メインコンテンツへ移動

メニュー
閉じる
閉じる

お知らせ

  1. 本学における新型コロナウイルス感染者の発生に対する措置と今後の対応について
その他
2020年9月11日(金)

本学における新型コロナウイルス感染者の発生に対する措置と今後の対応について

地域の皆様へ

本学では、8月下旬から、多人数の学生の会食等を通じ、22人の新型コロナウイルス感染者が発生しました。これを踏まえ、8月28日以降順次上田、長野(教育)、長野(工学)の各キャンパスへの学生の入構を原則禁止するとともに、全学的にサークル活動を禁止しました。その上で、本学関係の濃厚接触者については保健所等と連携し速やかにPCR検査等を行い、61名が陰性と確認されました。これらを含め、接触した可能性のある本学関係者については、自宅待機などの措置を講じて、感染拡大防止を図ってまいりました。
その結果、9月4日以降新たな陽性者はなく、一連の感染経路による新たな感染者の可能性はなくなったと考えられることから、9月14日に、上記入構禁止等の制限を解除することといたしました。
今回は休業期間であったこともあり、いずれも学外の感染によるものではありましたが、飲食を伴う会食自粛などの注意喚起が徹底されていなかった点は否めず、関係の皆様に大変ご心配とご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。
 学生には、以下の点について、再度徹底するよう指導し、対策に万全を期してまいります。

  1. 外出時のマスク着用や手指消毒、身体的距離の確保など基本的な感染防止対策を徹底すること。
  2. 毎日の検温など健康観察を欠かさず、軽い症状であっても風邪症状や倦怠感、味覚・嗅覚の異常がある時は、大学にもアルバイトにも出ず自宅で静養すること。その際は、授業の有無、休業期間に関わらず速やかに大学に連絡すること。
  3. 当面、家族以外の人との会食はしないこと。その他、換気が悪く人が密に集まる空間に立ち入ることや大声を出す行動など感染リスクの高い活動を避けること。また、体調の悪い者に無理をさせない環境を築くこと。

また、大学として、全国及び県内での感染状況や国・自治体の要請等を踏まえた各種感染防止対策を迅速に講じるとともに、風邪症状等がある場合の連絡や対応、注意喚起等が速やかに行えるよう仕組みを改善するなど、感染拡大防止に全力で取り組み、安心安全な環境の提供に全学をあげて取り組んでまいります。
なお、感染した学生及び関係者等の人権尊重と個人情報保護にご理解とご配慮をお願いいたします。


令和2年9月11日
信州大学長 濱田 州博