メインコンテンツへ移動

メニュー
閉じる
閉じる

お知らせ

  1. 学生の皆さんへ ~支え合うために距離を保とう~(6月10日更新)
注意
2020年4月20日(月)

学生の皆さんへ ~支え合うために距離を保とう~(6月10日更新)

新型コロナウイルスについて、国は、4月7日に、7都府県に5月6日までの緊急事態宣言を発出し、4月16日にその対象を全都道府県に拡大、さらに、5月4日にその期間を5月31日まで延長しました。
長野県を対象とする宣言は5月14日に解除され、5月25日にはすべての都道府県に対する宣言は解除されましたが、流行再燃の可能性もあり、感染拡大を防ぐため、一人ひとりに、「3つの密」を徹底的に避けること、人と人との距離の確保やマスクの着用、手洗いなどの手指衛生といった基本的な感染対策の継続が強く求められています。このウイルスは、自身が軽い症状や無症状であっても、気づかずに、周囲の人に感染を広め、その人の命を奪ってしまうこともあります。決して「自分は大丈夫」と思わず、一人ひとりが、感染から身を守りながら、人にうつさないよう、皆さんの責任ある行動をお願いします。

前期の講義による授業は、e-learningを活用した授業のみとしています。これは、補講授業などではなく、インターネットによる科目の履修ですからしっかり学修してください。自宅の通信環境が整わない学生は、連絡があれば、所属学部等の特定の教室でのWi-Fi利用を可能としています。

講義以外の実験、実習等については、感染拡大を防止する対策を行いながら、各学部等の方針に基づいて順次実施しています。この場合、感染拡大防止対策として実験、実習等のグループを分割し実施時期をずらすなどにより、北海道、埼玉県、千葉県、東京都及び神奈川県(以下「5都道県」)からの帰県を控えていた学生の実験、実習等の機会が確保されるようにしていますが、できる限り速やかに在学地に戻るようにしてください。

新型コロナウイルスの影響が長期化し、通学制限などが続く中、不安なこと、心配なことがあれば、総合健康安全センター、各キャンパスの保健室及び学生相談センターに相談してください。
家計の急変などで、困難な状況に置かれる学生に対し、政府による修学支援新制度や奨学金、特別定額給付金などの取り組みに加え、本学も、独自の授業料免除制度や納付期限の延期、学生アシスタント制度の拡充等による支援を行うとともに、知の森基金を活用した経済支援を予定しています。困りごとがあれば、所属学部等又は学生総合支援センターにご相談ください。
また、就職活動への影響も懸念されます。この場合も、キャリア教育・サポートセンターを通じて、皆さんをサポートしていきます。

そのほかのことについては、以下にまとめましたので、しっかり確認し、守ってください。今後の状況の変化によって取扱いに随時変更があります。最新の情報を信州大学ホームページでこまめに確認してください。