お問い合わせ 交通・キャンパス案内 信州大学HOME
信州大学工学部 水環境・土木工学科

進学・就職・資格

水環境・土木工学科 学部卒業生の進路

卒業後の就職先は大きく分けて、官公庁(公務員)と民間会社とがある。卒業生の職種別分布は、官公庁、公団・電力・鉄道・ガス、建設会社、コンサルタント、その他になっている。工学部の中で官公庁への就職率が最も高いのが本学科の特徴である。なお、学部卒業生の約20%が大学院へ進学している。

過去5年間における就職・進学状況

平成27年度 平成28年度 平成29年度 平成30年度 平成31年度
官公庁 24(2) 20(0) 19(2) 18(0) 15(0)
公団・電力・鉄道・ガス 6(1) 7(3) 11(4) 4(0) 10(4)
建設業 11(1) 12(1) 14(3) 12(2) 19(2)
コンサルタント 3(2) 8(1) 6(2) 3(1) 8(1)
その他 2(0) 1(0) 3(0) 2(1) 6(1)
進学 15(1) 7(2) 12(1) 10(0) 15(0)
合計 61(7) 55(7) 65(12) 49(4) 73(8)

※学部卒業生と修士課程修了生の合計、かっこ内は修士課程修了生(土木系のみ)の数で内数。博士課程修了生および社会人学生をのぞく。

主な就職先

最近(5年間)の就職先を以下に示す。

官公庁

(中央官庁)国土交通省中部地方整備局4,国土交通省北陸地方整備局2,海上保安庁,厚生労働省,国土交通省関東地方整備局,国土交通省東京航空局,国土交通省北陸信越運輸局
(都道府県)長野県12,愛知県7,静岡県7,東京都5,三重県4,富山県2,山梨県2,福井県,岡山県,千葉県,鳥取県,新潟県,和歌山県
(市)刈谷市4,名古屋市3,富士市3,豊田市2,半田市2,松本市2,横浜市2,安曇野市,磐田市,大府市,岡崎市,岡山市,神戸市,小牧市,静岡市,新宮市,仙台市,多治見市,豊川市,長久手市,中野市,西尾市,藤枝市,前橋市,焼津市,山梨市
(その他)大阪市消防局

公団・電力・鉄道・ガス

JR東海10,JR東日本9,中日本ハイウェイエンジニアリング東京3,首都高技術2,東京地下鉄2,東京電力,都市再生機構,中日本ハイウェイエンジニアリング名古屋,長野県建設技術センター,NEXCO中日本,NEXCO西日本,NEXCO西日本エンジニアリング関西,NEXCO東日本,NEXCO東日本エンジニアリング,北海道ガス,本州四国連絡高速道路

建設業

西松建設6,大林組4,北野建設4,フクザワコーポレーション3,安藤・間2,角藤2,鹿島建設2,鴻池組2,清水建設2,大成建設2,戸田建設2,フジタ2,名工建設2,伊藤工務店,エアポートメンテナンスサービス,小木曽建設,奥村組,オリエンタル白石,小宮山土木,五洋建設,サンプロ,山旺建設,シーエヌ建設,JR東海建設,塩浜工業,ショーボンド建設,世紀東急工業,第一建設工業,太啓建設,竹中土木,鉄建建設,東急建設,東鉄工業,徳倉建設,中野土建,NIPPO,日本海建興,前田建設工業,前田道路,馬淵建設,三井住友建設,森組,森本組,矢作建設工業,若築建設

コンサルタント

建設技術研究所 3,JR東日本コンサルタンツ3,ジェーエステック2,玉野総合コンサルタント2,長野技研コンサルタント2,愛河調査設計,応用地質,大増コンサルタンツ,オリエンタルコンサルタンツ,開発設計コンサルタント,JR東海コンサルタンツ,昭和,昭和設計,全日本コンサルタント,大日本コンサルタント,中央コンサルタンツ,帝国コンサルタント,フジテック,ブレーンズ,八千代エンジニヤリング

その他

オルガン針,関電工,シーキューブ,第一テクノ,トータルテクニカルショリューションズ,栃木銀行,トランスネット,日本駐車場開発,ピーエーワークス,日立造船,非破壊検査,FORES,メタウォーター,矢橋工業

進学

(修士)信州大学大学院47,横浜国立大学大学院2,熊本大学大学院,首都大学東京大学院,筑波大学大学院,東京工業大学大学院,名古屋大学大学院
(博士)信州大学大学院4

取得できる資格

技術士・技術士補

技術分野の最高クラスの資格である。技術者として最高の国家資格とされる技術士の受験(技術士第二次試験)には,技術士第一次試験の合格が必要条件となる。

(社)日本技術士会

測量士・測量士補

以下のような取得方法がある。
測量士補
1)空間情報実習の単位を修得して卒業し、国土地理院に申請する。
2)毎年5月に実施される国家試験に合格する。
測量士
1)測量士補の資格を上記1)の方法で取得した場合は、実務1年で測量士を取得できる。
(注:測量士補の資格を上記2)の方法で取得した場合は、この項は適用できないことに注意。)
2)毎年5月に実施される国家試験に合格する。(測量士補の資格がなくても受験可能)

注)1994(平成6)年~2006(平成18)年入学者が,測量士補の資格取得を希望する場合は,在学中に測量に関する講義(測量学・地形環境情報学・地形情報学・空間情報学のいずれか,これらの科目名は年代によって異なる.)の単位を取得していることを条件として,現在開講されている空間情報実習の単位を取得すればよい.在学中に測量に関する講義の単位を取得していない場合は,現在開講されている空間情報学の単位の取得も条件となる. なお,現在開講されている測量に関する科目の受講を希望する場合は必ず事前に、豊田准教授 TEL:026-269-5322まで問い合わせること.

国土交通省国土地理院 日本測量協会

土木施工管理技士(1級、2級)

卒業後、実務1年以上で2級、3年以上で1級の受験資格ができる。

全国建設研修センター 全国土木施工管理士会連合会

中学校教諭一種免許状(理科)・高等学校教諭一種免許状(理科、工業)

教職科目を含む所定の単位を修得すれば、取得できる。大学院を修了した場合は専修となる。

その他

各種作業主任者、建設機械施工技士、土地家屋調査士、弁理士 など