繊維・高分子材料工学
syllabus

科目名 繊維・高分子材料工学
教員名 中根 幸治
単位数 2
開講学期 1年2年 後期

授業のねらいと概要

到達目標及びテーマ
機能性高分子材料が注目されているが、現実には我々の身の回りにあるプラスチックの多くは五大汎用高分子材料である。五大汎用高分子は学部の授業において頻繁に用いられるが、それらの特性・用途・製品などのまとまった解説は行われていない。そこで、本授業では五大汎用高分子材料を中心に系統的に身の周りの繊維・高分子材料の解説を行う。エンプラ、スーパーエンプラ、無機高分子なども取り上げる。本授業を通して、実生活や研究開発の場における適材適所の考え方を身につけてもらうことを目標とする。
概要
身の周りにある汎用繊維・高分子材料の特性や用途を材料別に解説する。さらに、各材料や製品の最新の生産動向について述べる。また、エネルギー・環境問題と繊維・高分子材料の関わりについて考えてもらう。講義中心であるが、演習(プレゼンテーション)も含む。

授業計画

  • 第1回:合成繊維・高分子材料の歴史と分類
  • 第2回:石油精製(常圧蒸留・減圧蒸留)
  • 第3回:石油精製(流動接触分解・固体触媒)
  • 第4回:ポリエチレン
  • 第5回:ポリプロピレン
  • 第6回:ポリスチレン
  • 第7回:AS樹脂・ABS樹脂
  • 第8回:ポリ塩化ビニル・可塑剤
  • 第9回:ポリ酢酸ビニル・ポリビニルアルコール・ポリビニルブチラール
  • 第10回:ポリエステル
  • 第11回:ポリアミド・ポリアラミド
  • 第12回:カーボン繊維
  • 第13回:ガラス繊維・炭化ケイ素繊維
  • 第14回:自動車・鉄道・航空機用材料
  • 第15回:電子材料(液晶テレビ・有機EL・電子ペーパー・電磁波シールド等) 説明会

成績評価方法

提出されたレポートの内容とその概要の説明により評価する。レポート概要の説明会は定期試験期間に行う。

質問、相談への対応

 

学生へのメッセージ

 

教科書・参考書

教科書
特になし
参考書・参考資料等
特になし。適宜、参考書を紹介する。

備考

 



このページのトップへ