信州リビング・ラボ

信州リビング・ラボ

地域とともに健康を科学し、健康づくりを進める信州大学が挑戦する新しい地域連携活動が始まります

リビングラボとは

リビング・ラボとは

リビング・ラボ( Living Labs)とは、市民・社会を中心に据えて、ものづくり・サービス・政策等を創り出す新しいイノベーション創出の考え方です(Citizen Centered Innovation)。みなさんの日々の生活や仕事の現場(リビング)などを研究開発の場(ラボ)に見立て、多様な主体と協働してデータを一緒に分析したり、アイデア創出をしながら、新しい社会的価値を生み出していきます。

信州大学では、次世代の研究や教育におけるイノベーションを進める上で、リビング・ラボの考え方の有効性に着目し、「信州リビング・ラボ構想」を提案しています。また、リビング・ラボ構想を進める上で必要となる「プラットフォーム」の構築、プラット・フォームを活用した様々な「プロジェクト」の創出に着手しています。

Definition of Living Lab (European Network of Living Labs http://www.openlivinglabs.eu)

Living Labs (LLs) are defined as user-centred open innovation ecosystems based on systematic user co-creation approach, integrating research and innovation processes in real life communities and settings.
LLs are both practice-driven organizations that facilitate and foster open, collaborative innovation, as well as real-life environments or arenas where both open innovation and user innovation processes can be studied and subject to experiments and where new solutions are developed.
LLs operate as intermediaries among citizens, research organizations, companied, cities and regions for joint value co-creation, rapid prototyping or validation to scale up innovation and businesses. LLs have common elements but multiple different implementations.

右メニュー