メディカル・ヘルスイノベーション講座

研究について

業績

2021

英文

  • Watanabe-Asaka T, Hayashi M, Maejima D, Kawai Y, Ohhashi T: From digestion and absorption to innate immunity and health care: water and food intake may contribute to IL-22 in ILC3-dependent mucosal immunity in the jejunum. J Physiol Sci, 71(1) Article number:31. doi: 10.1186/s12576-021-00817-x, 2021
  • Ohhashi T, Kawai Y, Hayashi M, Watanabe-Asaka T: Estimation of the lymph flow through thoracic duct in human subjects using the urine osmolarity: applicable for evaluating the effectiveness of manual lymph drainage. Lymphatic Res Biol, 2021 Nov 1. doi: 10.1089/lrb.2020.0138. Online ahead of print.
  • Ide S, Arai N, Morimitsu N, Momose H, Hayashi M, Watanabe-Asaka T, Ishida T, Tanaka S, Seto T, Kawai Y, Kawamata M, Ohhashi T: Another route of CO2 gas excretion independent of red blood cells in human lungs. Pfllug Arch Eur J Phy, 473(10):1657-1666, 2021
  • Kajihara R, Amari K, Arai N, Nagashio S, Hayashi M, Watanabe-Asaka T, Kaidoh M, Yokoyama Y, Maejima D, Kawai Y, Ohhashi T: Water intake releases serotonin from enterochromaffin cells in rat jejunal villi. Pfllug Arch Eur J Phy, 473(6):921-936, 2021
  • Hayashi M, Watanabe-Asaka T, Nagashio S, Kaidoh M, Yokoyama Y, Maejima D, Kajihara R, Amari K, Arai N, Kawai Y, Ohhashi T: Water intake accelerates ATP release from myofibroblast cells in rats: ATP-mediated podoplanin-dependent control for physiological function and immunity. Am J Physiol Gastrointest Liver Physiol, 320(1):G54-G65, 2021
  • Dutta B, Asami T, Imatomi T, Igarashi K, Nagata K, Watanabe-Asaka T, Yasuda T, Oda S, Schartl M, Mitani H: Strain difference in transgene-induced tumorigenesis and suppressive effect of ionizing radiation. J Radiat Res, 62(1):12-24, 2021


和文

  • 大橋俊夫:リンパ学研究の過去・現在・未来.脈管学,61(8):63-70,2021
  • 大橋俊夫:医学教育への想い-人を育てる喜び-.EDUCATION.生理学雑誌,83(2):31-34,2021


雑誌、新聞 など

  • 信濃毎日新聞 令和3年9月9日「水分摂取と免疫の関係解明 大橋俊夫・信大特任教授 リンパ液研究を近著で解説」
  • 日本海新聞 令和3年9月9日「リンパと体の仕組み解明 免疫力向上、がん治療も」
  • 河北新報 令和3年9月10日「水分摂取 免疫に効果 信州大・大橋俊夫特任教授 リンパの仕組み解説」
  • 東京新聞夕刊 令和3年9月15日「水分摂取と免疫の関係解明 リンパ液研究を近著で解説」
  • 山梨日日新聞 令和3年9月20日「水分摂取で免疫力向上 信大特任教授 リンパ液を研究」
  • 大橋俊夫:医療タイムス 令和3年1月10日号「丑年 年男・年女の一言 「進而不止」の精神で研究三昧の人生

2020

学会発表
 ★第12回呼吸機能イメージング研究会学術集会 (東京:1/23-24)

  • 河合佳子:コアセッション5:リンパ管-知る・測る・治す- リンパの流れからみたリンパ管の機能制御について

 ★第98回日本生理学会大会 (大分:3/17-19)

  • 浅香智美,森口尚,林もゆる,河合佳子:マウスモデルを利用したリンパ管再疎通におけるGata因子の関与 Gata gene involvement of Gata transcription factors in recanalization of the lymphatic vessels
  • 林もゆる,渡辺-浅香智美,前島大輔,河合佳子,大橋俊夫:流れ刺激で小腸壁筋線維芽細胞から分泌されたATPによる腸管免疫制御 Water intake-mediated secretion of ATP from myofibroblast cells in rat small intestine regulates the IL-22-dependent innate immunity

 ★第44回日本リンパ学会総会 (埼玉:9/11-12)

  • 林もゆる,浅香智美,前島大輔,河合佳子,大橋俊夫:飲水により空腸より分泌されたATPがIL-22依存性の自然免疫を調節する
  • 浅香智美,林もゆる,高井淳,上村聡志,森口尚,河合佳子:GATA3ヘテロ変異マウスにおけるリンパ管再疎通とリンパ節形成

 ★第61回日本脈管学会総会 (仙台:10/13-15)

  • 大橋俊夫:リンパ学研究の過去・現在・未来(教育講演)
  • 河合佳子:教育講演 座長
  • 河合佳子,浅香智美,林もゆる:流れ刺激がリンパ管の機能におよぼす影響について(シンポジウム)

 ★第28回日本発汗学会総会 WEB開催(東京:11/7)

  • 坂口正雄:発汗量の長時間計測-日常生活下の発汗計測(シンポジウム)
  • 佐賀里昭,小林正義,岩波潤,百瀬英哉,大橋俊夫:自動車運転中の手掌部発汗量と前頭前野の脳血流動態
  • 小林正義,岩波潤,佐賀里昭,百瀬英哉,大橋俊夫:自動車運転認知行動評価装置による模擬運転テストの妥当性−市販のドライブシミュレータとの応答比較−

 ★第61回日本人間ドック学会学術大会 (横浜:11/26-27)

  • 河合佳子,大橋俊夫:尿浸透圧を指標とした胸管リンパ流量推測の方法について


講演会等

  • 大橋俊夫:リンパ学研究の過去・現在・未来(教育講演),第61回日本脈管学会総会(10月13日- 14日 ライブ配信,10月13日- 11月13日 アーカイブ配信)


英文

  • Momose H, Morimitsu N, Ikeda E, Kanai S, Sakaguchi M, Ohhashi T: Eyes closing and drowsiness in human subjects decrease baseline galvanic skin responce and active palmar sweating: relationship between galvanic skin and palmar perspiration responce. Frontiers in Physiology, section Autonomic Neuroscience, doi:10.3389/fphys.2020.558047. eCollection 2020.
  • Watanabe-Asaka T, Hayashi M, Engel JD, Kawai Y, Moriguchi T: GATA2 functions in adrenal chromaffin cells.Genes to Cells, 25(9): 607-614, 2020
  • Hayashi M, Watanabe-Asaka T, Nagashio S, Kaidoh M, Yokoyama Y, Maejima D, Kajihara R, Amari K, Arai N, Kawai Y, Ohhashi T: Water intake accelerates ATP release from myofibroblast cells in rats: ATP-mediated podoplanin-dependent control for physiological function and immunity. Am J Physiol Gastrointest Liver Physiol, 2020 Nov 4. doi: 10.1152/ajpgi.00303.2020.
  • Hayashi M, Watanabe-Asaka T, Maejima D, Nagashio S, Kajihara R, Amari K, Yokoyama Y, Kaidoh M, Sugano M, Honda T, Kawai Y, Ohhashi T: Evaluating Lymph Flow through the Thoracic Duct using Urine Osmolarity in Human Participants. Lymphatic Res Biol, 18(4):351-356, 2020


和文

  • 河合佳子:巻頭言 日常と非日常-パンデミック下の研究-.リンパ学,43(1):1,2020
  • 河合佳子,松坂義哉:Education 生理学のオンライン授業を経験して.日本生理学会誌 ,82(4)
  • 林もゆる,浅香智美,前島大輔,河合佳子,大橋俊夫:尿浸透圧から胸管リンパ流量を推定する方法の開発.リンパ学,43(1):12-15,2020
  • 小林正義,岩波潤,佐賀里昭,百瀬英哉,大橋俊夫:模擬運転テスト時の手掌部発汗反応と前頭前野脳血流動態 −危険予測時の応答特性−.発汗学,27(1):32-34,2020
  • 岩波潤,小林正義,佐賀里昭,百瀬英哉,大橋俊夫:模擬運転テストにおけるブレーキ・皮膚電位反射・手掌部発汗反応の応答潜時 −高齢者と若年者の比較−.発汗学,27(1):35-37,2020
  • 坂口正雄,百瀬英哉,中島隆行,大橋俊夫:光量補償方式光学水分計の開発とその応用.発汗学,26(2):52-55,2019
  • 今井章,新堂光太郎,大橋俊夫:換気カプセル式デジタル発汗計を用いた定位反応の検討 -刺激の反復提示による馴化とその回復について-.信州大学人文科学論集,7(2):125-133,2020
  • 豊島かおる,宍戸 史,目時弘仁,河合佳子,川本俊輔,亀岡淳一,佐々木貴志,岡本功喜,有川智博,中村 豊,賀来満夫,大野 勲:特集 パンデミック下の医学教育 -現在進行形の実践報告- パンデミック下の“新しい教育様式”.医学教育,51(3):222-223


雑誌、新聞 など

  • 読売新聞 令和2年5月29日「発汗量測り「人を知る」」
  • 茨城新聞 令和2年7月30日「熱中症、発汗量で警報」
  • 南日本新聞 令和2年7月29日「熱中症予防システム開発中」
  • 信大NOW 2020年9月30日発行第123号「信州大学発ベンチャーをめぐる話題。発汗量の変化をスマートフォンで知らせるシステムを開発〜熱中症予防への応用も検討〜」
  • 大分合同新聞 令和2年11月「眠いと止まる手のひらの汗 居眠り運転防止に応用へ」
  • 東京新聞 令和2年12月2日「眠いと止まる手のひらの汗 居眠り運転防止応用へ」
  • 大橋俊夫:医学界新聞 2020年11月2日 第3394号:p7「【視点】汗を診よう 換気カプセル型発汗計の開発と活用」
  • 河合佳子:日本生理学会女性研究者の会,Newsletter 47号(2月号)「新任PIからのメッセージ「女性研究者として大切だと思うこと」」
  • 河合佳子,加藤征治:日経ヘルス,23(5):pp12-17(オンライン版 https://aria.nikkei.com/ 2020.10.1付)「むくむ人が知らないリンパの新常識」
  • 吉村祐一,米澤章彦,大野 勲,河合佳子:東北医科薬科大学医学部ホームページhttps://www.tohoku-mpu.ac.jp/tmpu/activities.php「TMPU ACTIVITIES ともに学び、交流することで、将来の多職種連携へ、大きな力に。」

2019

学会発表
 ★第17回日本生体医工学会甲信越支部長野地区シンポジウム (上田:2/28)

  • 坂口正雄,百瀬英哉,中島隆行,大橋俊夫:光量補償方式光学水分計

 ★第43回日本リンパ学会総会 (東京:3/22-23)

  • 林もゆる,浅香智美,前島大輔,長汐沙千穂,河合佳子,大橋俊夫:ヒト胸管リンパ流量を尿浸透圧変化から推定する測定法の開発:リンパ浮腫療法士の実技試験への応用

 ★FAOPS2019 & 第96回日本生理学会大会 (神戸:3/28-30)

  • 浅香智美,前島大輔,林もゆる,河合佳子,大橋俊夫:Physiological evidence that mesenteric lymph has been called as white blood

 ★第44回日本口腔外科学会 中部支部学術集会 (富山:5/11)

  • 中田彩水,近藤英司,宜保隆彦,山田慎一,酒井洋徳,盛岡昌史,秋田大輔,上條瑠美,橋詰正夫,櫻井精斉,鈴木大介,小田切宏樹,川本真貴子,梶原稜,稲吉克仁,栗田浩:舌に発生した腺扁平上皮癌の一例

 ★Lymphatic Forum 2019 (Austin, TX:5/30-6/1)

  • Kawai Y, Hayashi M, Watanabe-Asaka T, Ohhashi T: Proposed new lymphology combined with lymphatic physiology, innate immunology, and oncology: From lymph flow points of view

 ★第85回生化学会東北支部大会 (仙台:6/8)

  • 浅香智美,河合佳子,森口尚:副腎髄質交感神経系でのGATA2の機能解析

 ★2019 IADR/AADR/CADR General Session (Canada:6/19-22)

  • Kawamoto M, Kurita H, Kajihara R, Gibo T, Koyama Y, Yamada S: The effect of hypertension on salivary gland: histological analysis

 ★第27回日本発汗学会総会 (浜松:7/26-27)

  • 坂口正雄,百瀬英哉,中島隆行,大橋俊夫:光量補償方式光学水分計の開発とその応用
  • 小林正義,岩波潤,佐賀里昭,百瀬英哉,大橋俊夫:模擬運転テスト時の手掌部発汗反応と前頭前野脳血流動態−危険予測時の応答特性−
  • 岩波潤,小林正義,佐賀里昭,百瀬英哉,大橋俊夫:模擬運転テストにおけるブレーキ,皮膚電位反射,手掌部発汗反応の応答潜時

 ★第1回New Lymphology Research Conference (東京:8/9-10)

  • 渡邊誠二,林もゆる:セッション3 座長
  • 河合佳子,浅香智美,林もゆる:Gata遺伝子変異がリンパ節切除後の再疎通現象におよぼす影響について
  • 浅香智美,林もゆる,前島大輔,長汐沙千穂,河合佳子,大橋俊夫:蒸留水摂取によるラットの腸リンパ流増加とリンパ液中のIL-22輸送増量現象―日本食による健康増進との関連から
  • 林もゆる,浅香智美,前島大輔,河合佳子,大橋俊夫:尿浸透圧から胸管リンパ流量を推定する方法の開発

 ★Annual Scientific Meetings of the Endocrine Society of Australia (Australia:8/18-21)

  • Shimonaka M, Kobayashi K, Tsukahara A, Tamaki M, Hayashi M: Possible involvement of thyroglobulin type-1 domain of IGF-BPs on the development and maturation of ovarian follicles (サイログロブリンI型ドメインが卵胞発育に関与する)

 ★第53回日本作業療法学会 (福岡:9/6-8)

  • 岩波潤,小林正義,佐賀里昭,百瀬英哉,大橋俊夫:うつ病患者に対する作業療法の現状と課題-作業療法士版うつ病治療ガイドラインの作成(セミナー)

 ★日本心理学会第83回大会  (京都:9/13)

  • 今井章,新堂光太郎,大橋俊夫:定位反応の指標としての精神性発汗 -換気カプセル式デジタル発汗計を用いた検討-

 ★第92回日本生化学会大会 (横浜:9/18-20)

  • 小林加奈,塚原あさひ,玉木万有衣,林もゆる,下仲基之:卵胞発育に対するIGF結合タンパク質のサイログロブリンタイプ1ドメインの役割
  • 林もゆる,上村聡志,浅香智美,高井淳,河合佳子,森口尚:GATA3は肺組織でのPAI-1発現誘導を介して炎症時の血栓形成を促進する
  • 浅香智美,河合佳子,森口尚:副腎髄質交感神経系でのGATA2機能解析

 ★第51回東北生理談話会 (仙台:11/16)

  • 林もゆる,浅香智美,前島大輔,河合佳子,大橋俊夫:尿の浸透圧変化からヒト胸管リンパ流量を推定する測定法の開発
  • 鈴木紅音,浅香智美,林もゆる,高井淳,上村聡志,森口尚,河合佳子:リンパ節切除後の再疎通現象におけるGata2遺伝子の及ぼす影響について


講演会等

  • 大橋俊夫:医学部研究から医療器開発、学会設立、保険適用獲得、ベンチャー設立までの道のり,第6回医工連携《先端技術》セミナー(3月12日 名古屋商工会議所)
  • 大橋俊夫:健康増進のために体の仕組みを学ぼう,信州大学創立70周年・旧制松本高等学校100周年記念事業明日のあなたを守るために-信州の気象災害と日々の健康-(3月14日 茅野市市民活動センター)
  • 大橋俊夫:日本リンパ学会の歩みと今後の展望 ―リンパ学研究45年の経験を踏まえて―(理事長講演),第43回日本リンパ学会総会(3月22日,ホテルメトロポリタン池袋)
  • 河合佳子:自分の好きな生き方をしてみませんか(キャリア支援委員会企画招待講演),第62回日本形成外科学会総会・学術集会(5月15日,ロイトン札幌)
  • 大橋俊夫:Water intake accelerates mesenteric lymph flow and the total flux of long-chain fatty acids(招聘講演), Lymphatic Forum 2019 in Austin(5月30日- 6月1日 AT&T CONFERENCE CENTER, Austin, TX)
  • 大橋俊夫:毎日の生活を健康に過ごすための秘訣を学ぼう,社会医療法人財団慈泉会相澤健康センター主催夜間健康講座(6月〜10月 松本)
  • 大橋俊夫:日本リンパ学会の歩みと基本方針-循環器学、免疫学、腫瘍学を連結した新しいリンパ学の提唱-(リンパ系学会コラボSession),第4回日本リンパ浮腫治療学会学術総会(10月5日- 6日 淡路島夢舞台国際会議場)
  • 大橋俊夫:脈管学と免疫学を連結した新しいリンパ学の提唱-腸のリンパが白い血液と言われるわけ-(西丸記念講演),第60回日本脈管学会総会(10月10日- 12日 京王プラザホテル)


英文

  • Nagashio S, Ajima K, Maejima D, Sanjo H, Kajihara R, Hayashi M, Watanabe-Asaka T, Kaidoh M, Yokoyama Y, Taki S, Kawai Y, Ohhashi T: Water intake increases mesenteric lymph flow and the total flux of albumin, long-chain fatty acids, and IL-22 in rats: New concept of absorption in jejunum. Am J Physiol Gastrointestinal and Liver Physiology, 316: G155-G165, 2019
  • Hayashi M, Watanabe-Asaka T, Maejima D, Nagashio S, Kajihara R, Amari K, Yokoyama Y, Kaidoh M, Sugano M, Honda T, Kawai Y, Ohhashi T: Evaluating Lymph Flow through the Thoracic Duct using Urine Osmolarity in Human Subjects. Lymphatic Res Biol, in press, 2019
  • Amamizu H, Matsumoto Y, Morosawa S, Ohyama K, Uzuka H, Hirano M, Nishimiya K, Gokon Y, Watanabe-Asaka T, Hayashi M, Miyata S, Kamei T, Kawai Y, Shimokawa H: Cardiac lymphatic dysfunction causes drug-eluting stent-induced coronary hyperconstricting responses in pigs in vivo. Arterioscler Thromb Vasc Biol, 39(4): 741-753, 2019
  • Iwanami J, Kobayashi M, Sagari A, Sasaki T, Momose H, Ohhashi T: Brake operation and palmar perspiration reflect older adult drivers’ ability to predict hazards: Driving simulation research. Asian J Occup Ther 15: 97-105, 2019


和文

  • 大橋俊夫:日本リンパ学会の歩みと今後の展望 -リンパ学研究45年の経験を踏まえて-.リンパ学,42(1):2-7,2019
  • 大橋俊夫:リンパの流れに視点をおいた新しいリンパ学.フルードパワーシステム,50(4):18-21,2019
  • 河合佳子,大橋俊夫:循環器の視点から考えるリンパ管の機能.リンパ学,42(1):22-24,2019
  • 岩波潤,小林正義,佐賀里昭,百瀬英哉,大橋俊夫:模擬運転テストにおける高齢者の手掌部発汗・ブレーキ応答特性.発汗学,26(1):13-15,2019
  • 小林正義,岩波潤,佐賀里昭,百瀬英哉,大橋俊夫:模擬運転テスト時の主観的危険度と手掌部発汗反応.発汗学,26(1):19-22,2019
  • 佐賀里昭,小林正義,岩波潤,百瀬英哉,大橋俊夫:実車運転時の手掌部発汗反応と前頭前野の脳血流動態の変化.発汗学,26(1):16-18,2019
  • 坂口正雄,百瀬英哉,坂田貴士,大橋俊夫:乾燥剤(シリカゲル)を用いたマイクロ発汗計と流量補償方式換気カプセル型発汗計との特性比較.発汗学,26(1):31-33,2019
  • 坂口正雄,百瀬英哉,中島隆行,大橋俊夫:光量補償方式光学水分計.第17回日本生体医工学会甲信越支部長野地区シンポジウム講演論文集,5,2019


著書

  • Ohhashi T, Kawai Y: Physiology of the gastrointestinal lymphatics. Lymph Node Metastasis in Gastrointestinal Cancer, S. Natsugoe (Ed), Springer, Tokyo, pp1-16, 2019
  • 大橋俊夫,河合佳子:第35章 血液循環 B.微小循環.標準生理学 第9版,医学書院,東京,pp601-613,2019
  • 河合佳子,大橋俊夫:第35章 血液循環 C.リンパ循環.標準生理学第9版,医学書院,東京,pp613-622,2019
  • 大橋俊夫:第8章 精神性発汗のメカニズムと換気カプセル型発汗計の開発.IoHを指向する感情・思考センシング技術,シーエムシー出版,東京,pp135-145,2019


雑誌、新聞 など

  • 大橋俊夫:JMS Vol.268 April 2019: 66-71「Medical Who's Who 第202回 大橋俊夫」

2018
学会発表
 ★第95回日本生理学会大会 (高松:3/28-30)

  • 河合佳子,安嶋久美子,前島大輔,林もゆる,大橋俊夫:小腸での微小循環では従来のスターリング仮説は修正される(ポスター発表)

 ★第123回日本解剖学会 (東京:3/28-30)

  • 河合佳子:ヒトの胸管リンパ流量測定法の開発(シンポジウム)

 ★第42回日本リンパ学会総会 (弘前:6/22-23)

  • 河合佳子,大橋俊夫:循環器の視点から考えるリンパ管の機能(シンポジウム)
  • 林もゆる,前島大輔,長汐沙千穂,安嶋久美子,河合佳子,大橋俊夫:飲水による腸管の微小循環とリンパ液の変化について

 ★第69回長野県医学会 (長野:7/1)

  • 梶原稜,山田慎一,西牧史洋,近藤英司,鎌田孝宏,松岡峻一郎,竹田啠,三浦健太郎,吾妻寛之,兵庫谷章,濱中一敏,佐故迪子,高橋絢,宮林明衣,宮﨑詠里,中沢侑香,伊藤研一,栗田浩:肺癌術後肺炎に対する周術期口腔機能管理の有効性に関する後ろ向き観察研究

 ★第26回日本発汗学会総会 (神戸:8/24-25)

  • 小林正義:模擬運転テスト時の主観的危険度と手掌発汗反応

 ★International Sentinel Node Society Biennial Meeting (ISNS 2018)(東京:10/11-13)

  • Ohhashi T:Symposium3: Basic research of sentinel lymph node and its-related lymph circulation(座長)
  • Kawai Y:Physiological research of sentinel lymph node with lymph flow dynamics and its clinical application.(Symposium)

 ★第41回日本分子生物学会 (横浜:11/28-30)

  • 浅香智美,河合佳子,森口尚:副腎髄質交感神経系でのZnフィンガー型転写因子GATA2の生理機能


講演会等

  • 浅香智美:メダカ成魚を利用した放射線生物影響研究.東京RBC新春放談会(1月20日 東京)
  • 大橋俊夫:家庭内災害を防ぐために体のしくみを学ぼう.信大×SBC防災プロジェクト(2月3日 長野)
  • 大橋俊夫:家庭内で起こりうる災害に対処するために、体のしくみを学ぼう.社会医療法人財団慈泉会相澤健康センター主催夜間健康講座(6月〜10月 松本)
  • 河合佳子,林もゆる:リンパ流の可視化およびリンパ管内皮細胞の生物学的特徴について.スキルアップセミナー(5月22日 東北医科薬科大学病院)
  • 河合佳子:生理学にトラバーユして-研究から新設医学部の教室作りまで-.第19回北海道大学医学部67期講演会(7月7日 札幌)
  • 河合佳子:形成外科医の視点から考える医学研究.福島県立医科大学医学部形成外科セミナー


英文

  • Ohhashi T, Kawai Y: CO2 gas exchange in lungs.Lungs and Brething, 2(3): 1, 2018
  • Ajima K, Kawai Y, Maejima D, Suzuki S, Yano S, Hayashi M, Katsumata A, Kaidoh M, Yokoyama Y, Ohhashi T: Lymph drainage from the chylocyst induced hemodilution in an in vivo rabbit study. Lymphat Res Biol, 16(2): 154-159, 2018
  • Hasegawa G, Akatsuka K, Hiruma K, Suda K, Yokoe Y, Mizusawa A, Ota N, Shibata N, Tsuchiya K, Hayashi M, Shiina I, Shimonaka M: Anti-proliferative effect of ridaifen-B on hepatoma cells. Biomed Rep, 9(2): 175-180, 2018
  • Watanabe-Asaka T, Oda S, Mitani H: Development of a Misrepair Visualization Assay in the Live Embryo of Oryzias latipes by Partial Duplication System. Cytologia, 83(3), 221-222, 2018
  • Sayed A E D H, Watanabe-Asaka T, Oda S, Kashiwada S, Mitani H: γ-H2AX foci as indication for the DNA damage in erythrocytes of medaka (Oryzias latipes) intoxicated with 4-nonylphenol. Environ Sci Pollut Res, https://doi.org/10.1007/s11356-018-2985-z, 2018
  • Kabe Y, Suematsu M, Sakamoto S, Hirai M, Koike I,Hishiki T, Matsuda A, Hasegawa Y, Tsujita K, Ono M, Minegishi N, Hozawa A, Murakami Y, Kubo M, Itonaga M, Handa H: Development of a highly-sensitive device for counting the number of disease-specific exosomes in human sera. Clin Chem, 64: 1463-1473, 2018
  • Kimura A, Kitajima M, Nishida K, Serada S, Fujimoto M, Naka T, Fujii-Kuriyama Y, Sakamato S, Ito T, Handa H, Tanaka T, Yoshimura A, Suzuki H: NQO1 inhibits the TLR-dependent production of selective cytokines by promoting IκB-ζ degradation. J Exp Med, 215: 2197-2209, 2018
  • Mori T, Ito T, Liu S, Ando H, Sakamoto S, Yamaguchi Y, Tokunaga E, Shibata N, Handa H, Hakoshima T: Structural basis of thalidomide enantiomer binding to cereblon. Sci Rep, 8: 1294, 2018


和文

  • 河合佳子:リンパ流の増加を定量的に解析する方法の開発について.女性健康科学研究会誌, 7:25-28, 2018
  • 河合佳子,大橋俊夫:加齢におけるリンパ管の生理機能の変化.アンチ・エイジング医学,14(2):22-26, 2018
  • 河合佳子:編集後記.リンパ学,41(2):131,2018
  • 鈴木光一,林もゆる:甲状腺ホルモン合成・分泌の分子制御機構ー濾胞内サイログロブリンによるサイログロブリンによる濾胞機能制御機構ー.内分泌・糖尿病・代謝内科,47(2):129-135,2018
  • 梶原稜,山田慎一,西牧史洋,近藤英司,鎌田孝宏,小山力,松岡峻一郎,竹田晢,三浦健太郎,山田響子,濱中一敏,伊藤研一,栗田浩:肺癌術後肺炎に対する周術期口腔機能管理の有効性に関する後ろ向き観察研究,信州医学誌,66(4):249-256,2018


著書

  • 大橋俊夫:標準生理学 第9版,編集,医学書院,東京,発刊予定
  • 大橋俊夫,河合佳子:微小循環.標準生理学 第9版,医学書院,東京,発刊予定
  • 大橋俊夫,河合佳子:リンパ循環.標準生理学 第9版,医学書院,東京,発刊予定
  • 大橋俊夫,河合佳子:生きているしくみがわかる生理学,第2版,医学書院,東京,2018
  • 河合佳子:やりたいことをやりたいように.(https://www.astellas.com/jp/byoutai/assist/f_researcher.html),公益財団法人アステラス病態代謝研究会女性研究者へのメッセージ,2018.4掲載
  • 朝妻知子,伊藤拓水,半田宏:セレブロン制御による急性骨髄性白血病治療の可能性.血液内科,76:117-123,科学評論社,東京,2018

雑誌、新聞 など

  • 大橋俊夫:医療タイムス 平成30年1月10日号「新春インタビュー -大学の個性発揮し生き残りに挑む-」
  • 日本経済新聞電子版 平成30年6月26日「信州大発ベンチャーの認定制度 まず10社・団体」
  • 信毎web 平成30年6月26日「信大発ベンチャー 認定制度スタート」

2021

  • Watanabe-Asaka T, Hayashi M, Maejima D, Kawai Y, Ohhashi T: From digestion and absorption to innate immunity and health care: water and food intake may contribute to IL-22 in ILC3-dependent mucosal immunity in the jejunum. J Physiol Sci, in press, 2021
  • Ohhashi T, Kawai Y, Hayashi M, Watanabe-Asaka T: Estimation of the lymph flow through thoracic duct in human subjects using the urine osmolarity: applicable for evaluating the effectiveness of manual lymph drainage. Lymphatic Res Biol, in press, 2021
  • Ide S, Arai N, Morimitsu N, Momose H, Hayashi M, Watanabe-Asaka T, Ishida T, Tanaka S, Seto T, Kawai Y, Kawamata M, Ohhashi T: Another route of CO2 gas excretion independent of red blood cells in human lungs. Pfllug Arch Eur J Phy, 473(10):1657-1666, 2021
  • Kajihara R, Amari K, Arai N, Nagashio S, Hayashi M, Watanabe-Asaka T, Kaidoh M, Yokoyama Y, Maejima D, Kawai Y, Ohhashi T: Water intake releases serotonin from enterochromaffin cells in rat jejunal villi. Pfllug Arch Eur J Phy, 473(6):921-936, 2021
  • Hayashi M, Watanabe-Asaka T, Nagashio S, Kaidoh M, Yokoyama Y, Maejima D, Kajihara R, Amari K, Arai N, Kawai Y, Ohhashi T: Water intake accelerates ATP release from myofibroblast cells in rats: ATP-mediated podoplanin-dependent control for physiological function and immunity. Am J Physiol Gastrointest Liver Physiol, 320(1):G54-G65, 2021
  • Dutta B, Asami T, Imatomi T, Igarashi K, Nagata K, Watanabe-Asaka T, Yasuda T, Oda S, Schartl M, Mitani H: Strain difference in transgene-induced tumorigenesis and suppressive effect of ionizing radiation. J Radiat Res, 62(1):12-24, 2021

2020

  • Momose H, Morimitsu N, Ikeda E, Kanai S, Sakaguchi M, Ohhashi T: Eyes closing and drowsiness in human subjects decrease baseline galvanic skin responce and active palmar sweating: relationship between galvanic skin and palmar perspiration responce. Frontiers in Physiology, section Autonomic Neuroscience, doi:10.3389/fphys.2020.558047. eCollection 2020.
  • Watanabe-Asaka T, Hayashi M, Engel JD, Kawai Y, Moriguchi T: GATA2 functions in adrenal chromaffin cells.Genes to Cells, 25(9): 607-614, 2020
  • Hayashi M, Watanabe-Asaka T, Nagashio S, Kaidoh M, Yokoyama Y, Maejima D, Kajihara R, Amari K, Arai N, Kawai Y, Ohhashi T: Water intake accelerates ATP release from myofibroblast cells in rats: ATP-mediated podoplanin-dependent control for physiological function and immunity. Am J Physiol Gastrointest Liver Physiol, 2020 Nov 4. doi: 10.1152/ajpgi.00303.2020.
  • Hayashi M, Watanabe-Asaka T, Maejima D, Nagashio S, Kajihara R, Amari K, Yokoyama Y, Kaidoh M, Sugano M, Honda T, Kawai Y, Ohhashi T: Evaluating Lymph Flow through the Thoracic Duct using Urine Osmolarity in Human Participants. Lymphatic Res Biol, 18(4):351-356, 2020

2019

  • Nagashio S, Ajima K, Maejima D, Sanjo H, Kajihara R, Hayashi M, Watanabe-Asaka T, Kaidoh M, Yokoyama Y, Taki S, Kawai Y, Ohhashi T: Water intake increases mesenteric lymph flow and the total flux of albumin, long-chain fatty acids, and IL-22 in rats: New concept of absorption in jejunum. Am J Physiol Gastrointestinal and Liver Physiology, 316: G155-G165, 2019
  • Ohhashi T, Kawai Y: Physiology of the gastrointestinal lymphatics. Lymph Node Metastasis in Gastrointestinal Cancer, S. Natsugoe (Ed), Springer, Tokyo, pp1-16, 2019
  • Amamizu H, Matsumoto Y, Morosawa S, Ohyama K, Uzuka H, Hirano M, Nishimiya K, Gokon Y, Watanabe-Asaka T, Hayashi M, Miyata S, Kamei T, Kawai Y, Shimokawa H: Cardiac lymphatic dysfunction causes drug-eluting stent-induced coronary hyperconstricting responses in pigs in vivo. Arterioscler Thromb Vasc Biol, 39(4): 741-753, 2019
  • Iwanami J, Kobayashi M, Sagari A, Sasaki T, Momose H, Ohhashi T: Brake operation and palmar perspiration reflect older adult drivers’ ability to predict hazards: Driving simulation research. Asian J Occup Ther 15: 97-105, 2019

2018

  • Ohhashi T, Kawai Y: CO2 gas exchange in lungs.Lungs and Brething, 2(3): 1, 2018
  • Ajima K, Kawai Y, Maejima D, Suzuki S, Yano S, Hayashi M, Katsumata A, Kaidoh M, Yokoyama Y, Ohhashi T: Lymph drainage from the chylocyst induced hemodilution in an in vivo rabbit study. Lymphat Res Biol, 16(2): 154-159, 2018
  • Hasegawa G, Akatsuka K, Hiruma K, Suda K, Yokoe Y, Mizusawa A, Ota N, Shibata N, Tsuchiya K, Hayashi M, Shiina I, Shimonaka M: Anti-proliferative effect of ridaifen-B on hepatoma cells. Biomed Rep, 9(2): 175-180, 2018
  • Watanabe-Asaka T, Oda S, Mitani H: Development of a Misrepair Visualization Assay in the Live Embryo of Oryzias latipes by Partial Duplication System. Cytologia, 83(3), 221-222, 2018
  • Sayed A E D H, Watanabe-Asaka T, Oda S, Kashiwada S, Mitani H: γ-H2AX foci as indication for the DNA damage in erythrocytes of medaka (Oryzias latipes) intoxicated with 4-nonylphenol. Environ Sci Pollut Res, https://doi.org/10.1007/s11356-018-2985-z, 2018
  • Kabe Y, Suematsu M, Sakamoto S, Hirai M, Koike I,Hishiki T, Matsuda A, Hasegawa Y, Tsujita K, Ono M, Minegishi N, Hozawa A, Murakami Y, Kubo M, Itonaga M, Handa H: Development of a highly-sensitive device for counting the number of disease-specific exosomes in human sera. Clin Chem, 64: 1463-1473, 2018
  • Kimura A, Kitajima M, Nishida K, Serada S, Fujimoto M, Naka T, Fujii-Kuriyama Y, Sakamato S, Ito T, Handa H, Tanaka T, Yoshimura A, Suzuki H: NQO1 inhibits the TLR-dependent production of selective cytokines by promoting IκB-ζ degradation. J Exp Med, 215: 2197-2209, 2018
  • Mori T, Ito T, Liu S, Ando H, Sakamoto S, Yamaguchi Y, Tokunaga E, Shibata N, Handa H, Hakoshima T: Structural basis of thalidomide enantiomer binding to cereblon. Sci Rep, 8: 1294, 2018

2017

  • Ajima K, Kawai Y, Maejima D, Suzuki S, Yano S, Hayashi M, Katsumata A, Kaidoh M, Yokoyama Y, Ohhashi T: Lymph drainage from the chylocyst induced hemodilution in an in vivo rabbit study. Lymphat Res Biol, 15, October 2017 (https://doi.org/10.1089/lrb.2016.0066)
  • Takahashi R, Kobayashi M, Sasaki T, Yokokawa Y, Momose H, Ohhashi T: Driving simulation test for evaluating hazard perception: Elderly driver response characteristics. Transportation Research Part F: Traffic Psychology and Behaviour, 49: 257-270, 2017
  • Boccitto M, Lee N, Sakamoto S,Spruce L, Handa H, Clardy J, Seeholzer S, Kalb R: The neuroprotective marine compound psammaplysene a binds the RNA binding protein HNRNPK. Mar Drugs, 15: 246, 2017
  • Nizamutdinova IT, Maejima D, Nagai T, Meininger CJ, Gashev AA: Histamine as an endothelium-derived relaxing factor in aged mesenteric lymphatic vessels. Lymphat Res Biol, 15(2): 136-145, 2017
  • Takizawa T, Nakayama N, Haniu H, Aoki K, Okamoto M, Nomura H, Tanaka M, Sobajima A, Yoshida K, Kamanaka T, Ajima K, Oishi A, Kuroda C, Ishida H, Okano S, Kobayashi S, Kato H, Saito N: Titanium fiber plates for bone tissue repair. Advanced Materials, 2017 Sep (in press) (IF 19.791)
  • Nagashio S, Kamata T, Kurita H, Nozaki S: A case histopathologically high-grade osteosarcoma of the maxilla with steady outcome treated according to chemotherapy protocol NECO95J. 日本口腔腫瘍学会誌, 29(2): 37-44, 2017

2016

  • Sharma J, Ishizawa S, Yukino R, Takamura T, Hanyu N, Yasuno H, Handa H, Sandhu A: Fast and sensitive medical diagnostic protocol based on integrating circular current lines for magnetic washing and optical detection of fluorescent magnetic nanobeads. Sens. Bio-Sensing Res, 9:7-12, 2016
  • Matyskiela M E, Lu G, Ito T, Pagarigan B, Lu C-C, Miller K, Fang W, Wang N-Y, Nguyen D, Houston J, Carmel G, Tran T, Riley M, Nosaka L, Lander G C, Gaidarova S, Xu S, Ruchelman A L, Handa H, Carmichael J, Daniel T O, Cathers B E, Lopez-Girona A, Chamberlain P P: A novel cereblon modulator recruits GSPT1 to the CRL4CRBN ubiquitin ligase. Nature, 535(7611): 252-257, 2016
  • Nguyen T V, Lee J E, Sweredoski M J, Yang S J, Jeon S J, Harrison J S, Yim J H, Lee S G, Handa H, Kuhlman B, Jeong J S, Reitsma J M, Park C S, Hess S, Deshaies R J: Glutamine triggers acetylation-dependent degradation of glutamine synthetase via the thalidomide receptor cereblon. Mol Cell, 61(6):809-820, 2016
  • Klaeger S, Gohlke B, Perrin J, Gupta V, Heinzlmeir S, Helm D, Qiao H, Bergamini G, Handa H, Savitski M M, Bantscheff M, Medard G, Preissner R, Kuster B: Chemical Proteomics Reveals Ferrochelatase as a Common Off-target of Kinase Inhibitors. ACS Chem Biol, 11(5):1245–1254, 2016
  • Kabe Y, Nakane T, Koike I, Yamamoto T, Sugiura Y, Harada E, Sugase K, Shimamura T, Ohmura M, Muraoka K, Yamamoto A, Uchida T, Iwata S, Yamaguchi Y, Krayukhina E, Noda M, Handa H, Ishimori K, Uchiyama S, Kobayashi T, Suematsu M: Haem-dependent dimerization of PGRMC1/sigma-2 receptor facilitates cancer proliferation and chemoresistance. Nat Commun, 7:11030, 2016

2015

  • Kawai Y, Ajima K, Nagai T, Yokoyama Y, Kaidoh M, Seto E, Honda T, Ohhashi T: Abdominal Respiration Induces Hemodilution and Related Reduction in ADH Concentration of Blood. Lymphat Res Biol. 13(3):202-7, 2015
  • Kawai Y, Ajima K, Kaidoh M, Sakaguchi M, Tanaka S, Kawamata M, Kimura H, Ohhashi T: In vivo support for the new concept of pulmonary blood flow-mediated CO2 gas excretion in the lungs. Am J Physiol Lung Cell Mol Physiol. 15;308(12):L1224-36, 2015
  • Ohhashi T, Kawai Y: Proposed new lymphology combined with lymphatic physiology, innate immunology, and oncology (Review). J Physiol Sci. 65(1):51-66, 2015
  • Cao Q, F. C, Yamamoto J, Isobe T, Tateno S, Murase Y, Chen Y, Handa Hand Yamaguchi Y: Characterization of the human transcription elongation factor Rtf1: Evidence for non-overlapping functions of Rtf1 and the Paf1 complex. Mol. Cell. Biol. 35: 3459-3470, 2015Ito T and Handa H: Another action of a thalidomide derivative. Nature (News and Views) 523: 167-168, 2015
  • Kawano M, Doi K, Fukuda H, Kita Y, Imai K, Inoue T, Enomoto T, Matsui M, Hatakeyama M, Yamaguchi Y and Handa H: SV40 VP1 major capsid protein in its self-assembled form allows VP1 pentamers to coat various types of artificial beads in vitro regardless of their sizes and shapes. Biotechnology Reports 5: 105-111, 2015
  • Valerio Zolla, Irina Tsoy izamutdinova, Brian Scharf, Cristina C. Clement, Daisuke Maejima, Tony Akl, Takashi Nagai, Paola Luciani, Jean-Christophe Leroux, Cornelia Halin, Sabriya Stukes, Sangeeta Tiwari, Arturo Casadevall, William R. Jacobs Jr, David Entenberg, David C. Zawieja, John Condeelis, David R. Fooksman, Anatoliy A. Gashev and Laura Santambrogio: Aging-related anatomical and biochemical changes in lymphatic collectors impair lymph transport, fluid homeostasis, and pathogen clearance. Aging Cell 14: 582-594, 2015
  • Mukai S, Moriya S, Hiramoto M, Kazama H, Kokuba H, Sunazuka T, Ōmura S, Handa H, Itoi T, Miyazawa K: Macrolides sensitize EGFR-TKI-induced non-apoptotic cell death via blocking autophagy flux in pancreatic cancer cell lines. Int J Oncol, 48(1):45-54, 2015
  • Laitem C, Zaborowska J, Tellier M, Yamaguchi Y, Qingfu C, Egloff S, Handa H, Murphy S: CTCF regulates NELF, DSIF and P-TEFb recruitment during transcription. Transcription, 6(5):79-90, 2015

2014

  • Ohhashi T, Kawai Y: New lymphology combined with lymphatic physiology, innate immunology, and oncology (Commentary). J Blood Lymph 4: 126, 2014
  • Kawai Y, Kaidoh M, Yokoyama Y, Ohhashi T: Pivotal Roles of Lymphatic Endothelial Cell Layers in the Permeability to Hydrophilic Substances through Collecting Lymph Vessel Walls: Effects of Inflammatory Cytokines. Lymphat Res Biol. 12(3): 124-135, 2014
  • Maejima D, Nagai T, Bridenbaugh EA, Cromer WE, Gashev AA: The position- and lymphatic lumen-controlled tissue chambers to study live lymphatic vessels and surrounding tissues ex vivo. Lymphat Res Biol. 12(3):150-156, 2014
  • Nizamutdinova IT, Maejima D, Nagai T, Bridenbaugh E, Thangaswamy S, Chatterjee V, Meininger CJ, Gashev AA: Involvement of histamine in endothelium-dependent relaxation of mesenteric lymphatic vessels. Microcirculation. 21(7): 640-648, 2014
  • Chamberlain P, Lopez-Girona A, Miller K, Carmel G, Pagarigan B, Chie-Leon B, Rychak E, Corral L, Ren Y, Wang M, Riley M, Delker S, Ito T, Ando H, Mori T, Hirano Y, Handa H, Hakoshima T, Daniel T and Cathers B: Structure of the human cereblon-DDB1-lenalidomide complex reveals basis for responsiveness to thalidomide analogs. Nat. Struct. Mol. Biol. 21:803-809, 2014
  • Pérez-Perarnau A, Preciado S, Palmeri CM, Moncunill-Massaguer C, Iglesias-Serret D, González-Gironès DM, Miguel M, Karasawa S, Sakamoto S, Cosialls AM, Rubio-Patiño C, Saura-Esteller J, Ramón R, Caja L, Fabregat I, Pons G, Handa H, Albericio F, Gil J and Lavilla R: Novel trifluorinated thiazoline scaffold leading to proapoptotic agents targeting prohibitins. Angew. Chem. Int. Ed. 53:10150-10154, 2014
  • Yamamoto J, Hagiwara Y, Chiba K, Isobe T, Narita T, Handa H and Yamaguchi Y: DSIF and NELF interact with Integrator to specify the correct post-transcriptional fate of snRNA genes. Nat. Commun. 5:4263, 2014
  • Sakamoto S, Omagari K, Kita Y, Mochizuki Y,Naito Y, Kawata S, Matsuda S, Itano O, Jinno H, Takeuchi H, Yamaguchi Y, Kitagawa Y and Handa H: Magnetically Promoted Rapid Immunoreactions Using Functionalized Fluorescent Magnetic Beads: A Proof of Principle. Clin. Chem. 60:610-620, 2014
  • Gandhi AK, Kang J, Havens CG, Conklin T, Ning Y, Wu L, Ito T, Ando H, Waldman MF, Thankurta A, Klippel A, Handa H, Daniel TO, Schafer PH and Chopra R: Immunomodulatory agents lenalidomide and pomalidomide co-stimulate T cells by inducing degradation of T cell repressors Ikaros and Aiolos via modulation of the E3 ubiquitin ligase complex CRL4CRBN. Br. J. Haematol. 164:811-821, 2014
  • Takemoto M, Kawamura Y, Hirohama M, Yamaguchi Y, Handa H, Saitoh H, Nakao Y, Kawada M, Khalid K, Koshino H, Kimura K, Ito A, and Yoshida M: Inhibition of protein SUMOylation by davidiin, an ellagitannin from Davidia involucrata. J.Antibio. 67:335-338, 2014
  • Kawano M, Matsui M and Handa H: SV40 virus-like particles as an effective delivery system and a vaccine platform. (review) Future Medicine 86-100, 2014
  • Kawano M, Morikawa K, Suda T, Ohno N, Matsushita S, Akatsuka T, Handa H and Matsui M: Chimeric SV40 virus-like particles induce specific cytotoxicity and protective immunity against influenza A virus without the need of adjuvants. Virology 448:159-167, 2014
  • Matsushima A, Furuuchi R, Shirai M, Nagai S, Yokoyama T, Nishida H, Hirayama M: Effects of acute and chronic boysenberry intake on blood pressure and endothelial function in spontaneous hypertensive rats. J Nutr Sci Vitaminol. 60(1):43-51, 2014

2013

  • Kawai Y, Kaidoh M, Yokoyama Y, Ohhashi T: Cell surface F1/FO ATP synthase contributes to interstitial flow-mediated development of the acidic microenvironment in tumor tissues. Am J Physiol Cell Physiol. 305(11): C1139-1150, 2013
  • Ikoma N, Itano O, Fuchimoto Y, Du W, Kitagawa Y: Colonic Perforation in a Case of Adult Hirschsprung's Disease with Acetylcholinesterase-negative Neuronal Fibers. Am Surg. 79(3): 130-132, 2013
  • 篠原一彦:「機械工学は21世紀を拓けるか?」(第7回)内視鏡外科手術の概要と工学への期待:外科医の観点から.日本機械学会誌116:110-113,2013
  • Matsuda S, Fukui T, Shimizu J, Takao A, Takanashi S, Tomoike H: Associations between preoperative anemia and outcomes after off-pump coronary artery bypass grafting. Ann Thorac Surg. 95(3): 854-860, 2013
  • Jensen LD, Cao Y: Clock controls angiogenesis. Cell Cycle. 12(3): 405-408, 2013
  • E. Nagayasu, Y. Ogura, T. Itoh, A. Yoshida, G. Chakraborty, T Hayashi and H. Maruyama: Transcriptomic analysis of four developmental stages of Strongyloides venezuelensis. Parasitol. Int.62(1): 57-65,2013
  • Makuuchi M: Could we or should we replace the conventional nomenclature of liver resections? Ann Surg. 257(3): 387-389, 2013
  • Igawa Y, Michel MC: Pharmacological profile of β(3)-adrenoceptor agonists in clinical development for the treatment of overactive bladder syndrome. Naunyn Schmiedebergs Arch Pharmacol. 386(3): 177-183, 2013
  • Abiko K, Mandai M, Hamanishi J, Yoshioka Y, Matsumura N, Baba T, Yamaguchi K, Murakami R, Yamamoto A, Kharma B, Kosaka K, Konishi I: PD-L1 on Tumor Cells Is Induced in Ascites and Promotes Peritoneal Dissemination of Ovarian Cancer through CTL Dysfunction. Clin Cancer Res. 19(6): 1363-1374, 2013

2012

  • Kawai Y, Yoshida K, Kaidoh M, Yokoyama Y, Ohhashi T: Shear stress-mediated F1/FO ATP synthase-dependent CO2 gas excretion from human pulmonary arteriolar endothelial cells. J Cell Physiol. 227(5): 2059-2068, 2012
  • Hayakawa K, Tatsumi H, Sokabe M: Mechano-sensing by actin filaments and focal adhesion proteins.Commun Integr Biol. 5(6): 572-577, 2012
  • Usuda T, Kobayashi T, Sakakibara S, Kobayashi A, Kaneko T, Wada M, Onozuka J, Numata O, Torigoe K, Yamazaki H, Sato T, Nagayama Y, Uchiyama M: Interleukin-6 polymorphism and bronchopulmonary dysplasia risk in very low-birthweight infants. Pediatr Int. 54(4): 471-475, 2012
  • Matsumoto N, Oka M, Cho B, Hong J, Jinnouchi M, Ouchida R, Hashizume M, Komune S: Cochlear implantation assisted by noninvasive image guidance. Otol Neurotol. 33(8): 1333-1338, 2012
  • Tanaka T, Takahashi K, Yamane M, Tomida S, Nakamura S, Oshima K, Niwa A, Nishikomori R, Kambe N, Hara H, Mitsuyama M, Morone N, Heuser JE, Yamamoto T, Watanabe A, Sato-Otsubo A, Ogawa S, Asaka I, Heike T, Yamanaka S, Nakahata T, Saito MK: Induced pluripotent stem cells from CINCA syndrome patients as a model for dissecting somatic mosaicism and drug discovery. Blood. 120(6): 1299-1308, 2012
  • Kasukawa T, Sugimoto M, Hida A, Minami Y, Mori M, Honma S, Honma K, Mishima K, Soga T, Ueda HR: Human blood metabolite timetable indicates internal body time. Proc Natl Acad Sci U S A. 109(37): 15036-15041, 2012
  • Goto Y. and Kiyono H: Epithelial barrier: an interface for the cross-communication between gut flora and immune system. Immunol Rev. 245(1): 147-163, 2012
  • Fujita-Jimbo E, Yu ZL, Li H, Yamagata T, Mori M, Momoi T, Momoi MY: Mutation in Parkinson disease-associated, G-protein-coupled receptor 37 (GPR37/PaelR) is related to autism spectrum disorder. PLoS One. 7(12): e51155, 2012

2011

  • Kawai Y, Ajima K, Nagai T, Kaidoh M, Ohhashi T: Real-time imaging of the lymphatic channels and sentinel lymph nodes of the stomach using contrast-enhanced ultrasonography with Sonazoid in a porcine model. Cancer Sci. 102(11): 2073-2081, 2011
  • Saul ME, Thomas PA, Dosen PJ, Isbister GK, O’Leary MA, Whyte IM, McFadden SA, van Helden DF: A pharmacological approach to first aid treatment for snakebite. Nature Medicine 17(7): 809-811, 2011

2010

  • Kawai Y, Yokoyama Y, Kaidoh M, Ohhashi T: Shear stress-induced ATP-mediated endothelial constitutive nitric oxide synthase expression in human lymphatic endothelial cells. Am J Physiol Cell Physiol. 298(3): C647-655, 2010

特許出願

発明の名称
検出方法
国際出願日
2020年11月20日
出願番号
PCT/JP2020/043416
発明者
金井重樹、百瀬英哉、大橋俊夫
出願人
NECソリューションイノベータ株式会社、株式会社スキノス、大橋俊夫

特許出願

発明の名称
全身水分量評価システム
国際出願日
2020年11月16日
出願番号
PCT/JP2020/042618
発明者
百瀬英哉、大橋俊夫、坂口正雄
出願人
株式会社スキノス

特許出願

発明の名称
評価システム
出願日
2020年3月9日
出願番号
特願2020-040220
発明者
百瀬英哉、大橋俊夫
出願人
株式会社スキノス

特許出願

発明の名称
リンパ液流動性向上剤およびリンパ液流動性向上方法
出願日
2019年12月9日
出願番号
特願2019-203481
発明者
大橋俊夫
出願人
株式会社ブルボン、大橋俊夫

特許出願

発明の名称
リンパ液流動性向上のための飲食品
出願日
2019年12月9日
出願番号
特願2019-203487
発明者
大橋俊夫
出願人
株式会社ブルボン、大橋俊夫

特許出願

発明の名称
検出方法
出願日
2019年11月26日
出願番号
特願2019-213017
発明者
大橋俊夫、百瀬英哉、森光紀匡、金井重樹
出願人
NECソリューションイノベータ株式会社、株式会社スキノス、大橋俊夫

特許出願

発明の名称
質問制御方法
出願日
2019年10月1日
出願番号
特願2019-181389
発明者
大橋俊夫、百瀬英哉、金井重樹
出願人
NECソリューションイノベータ株式会社、株式会社スキノス、大橋俊夫

特許出願

発明の名称
解析方法、解析装置、プログラム
出願日
2019年10月1日
出願番号
特願2019-181390
発明者
大橋俊夫、百瀬英哉、金井重樹
出願人
NECソリューションイノベータ株式会社、株式会社スキノス、大橋俊夫

特許出願

発明の名称
ヒトの胸管リンパ液の流れの評価方法および評価具
出願日
2019年8月28日
出願番号
特願2019-185169
発明者
大橋俊夫、河合佳子
出願人
国立大学法人信州大学

特許申請

発明の名称
ヒトのリンパ液の流れの評価方法
出願日
2018年12月5日
特願番号
特願2016-33794号
発明者
大橋俊夫、河合佳子
出願人
国立大学法人信州大学

取得特許

発明の名称
蛍光標識セット
登録日
2018年10月5日
特許番号
第6409173号
発明者
半田宏、坂本聡
出願人
東京工業大学、多摩川精機株式会社

国際特許取得

発明の名称
サリドマイド標的因子を利用したスクリーニング法(Screening method utillizing thalidomide-targeting factor)
登録日
カナダ:2018年5月29日
欧 州:2018年6月13日
特許番号
カナダ:2,774,871
欧 州:2492686
  ((独)60 2010 051 329.7)
発明者
半田宏、安藤秀樹、伊藤拓水、堀田健太郎
出願人
東京工業大学

医療機器保険適用

区分
C2(新機能・新技術)
収載予定年月
平成30年4月
販売名
発汗計 SKN-2000M
企業名
株式会社 西澤電機計器製作所

国際特許取得

発明の名称
ポリマー被覆フェライト微粒子及び製造方法(Polymer coated ferrite fine particles and method for preparing polymer coated ferrite fine particles)
登録日
EP:2018年2月28日
特許番号
EP:2481710
発明者
半田宏、畠山士、坂本聡、岸寛
出願人
東京工業大学

特許出願

発明の名称
発汗計
出願日
平成29年10月5日
特願番号
特願2017-194732
発明者
百瀬英哉、坂口正雄、大橋俊夫
出願人
百瀬英哉、坂口正雄、大橋俊夫

取得特許

発明の名称
被検物質の検出システム
登録日
平成29年10月6日
特許番号
第6217936号
発明者
平瀬匠、中山雅人、半田宏、坂本聡、内藤靖之
出願人
東京工業大学、凸版印刷株式会社

国際特許取得

発明の名称
被検物質の検出システム(Detection system of test substance)
登録日
米国:平成29年4月25日
中国:平成29年6月20日
特許番号
米国:9,632,077
中国:ZL201380035326.1
発明者
平瀬匠、中山雅人、半田宏、坂本聡、内藤靖之
出願人
東京工業大学、凸版印刷株式会社

取得特許

発明の名称
ポリマー微粒子の製造方法
登録日
平成29年4月14日
特許番号
第6123053号
発明者
半田宏、坂本聡、河田慎太郎
出願人
東京工業大学、多摩川精機株式会社

医療機器製造販売承認事項一部変更承認

承認番号
21600BZZ00433000
承認年月日
平成29年1月19日
種別
内臓機能検査用器具
名称
一般名称:多用途測定記録装置
販売名:発汗計 SKN-2000M
氏名又は名称
株式会社 西澤電機計器製作所

取得特許

発明の名称
mRNAのpoly(A)鎖および/または3'末端配列の一部を切断し、翻訳反応を抑制する技術
登録日
平成28年6月24日
特許番号
第5953617号
発明者
和田忠士、竹田圭、半田宏
出願人
横浜市立大学、(株)陽進堂、東京工業大学

取得特許

発明の名称
機能性物質包含微粒子を用いたバイオセンシング方法
登録日
平成28年4月28日
特許番号
第5924571号
発明者
半田宏、畠山士、坂本聡
出願人
東京工業大学

国際取得特許

Title
Polymer particles containing fluorescent molecule and process for producing same
Date
15.11.2016
Number
America:9,494,580
Name
HANDA HIROSHI, HATAKEYAMA MAMORU, SAKAMOTO SATOSHI, MOCHIZUKI YUSUKE, KAWATA SHINTARO
Applicant
Tokyo Institute of Technology

国際取得特許

Title
Polymer coated ferrite fine particles and method for preparing polymer coated ferrite fine particles
Date
03.05.2016
Number
America:9,327,024
Name
HANDA HIROSHI, HATAKEYAMA MAMORU, SAKAMOTO SATOSHI, KISHI HIROSHI
Applicant
Tokyo Institute of Technology

特許出願

発明の名称
ヒトのリンパ液の流れの評価方法
出願日
平成28年2月25日
特願番号
特願2016-033794
発明者
大橋俊夫、河合佳子
出願人
国立大学法人信州大学

取得特許

発明の名称
ポリマー被覆フェライト微粒子及び製造方法
登録日
平成27年2月6日
特許番号
第5688807号
発明者
半田宏、畠山士、坂本聡、岸寛
出願人
東京工業大学

取得特許

発明の名称
サリドマイド標的因子を利用したスクリーニング法
登録日
豪州:平成26年5月15日
中国:平成26年7月9日
ロシア:平成26年9月20日
特許番号
豪州:2010309035
中国:ZL201080047469.0
ロシア: 2528380
発明者
半田宏、安藤秀樹、伊藤拓水、堀田健太郎
出願人
東京工業大学

取得特許

発明の名称
蛍光分子を含有するポリマー粒子およびその製造方法
登録日
平成26年7月11日
特許番号
第5574492号
発明者
半田宏、畠山士、坂本聡、望月勇輔、河田慎太郎
出願人
東京工業大学

特許出願

発明の名称
霊長類多能性幹細胞維持用培地
出願日
平成26年5月21日
出願番号
US14/283,649
発明者
松嶋全人、滝澤佐季子、横山忠幸
出願人
株式会社ブルボン

科学研究費補助金による研究

投入年度
2019 -2021
経費区分
基盤研究(C)(一般)
研究題目
危険認知・危険予測を評価する自動車模擬運転テストの開発研究
代表者
小林正義
投入年度
H30 - H32
経費区分
基盤研究(C)(一般)
研究題目
センチネルリンパ節における微小環境および癌転移成立機構の解析とその臨床応用
代表者
河合佳子
投入年度
H30 - H32
経費区分
基盤研究(C)(一般)
研究題目
ヒトの食品吸収効率評価法と食品摂取時の腸管免疫機能変化の唾液を用いた解析法の開発
代表者
前島大輔
投入年度
H28 - H30
経費区分
基盤研究(C)
研究題目
自動車模擬運転テストにおける危険予測場面の脳血流反応の解析
代表者
小林正義
投入年度
H28 - H30
経費区分
若手研究(B)
研究題目
脈管系におけるナノ粒子の動態解析および新規のナノ粒子生体内安全性評価法の確立
代表者
安嶋久美子
投入年度
H27 - H28
経費区分
若手研究(B)
研究題目
腸間膜リンパ管の脂質吸収・免疫機能を測る新たな食品機能評価方法の検証
代表者
前島大輔
投入年度
H26 - H28
経費区分
基盤研究(C)
研究題目
伝統食の生理機能顕在化とヒトにおける長期的な機能評価法確立のための基盤研究
代表者
横山忠幸
投入年度
H24 - H25
経費区分
挑戦的萌芽研究
研究題目
消化器癌転移時のセンチネルリンパ節微小環境変化を可視化評価するための基礎研究
代表者
大橋俊夫
投入年度
H24 - H26
経費区分
基盤研究(C)
研究題目
流れ刺激によるヒト肺細動脈内皮細胞からの炭酸ガス排出機構と呼吸生理学的意義の解明
代表者
河合佳子
投入年度
H22 - H25
経費区分
基盤研究(A)
研究題目
臨床的応用に視点を置いたリンパ行性微小癌転移機構解明の体系的研究
代表者
大橋俊夫

その他の助成金による研究

投入年度
2019
経費区分
アステラス製薬2019年度Research Support(循環器系疾患)
研究題目
続発性リンパ浮腫の診断・治療法に関する研究
水分摂取による空腸由来腸リンパ流、リンパ中の長鎖脂肪酸、血漿由来のアルブミン、innate lymphoid cell (ILC)-3由来サイトカインIL-22動態の研究
代表者
大橋俊夫
投入年度
2019
経費区分
MSD製薬2019年奨学寄付(学術研究支援)
研究題目
抗がん剤を封入したリンパ催好性物質を用いたセンチネルリンパ節微小癌転移治療法の開発
代表者
大橋俊夫
投入年度
2018
経費区分
第一三共奨学寄付プログラム 2018年度(がん領域(がん))
研究題目
センチネルリンパ節に特異的に到達できるリンパ催好性物質の開発
抗癌剤を内封したリンパ催好性物質を用いたセンチネルリンパ節微小癌転移の治療法の開発
代表者
大橋俊夫
投入年度
2017
経費区分
2017年度シオノギ製薬奨学寄附サポート
研究題目
腸管免疫と腸リンパ循環の視点から見直した炎症性腸疾患に有効な新しい薬物の開発
-例えばsphingosine-1-phosphate agonistsなど-
代表者
大橋俊夫
投入年度
2017
経費区分
2017年度三井住友海上福祉財団研究助成 交通安全部門
研究題目
手のひらの汗の高感度測定による居眠り防止を基本とした自動車安全運転補助技術の開発
代表者
大橋俊夫
投入年度
2016
経費区分
第7回ロート女性健康科学研究会助成医学研究
研究題目
リンパ流の増加を定量的に解析する方法の開発について
代表者
河合佳子
投入年度
2016
経費区分
平成28年度牛乳乳製品健康科学学術研究
研究題目
腸間膜リンパ液を用いた牛乳の腸間免疫機能評価
代表者
前島大輔
投入年度
2014
経費区分
平成26年度長野県現場課題解決型医療・福祉機器開発支援事業
研究題目
精神性疾患診断用測定装置の試作
代表者
羽生尚弘