生命機能工学
syllabus

科目名 生命機能工学
教員名 末 信一朗
単位数 2
開講学期 1年2年 前期

授業のねらいと概要

到達目標及びテーマ
バイオセンサに関する一般的な知識に加えて、生体触媒素子について遺伝子工学分野から理解でき、かつ生体触媒や補酵素に関する原著論文の要旨を読んで内容を把握することができるようになる。
概要
生体触媒の有効利用に必要な基礎概念を工学的な見地から解説し、繊維加工への応用を中心にバイオマテリアルへの展開について学ぶ。

授業計画

  • 第 1回:生命機能工学の基礎
  • 第 2回:固定化生体触媒1 固定化生体触媒の製法
  • 第 3回:固定化生体触媒2 固定化生体触媒の利用
  • 第 4回:補酵素とビタミン1 ビタミン研究の歴史
  • 第 5回:補酵素とビタミン2 ニコチンアミド系補酵素の機能と応用
  • 第 6回:補酵素とビタミン3 ニコチンアミド系補酵素の循環再生と物質生産への応用
  • 第 7回:生体分子識別素子とバイオセンシング 
  • 第 8回:第一世代のバイオセンサ
  • 第 9回:第二世代のバイオセンサ
  • 第10回:最新のバイオセンシング
  • 第11回:バイオデバイスのための生体触媒素子
  • 第12回:生体触媒素子の創成
  • 第13回:繊維加工への生体触媒の利用
  • 第14回:バイオマテリアルと生体触媒1
  • 第15回:バイオマテリアルと生体触媒2
  • 定期試験

成績評価方法

レポート
レポートは単に資料をまとめるだけでなく、個人の考えや感想などを重視する。レポート作成にあたってネット情報などをそのまま書き写したものは全く評価しない。試験、レポートそれぞれを評価して総合的に成績評価を行う。定期試験については、生体触媒や補酵素の基礎から応用までを幅広く問う。
評価に占めるレポートの割合:40%
評価に占める試験の割合:60%

質問、相談への対応

 

学生へのメッセージ

 

教科書・参考書

教科書
特に指定しない
参考書・参考資料
原著論文等を講義の中で紹介していく。必要に応じてプリントを配布。

備考

 



このページのトップへ