アカデミックインターンシップ(海外)
syllabus

科目名 アカデミックインターンシップ(海外)
教員名
コーディネート教員
木村 裕和(信州大学)
田上 秀一(福井大学)
安永 秀計(京都工芸繊維大学)
単位数 2
開講学期 2年 通年

授業のねらいと概要

ねらい
海外の研究室で研究指導・教育指導を受けることにより、自分の専門に偏らず、グローバルで広範な知識・技術の習得を体験することを目的とし、英語によるコミュニケーション能力の向上も目的とする。
概要
海外の研究室で2週間以上1ヶ月以内の期間で研究活動などを行い、幅広い分野の知識を獲得し、グローバルで多角的な視野を得られるようにする。

授業計画

2年次に、2週間以上1ヶ月以内で、海外の研究室に入室し、研究活動などを通じて教育指導・研究指導を受ける。
手続きとしては、

  1. 修了要件である基幹科目10単位を習得予定か確認する
  2. 指導教員と相談し、コース事務局へ派遣希望の申請をする(4ヶ月前)
  3. 受入大学、研究室、受入期間の調整を行う
  4. アカデミックインターンシップの実施
  5. 実施後、報告書を提出する

成績評価方法

本人から提出される報告書、受け入れ教員の評価書、などにより総合的に評価する。

履修上の注意

(1) この科目以外で基幹科目を10単位以上修得していること。
(2) 応募者多数の場合には選考があるので、注意されたい。
(3) 積極的にコミュニケーションを図りながら、自ら課題を設定し、教育・研究を吸収することを心がけること。

質問、相談への対応

信州大学:hiro@shinshu-u.ac.jp(木村裕和)
福井大学:tanoue@matse.u-fukui.ac.jp(田上秀一)
京都工芸繊維大学:yasunaga@kit.ac.jp(安永秀計)

学生へのメッセージ

グローバルな視点を持ち、かつ幅広い知識を持った専門家を目指し、全世界における新しい環境での対応力、英語によるコミュニケーション力、貪欲な吸収力をこの科目で修得して欲しい。

教科書・参考書

必要に応じ、適宜指示する。



このページのトップへ