日本産業衛生学会 
産業中毒・生物学的モニタリング研究会
  since 1966

もどる
 研究会のお知らせ




第46回産業中毒・生物学的モニタリング研究会の開催概要をお知らせいたします。
第二報のプログラムはページ下記、ならびに以下のpdf 、wordファイルで確認ください。

プログラム(pdf)プログラム(word)

演題申込み・抄録・参加登録の各様式(Word ファイル)はページ下部よりダウンロードし、必要事項を記入の上、
第46回事務局までメールに添付してお送りください


第46回産業中毒・生物学的モニタリング研究会(第二報)

チラシ


アクセス



第46回産業中毒・生物学的モニタリング研究会は、保利一先生(産業医科大学産業保健学部環境マネジメント学科
作業環境計測制御学講座教授)を開催世話人として、以下の日程で開催されます。
多くの皆様のご参加をお待ちしております。

開催世話人:保利 一(産業医科大学 産業保健学部 作業環境計測制御学)

会期:平成30年11月30日(金)13時~12月1日(土)12時

会場:北九州国際会議場 国際会議室

   〒802-0001 福岡県北九州市小倉北区浅野3丁目9-30
    http://convention-a.jp/kokusai-kaigi/

プログラム(予定):
11月30日(金)
○ 一般演題

○ 特別報告  『生物学的モニタリングの国際動向-IARC会議の報告』
「Neurotoxicity and non genotoxic carcinogenicity of soft electrophiles common mechanisms and biomarkers」   
                                      東京理科大学薬学部 教授 市原 学

○ 特別講演 『生物学的モニタリングの現状と課題』
   1.「血中・尿中カドミウム濃度からの一日カドミウム摂取量の推定:東アジアにおける解析と反省点」        
                                  東北大学・京都大学・京都工場保健会 池田正之

  2.「Biological monitoring of nanomaterials: achievements and challenges.」
 
 Laboratory of Toxicology and Epidemiology, Department of Public Health and Pediatrics, University of Turin
                                           Prof. Enrico Bergamaschi

○ 交流会

12月1日(土)
○ 研究会活動報告                 信州大学医学部 教授 野見山哲生

○ シンポジウム 『気腫が増悪し肺移植となったインジウム肺症』
1.肺移植に至った経過              慶應義塾大学医学部 講師 中野真規子
2.移植摘出肺の病理組織像            福岡大学病院病理部 准教授 濱崎慎
3.肺、リンパ節、血清のインジウム濃度      九州大学医学研究院 助教 平田美由紀
4.インジウムの体内分布             九州大学医学研究院 講師 田中昭代 他

○ 一般演題


参加費:一般2,500円、学生500円(大学院生を含む)
交流会費:6,500円(予定)
交流会会場(予定):食楽庵ふる川(予定) 
        http://fukufuku-furukawa.com/

宿泊:小倉駅近くにはホテルが多くございますので、各自でお早めにご予約をお願い致します。


参加・演題申し込み:
一般演題申込み締め切り                  9月30日(日) 
一般演題抄録送付締め切り               10月31日(水)             
参加登録締め切り                   10月31日(水)    

演題申込み・抄録・参加登録の各様式(Word ファイル)は下記よりダウンロードし、必要事項を記入の上、第46回事務局までメールに添付してお送りください


演題申込み

抄録

参加登録

※お問い合わせについては可能な限りメールでお願い致します。
  メールアドレスはチラシまたは、ページ下方に記載しております。

連絡先
産業医科大学産業保健学部
環境マネジメント学科作業環境計測制御学講座  笛田由紀子

Tel:093-603-1611(代表)

第46回事務局アドレス
Mail: bm2018@mbox.health.uoeh-u.ac.jp


 歴史・過去の開催履歴

 



Copyright (c) 2017, 産業中毒・生物学的モニタリング研究会 All Rights Reserved