TOPICS

先進植物工場研究教育センターからの
お知らせなどの情報を発信しています。

TOPICS

TOPICS一覧

【会員様向け】平成29年度第1回交流会資料について

2017.07.13 

H29年度第1回交流会資料を掲載いたしました。 会員専用ページにてご覧ください。

続きを読む

【会員様向け】平成29年度第1回交流会について

2017.06.01 

平成29年度第1回交流会開催のお知らせを掲載いたしました。 会員専用ページでご確認ください。

続きを読む

高校生による課題研究中間報告会を開催します(2017.6.19)

2017.05.25 

 先進植物工場研究教育センター(SU-PLAF)では、佐久平技術総合高校と須坂創成高校で実施されている、植物工場をテーマにした授業や研究活動への支援を行っています。 その一環として、高校生徒による課題研究中間報告会を開催いたします。 ■平成29年度第1回課題研究中間報告会 日 時:2017年6月19日(月)15:00~16:00 場 所:信州大学繊維学部講義棟 29番講義室 参加校:佐久平技術総合高校、須坂創成高校(発表順) 内 容:テーマ毎に生徒による研究テーマ、進捗状況等について発表後、大学教員より指導・助言を行う。 H29第1回中間報告会(170619)案内通知.pdf

続きを読む

【会員様向け】H28年度第3回交流会資料について

2017.02.21 

H28年度第3回交流会資料を掲載いたしました。 会員専用ページにてご覧ください。

続きを読む

2017年度 活動成果

2017.02.14 

論文・総説等 Kudoh, K., Hotta, S., Sekine, M., Uchida, A., Kubota, G. Fujii, R., Kawano, Y. and Ihara, M. (2017). Overexpression of endogenous 1-deoxy-D-xylulose 5-phosphate synthase (DXS) in cyanobacterium Synechocystis sp. PCC6803 accelerates protein aggregation. J. Biosci. Bioeng. DOI:10.1016/j.jbiosc

続きを読む

2016年度 活動成果

2017.02.14 

論文・総説等 Kudoh, K., Kubota, G., Fujii, R., Kawano, Y. and Ihara, M. (2016). Exploration of the 1-deoxy-D-xylulose 5-phosphate synthases suitable for the creation of a robust isoprenoid biosynthesis system. J. Biosci. Bioeng., DOI: 10.1016/j.jbiosc.2016.10.005 Nozue, H., Oono, K., Ichikawa, Y., Tanim

続きを読む

2015年度 活動成果

2017.02.14 

論文・総説等 Shigemori, S., Watanabe, T., Kudoh, K., Ihara, M., Nigar, S., Yamamoto, Y., Suda, Y., Sato, T., Kitazawa, H. and Shimosato, T. (2015). Oral delivery of Lactococcus lactis that secretes bioactive heme oxygenase-1 alleviates development of acute colitis in mice. Microb. Cell Fact. 14: 189, DOI

続きを読む

2014年度 活動成果

2017.02.14 

論文・総説等 伊原正喜 (2014). 微細藻類によるバイオエネルギー及びバイオマテリアル生産、月刊技術士、585:12-15. Kudoh, K., Kawano, Y., Hotta, S., Sekine, M. and Ihara, M. (2014). Prerequisite for highly efficient isoprenoid production by cyanobacteria discovered through the over-expression of 1-deoxy-D-xylulose 5-phosphate synthase and carbon

続きを読む

2013年度 活動成果

2017.02.14 

論文・総説等 Nozue, M., Kubo, H. and Yoshida, K. (2013). Cloning of flowering genes (WjFLC and Wj FT) in wasabi (Japanese horseradish) and monitoring of flowering response with their expression. I. J. Biosci. Biotech. 1: 67-71. 野末雅之・野末はつみ・宇佐美久尚・高橋伸英・田口悟朗・梶浦善太 (2013). 植物工場技術の研究・開発および実証・展示・教育拠点 (9) 信州大学.植

続きを読む

2012年度 活動成果

2017.02.14 

論文・総説等 Kubo H., Yoshida K., Nozue M. (2012). Cloning of FLOWERING LOCUS C ortholog in Wasabia japonica (Matsum.). J. Plant Biochem Biotechnol 21:117-120. 野末はつみ・柳沢真弥・野末雅之 (2012). 太陽光を利用した閉鎖型植物工場の開発、省エネ型コンテナ植物工場、信州大学SU-PLAF 、施設と園芸、157:16-20. 学会発表等 野末雅之・野末はつみ・小西さゆり・平井裕貴・中俣孝一・吉田澄司・大木正行 (2012). 人工環境下に

続きを読む

このページの先頭に戻る