信州大学附属図書館 信州大学附属図書館

休館中の雑誌利用について:複写の申込方法

9月30日更新

2020年9月現在、各館は通常より開館時間やサービスを縮小しながら、開館を行っています。
以下でご案内している手順は、来館できない方、もしくは所属図書館にない資料を取り寄せたい方(いずれも学生・教職員)向けのものです。来館での利用については、図書館サービスの段階的な再開について(全館まとめ)をご覧ください。
The procedure below is for the students and faculties who wishes to order document delivery. About the usage at the libraries, please see the web page here.

雑誌記事の複写の申込方法

  1. MyLibraryにアクセスします。
  2. WEBサービスから「ILL(文献複写・貸借)依頼」を選択します。
  3. [新規複写依頼]ボタンを押します。
  4. 支払区分は「私費」を選択します。
    ※教職員の方はその他の区分も選択できます。教職員が私費を選択した場合は現金による支払いとなります。
  5. 雑誌名、巻号、ページ、記事名、著者名など、必要事項を分かる限り入力します。記事の特定にかかる時間短縮のため、できるだけ詳しい情報をご入力ください。
  6. 連絡事項欄に、受取方法(「窓口受取」または「郵送」)をご記入ください。「郵送」の場合は、送付先住所(郵便番号も含む)をご入力ください。
  7. 「学内所蔵を確認しましたか?」は「はい」を選択します。
  8. [入力内容確認]ボタンを押します。
  9. [入力内容確定]ボタンを押します。
  10. 複写物の準備ができましたら、メールで連絡いたします。郵送を希望の方には、郵送で届きます。
    当面の間は、学生(学部生・大学院生)は、複写料金は不要です。ただし、速達や海外への依頼など、実費でご負担いただく場合もあります。

複写に関わる注意事項

  1. 複写は、著作権法第31条1項の範囲内で行います。そのため、雑誌の最新号については、記事全体の複写に応じられません。ご了承をお願いいたします。
  2. 必要な日数の目安は、館内所蔵の場合は2~3日、学内他館所蔵の場合は3~4日、学内に所蔵がない場合は4日~それ以上です。いずれも、より多くの日数を要する場合があります。
  3. 複写の件数が多くなった場合、処理に時間を要する場合があります。「至急」などのご要望には、お答えできない場合があります。