本文へスキップ

転入園・見学のお問い合わせは
TEL.0263-37-2214

〒390-0871 長野県松本市桐1-3-1

よくいただく質問

Q.「遊び」をどのようにとらえていますか?

A.幼児期の「遊び」は、子どもの「生活」そのものです。本園では、子どもの遊び自体を教育活動の中核に据えています。子どもが遊びに打ち込んでいるときは、子どもにとって最も楽しいときであり、新たな生き方を自らつくり出しているときです。
幼児期の遊び、とりわけ、「自由遊び」には、自ら見つけ、自ら選択し、自ら決定をしていく機会や要素がふんだんにあります。そのなかで、友だちとの関係も築かれていきます。いわゆる「やる気」が育ちます。与えられた遊びや既製の遊びではなく、自ら遊びにうちこむなかで、幼児期にふさわしい様々な体験をし、心身共にたくましく育っていくことを願っています。


Q.どのような形態の保育をしていますか?

A.本園は、「自由遊び」を主軸に「一斉保育や設定保育」もバランスよく取り入れた保育をしています。全国の国立大学の附属幼稚園と同様の形態です。
保育者主導の一斉保育や設定保育は、その時間に何らかの作品を作ったり、ある技術を身につけたりすることをねらいとしています。作品は、一応に完成し、技術も身につきます。一方、自由遊び(自由保育)では、その子が考えたように物事が進まず、失敗してその時間を終わることもあるでしょう。実は、この「失敗経験」は、その子の将来への経験として非常に大事なことです。自由遊びは、「失敗」と「成功」の両方を経験することができます。


Q.どのような保育者ですか?

A.本園では、担任5名(男性5名)、副担任(男性1名、女性2名)、全体対応(女性2名)、養護教諭(女性1名)〔※H29年度〕という男6:女5比で職員を配置しています。男性と女性それぞれの良さを保育や園生活に取り入れています。また、担任5名は、全員、県内の公立小学校に勤務の経験がありますので(中学校・特別支援学校に勤務経験のある職員もいます)、子どもの長期の成長段階を見据えた上での、3歳児から5歳児の段階を踏まえた保育をすることができます。


Q.国立大学附属の幼稚園としての特徴はなんですか?

A.本園は、長野県内唯一の国立幼稚園です。国立大学の附属として、幼児教育の理論研究と先進的な保育実践をしています。公開研究会には、全国から大勢の幼稚園教諭・保育士等の先生方が来園します。また、学部学生の教育実習を行い、次代をになう教員の育成に努めています。


Q.どのような施設がありますか?

A.松本市街地にありながら、広い敷地の中に園舎や園庭があります。園舎には保育室の他に、2つの遊戯室(東リズム室、西リズム室)等があります。園舎外には、ケヤキ林やドングリ林、地下水を利用したジャブジャブ池、そり山等があり、四季を感じながら遊ぶことができます。但し、創立当時の建物も残るため、築45年を超える古い部分もあります。


Q.既製オモチャでのあそびはありますか?

A.ブロック等の既製オモチャでの遊びはありません。空き箱やロール芯等の家庭不要品を利用した遊びや、砂・土・水等の自然素材を生かした遊びをしています。


Q.保育料はいくらですか?

A.本園では、およそ次の費用がかかります。
 @ 入園料(入園時のみ)  31,300円
 A 保育料(年額)  73,200円
 B 学級費(月額)  約1,000円
 C おやつ(ジュース)代(月額)  約1,000円
 D PTA会費(月額)  1,000円
 E 後援会費(月額)  200円
 F 入園時購入品
  o保育用品代  約2,500〜3,700円
  o園児服(冬用)  4,160円
  o園児服(夏用)  3,080円
  oスモック(年少のみ)  1,480円
  o紅白帽子  780円


Q.通園区はありますか?

A.あります。
松本市全域及び松本市に近接する市町村内が通園区です。(附属松本小学校入学時には、1年生本人が住居から小学校まで公共交通機関等を利用して1時間程度で通学が可能な地域となります。)


Q.入園選抜はどのようなものですか?

A.一次選抜は、遊びの様子の観察と、簡単な面談による選抜です。二次選抜は、くじ引きによる抽選です。


Q.他園から、転入園はできますか?

A.できます。電話でご相談ください。
ただし、年長・年中(5・4歳児)途中での近隣幼稚園からの転入園はお受けできません。年長4月当初からの方はご相談ください。また、年長途中でも、遠方からの方はご相談ください。

Q.年中(4歳児)・年長(5歳児)から、転園しても大丈夫ですか?

A.大丈夫です。「4歳児・5歳児からの附属教育」も、お子様にとって非常に有意義なものとなるでしょう。
@ 子ども本来の活動である「自由遊び」を最も大事した保育なので、登園が楽しくなります。
A 主体的な自由遊びだからこそ、成功体験と失敗経験を重ねながら、主体性のある子どもに育ちます。そして、学びの芽が育ちます。
B 園生活を通して社会性が身につきます。ルールに気づきます。そして、附属松本小学校・中学校へつながります。


Q.早朝保育・延長保育はありますか?

A.早朝保育・延長保育はありません。ただし、附属松本小学校の参観日等の行事があるときは、その兄弟関係のお子様を延長して預かることがあります。


Q.通園バスはありますか?

A.通園バスはありません。徒歩・自転車・自家用車等で送迎をしていただきます。


Q.給食はありますか?

A.給食はありません。ご家庭からお弁当を持参していただきます。


Q.卒園後の進路はどうなりますか?

A.本園を卒園した後は、附属松本小学校への入学を原則としています。附属松本小学校へは連絡入学を行っていますので、本園の卒園児は、優先的に小学校へ入学できます。他園からの希望者は抽選があります。

Q.災害への対策はありますか?

A.あります。こちらをご覧ください。本園では、地震等の万が一の場合に備えて、次のような対策を整えています。
@ 園児用の飲料水と食料を備蓄しています。
A メール一斉配信システムを導入しています。
B 避難訓練の1回を「引き渡し訓練」とし、附属松本三校園(幼小中)合同で実施しています。


園児募集

お問い合わせ

信州大学教育学部附属幼稚園

〒390-0871
長野県松本市桐1-3-1
TEL.0263-37-2214
FAX.0263-37-2215
Mail.fyotien@shinshu-u.ac.jp