信州大学HOME 交通・キャンパス案内

眼科学講座・眼科学分野眼科学講座・眼科学分野

  1. HOME
  2. 一般外来
  3. 網膜剥離

網膜剥離

網膜剥離とは、何らかの原因で光を感じる神経である網膜がその下の部分から剥がれてしまう状態のことです。なかでも網膜の一部に裂孔(れっこう)と呼ばれる裂け目やあなが原因で起きる網膜剥離があり、それを裂孔原性網膜剥離と呼んでいます。
症状として飛蚊症(小さなゴミのようなものが見える症状)や光視症(視界の中に閃光のようなものが見える症状)を自覚することがありますが、無症状のこともあります。病状が進んでくると視野欠損(カーテンをかぶせられたように見えにくくなる症状)や視力低下が起きます。
網膜に裂孔ができる原因には、網膜の萎縮や変性、外傷などがあります。眼球の中には硝子体(しょうしたい)と呼ばれるゼリー状の透明な組織があります。この硝子体はもともとは網膜にくっついています。年齢とともに硝子体は少しずつサラサラした液体に変化し、収縮し、硝子体は徐々に網膜から離れていきます。このときに硝子体と網膜が強く癒着している場合、とくに網膜の弱いところでは、収縮する硝子体に引っ張られるかたちで網膜が引き裂かれ、裂孔ができることがあります。その裂孔から液化した硝子体が網膜の下に入り込んで網膜が剥がれていきます。一般に、初めのうちは小さい範囲だった網膜剥離も、時間とともにだんだん範囲が拡大していきます。重症の場合は全ての網膜が剥がれてしまいます。剥がれた網膜は栄養が十分いきわたらなくなるため、網膜剥離の状態が長く続くと徐々に網膜の細胞は死んでいきます。そうなると、たとえ手術によって網膜が元の位置に戻せたとしても、光を感じる網膜の神経が死んでいるため視力の回復が得られないことになります。
網膜剥離は手術以外の方法で治癒させることはできません。放置した場合には視力は失われ、長期的には次第に眼球がしぼんでいく(眼球癆)ことがあります。