文字サイズ

研究室紹介

メンバー集合イメージ

半導体産業を40年にわたって支え続けてきたトランジスタの微細化が物理限界を迎えつつあるとされる中、集積回路設計技術の研究は新しいフェーズに入りました。従来のように微細化を進めることは技術的にも経済的にも困難になっており、それを実現できる団体が限られてきました。集積回路はデバイス、システム、アプリケーションとの連携をより強めることで価値を出す必要があります。宮地研究室は2013年4月に発足した集積回路設計の研究室です。シリコンチップ内では実現できない異種デバイスとのパッケージレベル集積化を積極的に取り入れたセンシング・パワーマネージメントシステムのための集積回路を設計しています。より小型で低消費電力で高機能な新しい集積回路を企業、大学との共同研究を通して切り拓いていきたいと思います。

スタッフ紹介

研究室職員

宮地 幸祐

宮地 幸祐

【現在の研究課題】高効率パワーマネージメント集積回路設計 【キーワード】集積回路、DC-DCコンバータ、非接触給電、エネルギーハーベスティング、三次元実装、新規...

詳細を見る

学生

OB, OG

卒業年度 名前
2018 浅野 孝紘 Takahiro Asano(修士)
2018 高木 憲太郎 Kentaro Takagi(修士)
2018 西田 純也 Junya Nishida(修士)
2018 原 慎太朗 Shintaro Hara(修士)
2018 福岡 孝将 Takanobu Fukuoka (修士)
2018 塚田 芳寿 Yoshihisa Tsukada(学士)
2017 上倉 宇晴 Takaharu Uekura(修士)
2017 柄澤 悠樹 Yuki Karasawa(修士)
2017 後藤 悠佑 Yusuke Gotou(修士)
2017 與五沢 啓太 Keita Yogosawa(修士)
2017 吉田 穣理 Minori Yoshida(修士)
2017 金子 怜史 Satoshi Kaneko(学士)
2016 小柳 洸介 Kosuke Oyanagi(修士)
2015 福岡 篤志 Atsushi Fukuoka(学士)
2015 小林 瑞季 Mizuki Kobayashi(学士)
2015 富田 季宏 Toshihiro Tomita(修士)
2015 篠原 秀樹 Hideki Shinohara(修士)
2014 福田 大起 Taiki Fukuda(学士)
2013 倉澤 友弥 Tomoya Kurasawa(学士)

OB, OGの就職先

  • アイシン精機
  • アルプス電気
  • オリオン機械
  • オン・セミコンダクター
  • 小島プレス工業
  • 三栄ハイテックス
  • 新光電気工業
  • ソシオネクスト
  • ソニーセミコンダクタソリューションズ
  • TOTO
  • 中日本ハイウェイ・エンジニアリング東京
  • 長野県庁
  • 日置電機
  • マキタ
  • 三菱電機
このページの先頭へ