 拓馬   東京 早飯とファミマへの自転車通い。緊急性の高いマツクイムシ被害研究に関心。いい味出しています。
  3年生 千代西尾 輔   鳥取 信大オーケストラ所属で、イラストも得意な芸術派です。英語力も標準上です。今度は研究(卒論)に力をいれる
海外招聘教授
2014〜
Juha Hyyppa   FGI
Finland
 森林のレーザ計測と解析手法の開発
当該分野の世界ランク一位の教授
  被引用文献数10,000件超
海外客員教員
2017
Matti Vaaja  Aalt Univ
Finland

アールト(Aalto)大学 建築環境学部地理情報学の助教です。また航空機、ドローン、地上携帯による森林レーザ解析で、研究業績の高い若手のエキスパート・プログラマー

卒業生一覧

2011年度のメンバー

2013年度のメンバー

2014年度のメンバー

2015年度のメンバー

2016年度のメンバー