1. HOME
  2. 診療科案内
  3. 消化器外科(肝・胆・膵)
  4. 業績録
診療科案内
  • 消化器外科(肝・胆・膵)主として肝・胆・膵疾患の外科治療を行っております。
  • 消化器外科(消化管)主として食道癌、胃癌、大腸癌の外科治療を行っております。
  • 移植外科肝移植医療を行っております。
  • 小児外科主として小児ヘルニア、先天性疾患の外科治療を行っております。
  • ヘルニア外来そけいヘルニアなどの外科治療を行っております。

業績録業績録

2018年度

論文

英文論文

  1. Survival pathway of cholangiocarcinoma via AKT/mTOR signaling to escape RAF/MEK/ERK pathway inhibition by sorafenib.
    Yokoi K, Kobayashi A, Motoyama H, Kitazawa M, Shimizu A, Notake T, Yokoyama T, Matsumura T, Takeoka M, Miyagawa SI.
    Oncol Rep. 2018 Feb;39(2):843-850. Epub 2017 Dec 13.
  2. Fascin1 suppresses RIG-I-like receptor signaling and interferon-β production by associating with IκB kinase ϵ (IKKϵ) in colon cancer.
    Matsumura T, Hida S, Kitazawa M, Fujii C, Kobayashi A, Takeoka M, Taniguchi SI, Miyagawa SI.
    J Biol Chem. 2018 Apr 27;293(17):6326-6336. doi: 10.1074/jbc.M117.819201. Epub 2018 Mar 1.
  3. Treatment with specific soluble factors promotes the functional maturation of transcription factor-mediated, pancreatic transdifferentiated cells.
    Motoyama H, Kobayashi A, Yokoyama T, Shimizu A, Sakai H, Notake T, Fukushima K, Miyagawa SI.
    PLoS One. 2018 May 16;13(5):e0197175.
  4. Impact of age on groin hernia profiles observed during laparoscopic transabdominal preperitoneal hernia repair.
    Fukushima K, Yokoyama T, Miwa S, Motoyama H, Arai T, Kitagawa N, Shimizu A, Notake T, Kikuchi T, Kobayashi A, Miyagawa SI.
    Surg Endosc. 2018 Oct 24. doi: 10.1007/s00464-018-6556-7. [Epub ahead of print]
  5. Hepatoid carcinoma of the pancreas mimicking neuroendocrine tumor.
    Fukushima K, Kobayashi A.
    Hepatobiliary Surg Nutr. 2018 Dec;7(6):501-502. doi:10.21037/hbsn.2018.10.11.

和文論文

  1. 術前診断に造影MRIが有用であった胆囊粘液癌の1例
    増尾仁志,小林 聡,横山隆秀,清水 明,本山博章,野竹 剛,北川敬之,上原 剛,山田 哲,宮川眞一
    日本消化器外科学会雑誌 2018年51巻6号 p.423-430

学会発表

国内学会

  • 第118回日本外科学会定期学術集会 2018年4月5日~7日 東京

    サージカルフォーラム(14) 胆道-胆道癌-2(2018/4/5)
    SF-014-2
    進行肝門部領域胆管癌に対する治療戦略と成績
    小林 聡,横山隆秀,清水 明,本山博章,北川敬之,野竹 剛,横井謙太,福島健太郎,増尾仁志,坂井紘紀,寺田立人,宮川眞一

    サージカルフォーラム(13) 胆道-胆道癌-1(2018/4/5)
    SF-013-2
    肝膵同時切除症例における術後成績とPHLF発症危険因子の検討
    清水 明,小林 聡,横山隆秀,本山博章,北川敬之,野竹 剛,横井謙太,福島健太郎,増尾仁志,寺田立人,坂井紘紀,宮川眞一

    ポスターセッション(34) 肝臓-肝細胞癌-1(2018/4/5)
    PS-034-6
    直接作用型抗ウイルス薬によるSVR後肝細胞癌発癌症例に関する検討
    坂井紘紀,清水 明,小林 聡,横山隆秀,本山博章,野竹 剛,横井謙太,福島健太郎,増尾仁志,寺田立人,宮川眞一

    ポスターセッション(109) 肝臓-肝予備能(2018/4/6)
    PS-0109-3
    Gd-EOB-DTPA造影MRI(EOB-MRI)を用いた肝切除後肝機能の自然回復過程の検討
    野竹 剛,小林 聡,横山隆秀,清水 明,本山博章,横井謙太,福島健太郎,増尾仁志,寺田立人,坂井紘紀,宮川眞一

    ポスターセッション(183) 肝臓-転移性肝癌-4・その他(2018/4/7)
    PS-183-3
    胃癌肝転移症例における肝切除の有用性に関する検討
    横井謙太,清水 明,小林 聡,横山隆秀,本山博章,野竹 剛,福島健太郎,増尾仁志,寺田立人,坂井紘紀,宮川眞一

  • 第30回日本肝胆膵外科学会学術集会 2018年6月7日〜9日 横浜

    Symposium 1 (2019/6/7)
    CIS/High-grade Dysplasia in the Biliary Tract: How Should it be Managed?
    SY1-5
    Impact of carcinoma in situ at the ductal stump on long-term outcomes in patients received surgical resection for extrahepatic cholangiocarcinoma
    Akira Shimizu, Akira Kobayashi, Takahide Yokoyama, Hiroaki Motoyama, Tsuyoshi Notake, Kenta Yokoi, Kentaro Fukushima, Hitoshi Masuo, Hiroki Sakai, Kiyotaka Hosoda, Shinichi Miyagawa

    Poster 84 (2018/6/9) Liver 30
    P84-3
    Risk factors and management of Clavien-Dindo grade IV complications after hepatectomy for hepatocellular carcinoma
    Kiyotaka Hosoda, Akira Shimizu, Akira Kobayashi, Takahide Yokoyama, Hiroaki Motoyama, Tsuyoshi Notake, Kenta Yokoi, Kentaro Fukushima, Hitoshi Masuo, Hiroki Sakai, Shinichi Miyagawa

    P84-5
    Significance of subsegmental anatomical liver resection for hepatocellular carcinoma
    Hiroki Sakai, Akira Shimizu, Akira Kobayashi, Takahide Yokoyama, Hiroaki Motoyama, Tsuyoshi Notake, Kenta Yokoi, Kentaro Fukushima, Hitoshi Masuo, Kiyotaka Hosoda, Shinichi Miyagawa

    Poster 90 (2018/6/9) Liver 36
    P90-3
    rHUI index calculated from EOB-MRI to predict liver failure after major hepatectomy
    Tsuyoshi Notake, Akira Kobayashi, Takahide Yokoyama, Hiroaki Akira Shimizu, Motoyama, Kenta Yokoi, Kentaro Fukushima, Hitoshi Masuo, Hiroki Sakai, Kiyotaka Hosoda, Shinichi Miyagawa

    Poster 141 (2018/6/9) Pancreas 56
    P141-5
    Risk factors for postoperative latent pancreatic fistula
    Hitoshi Masuo, Hiroaki Motoyama, Akira Kobayashi, Takahide Yokoyama, Akira Shimizu, Tsuyoshi Notake, Kenta Yokoi, Kentaro Fukushima, Hiroki Sakai, Kiyotaka Hosoda, Shinichi Miyagawa

  • 第73回日本消化器外科学会総会 2018年7月11日〜13日 鹿児島

    要望演題15(2018/7/12)
    【肝】肝膵同時切除における安全性を考慮した術前評価と手術手技
    RS15-2
    肝膵同時切除症例における手術・術後短期成績の年代別検討
    清水 明,小林 聡,横山隆秀,本山博章,野竹 剛,横井謙太,福島健太郎,増尾仁志,坂井紘紀,宮川眞一

    要望演題20(2018/7/23)
    【胆膵】膵体尾部切除における膵断端処理の工夫と成績
    RS20-1-3
    膵体尾部切除術後膵液瘻に関する断端処理法と膵切離部厚の影響
    細田清孝,清水 明,小林 聡,横山隆秀,本山博章,野竹 剛,横井謙太,福島健太郎,増尾仁志,宮川眞一

    デジタルポスター212 肝臓:肝予備能評価(2018/7/11)
    P212-4
    EOB-MRIによる定量的肝予備能評価を用いた術後肝不全予測
    野竹 剛,小林 聡,横山隆秀,清水 明,本山博章,横井謙太,福島健太郎,増尾仁志,細田清孝,宮川眞一

    デジタルポスター233 肝臓:手術2(2018/7/11)
    P233-1
    BCLC Stage B肝細胞癌に対する肝切除の意義
    坂井紘紀,清水 明,小林 聡,横山隆秀,本山博章,野竹 剛,横井謙太,福島健太郎,増尾仁志,宮川眞一

    デジタルポスター240 胆道:基礎・病理・免疫(2018/7/12)
    P240-6
    胆管癌細胞におけるAKT/mTORシグナル伝達を介した細胞死回避機序
    横井謙太,小林 聡,北沢将人,本山博章,清水 明,竹岡みち子,宮川眞一

    デジタルポスター227 肝臓:再発治療(2018/7/13)
    P227-1
    肝細胞癌術後再肝切除症例における再発までの期間と予後規定因子の検討
    増尾仁志,清水 明,小林 聡,横山隆秀,本山博章,野竹 剛,横井謙太,福島健太郎,寺田立人,宮川眞一

  • 第80回日本臨床外科学会総会 2018年11月22日〜24日 東京

    シンポジウム2(2018/11/22)
    HPDの適応と治療成績:安全性と予後の評価
    SY02-08
    胆道癌に対する肝膵同時切除の意義
    清水 明,本山博章,野竹 剛,福島健太郎,寺田立人,坂井紘紀,細田清孝,池原智彦,小林 聡

    ワークショップ20(2018/11/24)
    肝予備能評価の現状:手術の安全性向上のために
    WS20-01
    EOB-MRIによる予定残肝分肝機能評価の検討
    野竹 剛,清水 明,本山博章,福島健太郎,坂井紘紀,細田清孝,池原智彦,小林 聡

    一般演題(講演)111(2018/11/24) 膵臓:悪性9
    O-111-07
    仮性脾動脈瘤の腫瘍内穿破によりhemosuccus pancreaticusを呈した膵粘液性嚢胞腫腺癌の1例
    小池幸恵,野竹 剛,細田清孝,清水 明,本山博章,福島健太郎,坂井紘紀,池原智彦,小林 聡

    研修医セッション(2018/11/24) 膵臓:悪性2
    RS-37-05
    膵原発肝様腺癌の一例
    山崎史織,福島健太郎,清水 明,本山博章,野竹 剛,坂井紘紀,細田清孝,池原智彦,小林 聡

  • 第16回日本ヘルニア学会学術集会 2018年6月29日〜30日 札幌

    支部推薦演題1(2018/6/29)
    支部1-1
    腹腔鏡下に観察した男性大腿ヘルニアの特徴
    福島健太郎,横山隆秀,三輪史郎,小林 聡,清水 明,本山博章,野竹 剛,北川敬之,寺田立人,坂井紘紀,細田清孝,宮川眞一

    一般演題2(2018/6/29) 前立腺全摘術と鼠径ヘルニア
    O2-5
    傾向スコア解析による前立腺癌術後鼠径部ヘルニア発症の術式間比較と至適修復術式の検討
    本山博章,横山隆秀,坂井紘紀,細田清孝,増尾仁志,福島健太郎,野竹 剛,清水 明,小林 聡,小川輝之,石塚 修,宮川眞一

    一般演題4(2018/6/29) 鼠径部ヘルニアの困難症例1
    O4-1
    再発鼠径ヘルニアに対する腹腔鏡下ヘルニア修復術
    横山隆秀,増尾仁志,福島健太郎,野竹 剛,本山博章,清水 明,小林 聡,宮川眞一

  • 第120回信州外科集談会 第5回日本臨床外科学会長野県支部会 2018年6月3日 池田町

    一般演題(口演)
    主膵管狭窄をきたし,膵癌との鑑別を要した膵内分泌腫瘍の1例
    富田英紀,野竹 剛,細田清孝,清水 明,本山博章,福島健太郎,坂井紘紀,池原智彦,後藤貴宗,小林 聡

    一般演題(口演)
    膵腫瘍との鑑別が困難であった炎症性膵嚢胞の1例
    後藤貴宗,清水 明,坂井紘紀,本山博章,野竹 剛,福島健太郎,細田清孝,池原智彦,富田英紀,小林 聡

  • 第63回日本消化器病学会甲信越支部例会 2018年11月17日〜18日 松本

    一般演題 膵1(2018/11/17)
    50-消専
    術前診断が困難であった膵頭後部原発悪性リンパ腫の1例
    木村 大,野竹 剛,清水 明,本山博章,福島健太郎,細田清孝,坂井紘紀,池原智彦,小林 聡

    一般演題 膵3(2018/11/18)
    80-消研
    腫瘤形成性膵炎との鑑別に苦慮した膵頭部癌の1例
    瀬原田魁,坂井紘紀,清水 明,池原智彦,細田清孝,福島健太郎,野竹 剛,本山博章,小林 聡


国際学会

  • 13th IHPBA World Congress 4-7 Sep 2018 Geneva
    e-poster
    Hepatic resection for hepatocellular carcinoma in elderly patients aged 80 years and older
    Kentaro Fukushima, Akira Kobayashi, Takahide Yokoyama, Akira Shimizu, Hiroaki Motoyama, Tsuyoshi Notake, Hitoshi Masuo, Hiroki Sakai, Kiyotaka Hosoda, Shin-ichi Miyagawa
診療科案内
年別に見る
  • 信州大学医学部附属病院
  • 交通・アクセス
  • 外来担当表
  • 地域医療再生に向けての取り組み
  • 医局からの一言
  • 信州大学医学部
  • 信州大学院医学系研究科
  • 信州大学
  • SURF
  • SURF

ホームに戻る

このページの先頭へ戻る