生体材料化学
syllabus

科目名 生体材料化学
教員名 藤田 聡
単位数 2
開講学期 1年2年 後期

授業のねらいと概要

到達目標及びテーマ
バイオマテリアルとその応用分野であるティッシュエンジニアリングについて、一般的な知識を習得し、医用材料設計の基礎を理解する。
概要
本授業では、医療で用いられるバイオマテリアルに焦点を絞り、生物学的な観点および化学的な観点からその機能を理解し、近年急速に進展している技術分野であるティッシュエンジニアリングの現状について、講義主体の授業を行う。理解を深めるため、随時、レポートおよび小テストを実施する。

授業計画

  • 第1回:バイオマテリアル概論
  • 第2回:分子間相互作用
  • 第3回:表面張力
  • 第4回:生体界面と材料の反応
  • 第5回:生体適合性
  • 第6回:物質の担持
  • 第7回:生体吸収性・生分解性
  • 第8回:拡散現象と物質透過性
  • 第9回:物質の分離
  • 第10回:材料の幾何的性質・微細構造
  • 第11回:組織工学
  • 第12回:再生医療
  • 第13回:バイオマテリアルの臨床応用例:抗血栓性材料
  • 第14回:バイオマテリアルの臨床応用例:埋込材料
  • 第15回:バイオマテリアルの安全性と安定性

成績評価方法

授業中に実施する小テストおよび授業後のレポートにより評価する。

質問、相談への対応

 

学生へのメッセージ

 

教科書・参考書

教科書
随時配布プリント等を用意する。

備考

 



このページのトップへ