CITI Japan プロジェクトの活動は、2017年3月をもって終了いたしました。
CITI Japan e-leaning教材は、2017年4月より、一般財団法人公正研究推進協会 (APRIN)が運営いたします。詳細はAPRINのウェブサイトをご覧ください。
  1. HOME
  2. 導入方法・申込み

導入方法・申込み導入方法・申込み

ATTENTION まずはご確認ください。

注意事項

  • 無料受講対象となるのは、大学・大学院および関連研究機関のみとなります。
  • 大学・機関単位でお申込みください。
  • 申込みが正常に完了すると、お手元に自動返信メールが届きます。メールが届かない場合はお申込みを受理できていない場合がございますのでご注意ください。
  • 大学関連以外の機関、機関に所属しない個人または企業の方は、NPO法人日米医学教育コンソーシアム(E-mail:support@citijapan.jp)までお問合せください。
  • プライバシーポリシー をご確認の上、お申込みください。

JST事業に採択されたプロジェクトに参画し、CITI Japanのe-ラーニングプログラムを受講する必要のある研究者等の方は、所属機関の研究倫理教育担当部署に所属機関で受講可能かどうかを確認してください。所属機関が未導入等の理由により受講できない場合は、科学技術振興機構(JST)各事業の担当までお問合せください。
なお、平成25年度採択課題からプロジェクトに参画される研究者等の方は受講が義務づけられておりますので、ご留意ください。
個人が受講者登録をする窓口ではございません。受講者登録については、所属機関の担当窓口までお問合せください。
カリキュラムは毎年度新しくなります。年度ごとの更新が必要です。
利用機関の情報は当事業の年次報告書等にて公開いたします。

e-learningプログラム教材一覧

単元一覧PDFファイル
大学・大学院および関連研究機関は、平成29年3月まで、CITIJapanプロジェクトが提供している全単元を無料で受講することができます。

お申込み(成績管理機関登録)の流れ

「よくある質問」もあわせてご覧ください。

お申込み(機関登録)
前の準備

教材内容の確認および受講者の検討

各利用機関は、 教材一覧 または、デモID(お問い合わせフォームより申請できます)で教材の内容を確認し、どの「受講者」にどの「単元」を履修させるかの検討を行う。

利用する単元、その単元の「必須」or「オプション」を自由に選択可能。
「必須単元」=修了証発行の為に必ず受講しなければならない単元
「オプション単元」=履修は必須でなく、修了証には記載されない単元

導入カリキュラムの決定

導入カリキュラムを学内で検討・決定する。

例:「受講を義務化する」、「授業に取り入れ、単位化する」等

成績管理機関登録の単位・成績管理者の決定

成績管理機関登録の単位を決定し、成績管理機関ごとに「成績管理者」を設ける。たとえば、「部局単位で成績管理機関登録を行い、各部局に成績管理者を配置する」、「研究推進部が機関登録・成績管理を行い、希望者のみを登録する」など。

成績管理者は、受講者の登録・成績管理・履修サポートなどを行います。(複数名登録可)

申し込み時に必要となる情報の収集

成績管理機関登録申し込み時は、以下の情報が必要です。
〇成績管理機関名(日本語/英語)
〇予定受講者人数 
〇単元選択、コース名称(医学研究者標準コース、基本コース、JST事業受講者コース(1)、JST事業受講者コース(2)、もしくは、個別選択で名称をつける) 
〇成績管理者の情報:①氏名 ②ローマ字氏名 ③eメールアドレス ④所属・役職(※複数名登録可)
※詳しくは、こちらのページをご確認ください。 

申込みフォームに
必要事項をご入力

申込みフォームに必要事項をご入力

申し込みフォームより、上記「申し込み時に必要となる情報の収集」に記載の情報を入力し、送信する。

申込みはこちら

注意:e-learningプログラム申し込みフォームにて内容を送信後、成績管理者のアドレス宛に自動返信メールが届きます。メールが届かない場合は、入力内容に不備がある可能性がございますので、メールがお手元に届くまで再度お申し込み頂くか、CITI Japan プロジェクト事務局(Tel:0263-37-2352)までご連絡ください。

登録完了および
受講者登録

CITI Japan サポートオフィスから登録内容のご連絡

申込み後、約14日前後で、サポートオフィスより、成績管理者宛に「管理者用ユーザ名」、「パスワード」、「ユーザ名用頭文字」、「成績管理者用受講者登録マニュアル」および「受講手順」が送付される。

「ユーザ名用頭文字」は2桁の英文字で、ユーザ名に学籍番号等を使用する場合に、他機関との重複を防止するために、頭につけるためのものです。

受講者登録用の情報を収集

受講者登録時は、各受講者に関する以下の情報が必要です。
〇ユーザーID(学籍番号などの固有の文字列) 
〇ローマ字氏名 
〇E-mailアドレス

ユーザIDは4~50文字以内、半角英数字および"@"、"."、"_"が入力可能です。スペースおよび他の文字列の入力は出来ません。大文字小文字判別をしません。 "A12B34CD"は"a12b34cd"と同一です。

成績管理者が受講者情報を登録

成績管理者は、サポートオフィスより送付された「管理者用ユーザ名」、「パスワード」を用いてログインページよりログインし、管理者画面から受講者登録を行う。

登録画面イメージ

登録は、CSV登録か個別登録が可能です。
初期パスワードは8~12文字の半角英数字で、機関内全員共通(例えば信州大学であれば「shinshudai」など)とする。
受講者情報は大学内で管理してください。CITI Japan プロジェクト事務局への連絡は不要です。

受講者への案内

受講者への通知

成績管理者は、受講者に対し、「受講者ID」、「パスワード」、「受講者用手順書」等を送付し、受講の案内を行う。

受講・修了

受講・修了

必須単元を全て受講し、クイズで平均80点以上を取得することで、コースごとに修了証を発行できる。

オプション単元は受講しても修了証に記載されません。

成績管理

成績管理者は、成績管理者画面で全受講者の学習状況を確認し、修了証を発行することができる。※修了証は受講者も発行可

成績管理画面イメージ

導入方法・申込み
CITI Japan 機関登録・コース追加 申込みはこちら
導入・ご検討のご相談・お問い合わせは お問い合わせはこちら
CITI Japan 教材への意見募集はこちら