1. HOME
  2. お知らせ
  3. 第7回信州肝胆膵外科先端医療研究会を開催しました
診療科案内
  • 消化器外科(肝・胆・膵)主として肝・胆・膵疾患の外科治療を行っております。
  • 消化器外科(消化管)主として食道癌、胃癌、大腸癌の外科治療を行っております。
  • 移植外科肝移植医療を行っております。
  • 小児外科主として小児ヘルニア、先天性疾患の外科治療を行っております。
  • ヘルニア外来そけいヘルニアなどの外科治療を行っております。

お知らせお知らせ RSS

第7回信州肝胆膵外科先端医療研究会を開催しました

2012.11.27医療関係者の方へ】【学生及び研修医の方へ

 

20121117日土曜日、ホテルブエナビスタにおいて第7回信州肝胆膵外科先端医療研究会を開催いたしました。今年は講師に、日本赤十字社医療センター院長、幕内雅敏先生、京都大学iPS細胞研究所副所長 臨床応用研究部門 部門長 中畑龍俊先生、そしてフランスよりJacques Belghiti教授をお招きして、過去最高の80名の参加者を迎え盛会のうちに終了いたしました。 

また、研究会に先立ち15時より、幕内雅敏先生、Jacques Belghiti教授を囲んで“Meet the Professor”を開催いたしました。医学部生、研修医を含む総勢26名が参加し、外科医としての心構えや、良い外科医になるには何が必要か、などについてお二人のお考えを伺いました。 

 

Meet the Professor”に参加した卒後4年目の小山先生から、感想をよせていただきました。

 365日、24時間医者であれ」 私が初期研修をした病院の研修医室には、そう語りかける幕内先生のポスターが貼ってあった。

医者になったばかりのころは、何故そこまでするのか解らなかった。しかし研修医を経て外科医になり1年半。休日に容体が急変した患者さんを、迅速な対応で救命できた、というような経験を積むうちに、ようやくその言葉の意味が解りかけてきた。一方で、外科医の仕事の大変さもまた実感していた。

そんな折、幕内先生とBelghiti先生の講演を聞く機会に恵まれた。お二人は世界の肝臓外科をリードしてきた先生であり、医者になった当時成績のよくなかった肝切除を、自分たちの手で何とかしたい、という強い思いを抱いてここまで歩んでこられていた。『良い外科医になるためにはひたすらハードに働くことが必要で、結果が残せれば、その間の苦労は苦労でなくなってしまう』、という言葉が印象的だった。

外科医として患者さんのためにハードに働きなさい、と私の背中を押してくれる力強いメッセージを頂いた。

 

次は、飯田市立病院初期研修医2年目 YY先生のコメントです。

 

研究会に先立って、幕内先生とJacques Belghiti先生のお話を身近で聞くことができる“Meet the Professor”という企画があった。世界の肝胆膵外科のトップを歩む先生方には、他の人にはない天賦の才があるのだろうと思っていた。確かにそうかもしれないが、お二人に共通していたのは、患者のために労を惜しまないハードワークの精神だった。熱く語るお二人の姿がとても印象的で、その言葉が胸に響いた。

また研究会では、京都大学iPS細胞研究所の中畑先生のお話がとても興味深かった。いつかiPS細胞が臨床応用される日が来ると思うと、これからの医学の大きな可能性を感じた。

消化器外科医を志す私にとって、今回、世界を股にかけて活躍されている先生方を直接肌で感じられたことは非常に大きな経験となった。ありがとうございました。

 


研究会にて

肝癌に対する解剖学的肝切除の重要性についてご講演いただきました。幕内先生、お忙しいところありがとうございました。

IMG_3705.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東京での会議を終えて駆けつけてくださいました。iPS細胞に関する、まさに旬のご講演でした。中畑先生ありがとうございました。

IMG_3706.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 


 

高齢者や抗癌剤治療後のdamaged liverに対する肝切除の安全性についてご講演いただきました。Belghiti先生ありがとうございました。

IMG_3726.JPG

 


懇親会にて

大勢の先生方にご参加いただきました。
IMG_3739.JPG




 

 

 

 

釣り談義にも花が咲きました。
医師Y:この前、こんなのが釣れたんですよ。 
医師M:すげーな、今度誘ってよ。 
医師M':ふむ、俺も始めようかな、釣り。

IMG_3738.JPG

 

 

 

 

 

 

 

【Meet the Professor にて】豪華なツーショットです。

【Meet the Professor にて】豪華なツーショットです。

“日本の至宝”大いに語る。

“日本の至宝”大いに語る。

学生さんからも質問が飛び出しました。

学生さんからも質問が飛び出しました。

ホームに戻る

このページの先頭へ戻る