総合健康安全センターお知らせコロナウイルスQ&A

2021.07.29更新

 

説明: 説明: D:\1\jimuwww\来年度HP\public\image\design\gold.gif新型コロナウイルス感染症に関するQ&A

 

説明: 説明: D:\1\jimuwww\来年度HP\public\image\design\line.gif



COVID-19 Q&A 信州大学総合健康安全センター 2021.7.29更新)

 

皆様にお願い

新型コロナウイルスの感染拡大を広めないためには、自分が感染者であるかもしれないと考えて行動することが大切です。他の人にうつさないための注意を心がけてください。


1)ワクチン接種は強制ではありません。しかしながら、大学構成員の7-8割以上の方が接種すると集団感染が生じる可能性が激減し、死亡者や重傷者を減らすことができます。ご自身だけのためではなく、家族、友人、同僚のためにも、早期に接種することをご検討ください。 【7.29更新】


2)他の人と2m以内に近づく可能性のある場合には、屋内外を問わずマスクを使用してください。感染リスクの高い危険な(いわゆる3密な)環境には近づかないでください。


3)マスクは正しく使用してください(鼻、口をしっかり覆う)、手を洗う事を怠ると効果は半減します。 十分な効果を得るために3層の不織布マスクの使用を強く推奨します。


4)向かい合っての飲食は(コンパ、茶菓を含めて)もう暫くの間はやめてください。大皿から取り分けること、お互いに食べ物や飲み物をシェアすることもやめてください。家族以外との会食は短時間、少人数であっても避けてください。

 

 

報道やSNSには(医師による発信も含めて)誤情報、フェイクニュース、医学的に不適切な内容も多数掲載されています。コロナウイルス感染症については信用のおける情報のみを参考にしてください。また、感染者に対する差別的な言動をしないように、また、不確かな情報をSNSで拡散しないように十分に注意してください。個人情報を掲載する事は犯罪行為となる場合があります

 

新型コロナウイルス感染症については以下の資料(PDF)をご覧ください。

信州大学総合健康安全センター、医学部附属病院感染制御室作製

学生向け資料 COVID-19から大学・サークル活動・自分・友人・社会を守るために

https://www.shinshu-u.ac.jp/news/upload_file/20200519protect_from_COVID-19.pdf

 

参考になる資料

長野県新型コロナウイルス感染症対策総合サイト

https://www.pref.nagano.lg.jp/hoken-shippei/kenko/kenko/kansensho/joho/corona.html

東北医科薬科大学病院「新型コロナウイルス感染症 〜市民向け感染予防ハンドブック」

(日本語、英語、中国語(簡体字・繁体字)、韓国語、ベトナム語、モンゴル語版)

http://www.hosp.tohoku-mpu.ac.jp/info/information/2326/ 


コロナ専門家有志の会 

https://note.stopcovid19.jp/

 

Q1 フェイスシールドやマウスシールドはマスクの代わりになりますか?

Q2 どのようなマスクをすれば良いですか? 二重マスクをした方がよいですか?

Q3 手袋は感染予防に有効ですか?

Q4 設備の消毒方法はありますか?(消毒は必要ですか?)

Q5 コロナウイルス感染症と診断されていなくても、大学へ来てはいけないのですか?

Q6 風邪症状がみられた時にはどうすればよいですか?

 

Q7 家族が感染したり濃厚接触者になった場合はどうすればよいですか?

Q8 会議、集会の開催の際にはどのような注意が必要ですか?

Q9 帰省してもよいですか?学会やコンサートやイベントに参加してもよいですか?

Q10 サークル(課外活動)では、どのようなことに注意すればよいのでしょうか?

Q11 寮生活、アルバイトで気をつけることは?

Q12 ワクチンは接種した方がよいですか?

 

 

 

Q1 フェイスシールドやマウスシールドはマスクの代わりになりますか

 マウスシールドは感染予防には役立ちません。

 フェイスシールドは飛沫が目に入ることを防ぐためにマスクと併用して使用します。日常生活ではフェイルシールドは不要です。マスクの代用にはなりません(医療機関ではコロナ感染者の検体を採取するときなどに、飛沫をあびないためにマスクとフェイスシールドを併用します。)

 

Q2 どのようなマスクをすれば良いですか? 二重マスクをした方がよいですか?

 マスクを使用する際には、鼻、口をしっかり覆うとともに隙間をなくすことが大切です。マスクを外した後には必ず手を洗ってください(自身が感染していない場合、マスクを触ることで感染する危険性があります)。使用後よく洗い、清潔に注意してください。マスクをするのは皆さん自身が感染しないためだけではありません。皆さんご自身が無症状感染者であった場合に周囲に感染を広めないためにマスクをします。

 マスクは3層の不織布マスクの使用を強く推奨しますWHOは布マスクを使用する場合には外側が疎水性、飛沫を吸収する中間層、内側が親水性の三層のものを推奨しています。 

 布マスクは素材により性能が著しく異なります。フリース素材のものはほぼ無効です。一般に呼吸が楽なマスクは感染防御の効果も弱くなります。顔面にフィットして鼻口が完全に覆われていなければ有効性は低下します。バンダナで顔を覆うことも無効です。

 種類のマスクを同時に使用する二重マスクは、隙間をなくすことで感染予防効果を高めますが、息苦しくなり頻繁に外すなど効果が減弱する危険性や、熱中症のリスクを高める危険性もあります。体を動かすときには不向きです。皆さんがマスクを正しく使用しているのであれば、敢えて二重マスクにする必要はありません。

 

各素材毎の飛沫拡散防止効果の検証

https://advances.sciencemag.org/content/early/2020/08/07/sciadv.abd3083.full

DOI: 10.1017/dmp.2013.43 Disaster Med Public Health Preparedness 2013;7: 413-8

WHO新型コロナウイルスに関わるマスク使用に関するアドバイス(2020.6.5改訂版)

二重マスクの効果について

https://news.yahoo.co.jp/byline/kutsunasatoshi/20210213-00222371/

https://www.cdc.gov/mmwr/volumes/70/wr/pdfs/mm7007e1-H.pdf

 

Q3 手袋は感染予防に有効ですか?

 手に怪我がある場合、皮膚に悪影響を及ぼす薬品(次亜塩素ナトリウムなど)の使用時や汚物に触れる場合には手袋を使用する事をお勧めしますが、それ以外の場合には手袋は不要です。新型コロナウイルス感染症は、キズのない手の皮膚から感染する事はありません。また、汚染物(ウイルス)を触った手袋で他の物をさわれば汚染を広めてしまいます。これは手袋をしていない場合と同様です。また、多くの手袋は消毒薬で劣化します。汚染された物(多数の者がさわった物)を触った後に手を洗うことが大切です。手袋を使用した際には手袋を外した後にも必ず手を洗って(消毒して)ください。

 医療機関や介護施設では、1人の患者さんの処置をしたら、その場ですぐに手袋を外し密閉されたゴミ箱に捨て、直後に手を消毒します。これが正しい手袋の使い方です。また、手袋をした手で顔を触ると目鼻口から感染してしまいます。繰り返しますが、手袋をしていようがいまいが、罹らない・うつさないためには、こまめに手を消毒する、目鼻口に触らないことが重要です。

 

Q4 設備の消毒は必要ですか?推奨される方法はありますか?

 設備の消毒は11人の手の消毒を補完するもので、感染予防の主体ではありません。しかしながら、コロナウイルス感染症に限らず、いろいろな感染症の広がりを抑えるために、不特定多数が触る場所の定期的な消毒はある程度有効です。接触感染の機会が高いと考えられる環境には、60%以上のエタノールや75%以上の2-プロパノールでの消毒が有効です。それ以外にも効果が証明されているものには家庭用洗剤、塩化ベンザルコニウムなどの消毒薬、ノロウイルスにも有効な次亜塩素酸ナトリウム(塩素系漂白剤)があります。

 

有効な界面活性剤を含有するものとして事業者から申請された製品リスト

https://www.nite.go.jp/information/koronataisaku20200522.html

(製品リストは随時更新されています。)

 

 アルコールや家庭用洗剤、消毒薬の多くは消毒後の拭き取りが不要ですが、取り扱いには十分注意し、説明書に従って消毒してください。

 市販の塩素系漂白剤は0.1%(吐物など)か0.05%(手すりなど共用部分)に水道水で希釈し、スプレーではなく希釈液に浸した布で拭いてください(金属はそのままでは腐食することがあります。数分後に再度水ふきをしてください)。希釈や消毒に際しては手袋を着用し行ってください。また、使用法を間違えると有毒な塩素ガスの発生、眼や皮膚の障害、衣類の脱色をきたしますので、取り扱いには十分注意してください。

 

次亜塩素酸水について

 次亜塩素酸水(除菌水)は十分な濃度の製品を正しく使用しなければ効果はありません(遮光保存が必須です。使用期限にも注意してください)。濃度などが明示されていない製品や、有効性が公的に証明されていない製品は使用しないでください。

次亜塩素酸水での消毒方法(通商産業省)

https://www.meti.go.jp/covid-19/pdf/0630_poster.pdf

 

Q5 コロナウイルス感染症の診断がついていなくても、大学へ来てはいけないのですか?

 暫くの間は、発熱、咳、下痢など何らかの風邪症状や味覚・嗅覚障害などが生じた場合には、登校しないでください。学生の皆さんは、ACSUから感染症等報告システムに入力して頂ければ欠席扱いとはしませんので安心してください。

 PCR検査はインフルエンザの迅速検査などと比べて時間がかかりますし、PCR検査や抗原検査が陰性であっても感染を否定する根拠としては不十分です。検査結果にかかわらず、症状がなくなり総合健康安全センターが許可するまでは大学へ来ないでください。周囲の皆さんに感染を広げないためには、発熱や風邪症状のある全ての方が自宅に待機していただくことが有効な感染拡大防止策です。是非、自宅待機にご協力ください。

 

Q6 風邪症状がみられた時にはどうすればよいですか?

 もし新型コロナウイルスに感染していた場合、医療機関を受診中の他の皆さんにうつしてしまうかもしれません。受診する前に医療機関に連絡して指示に従ってください。受診時は必ずマスクをしてください。自宅で充分な睡眠休養、水分栄養をとり、療養することが大切です。これはインフルエンザと同様です。内服薬は市販の解熱剤(アセトアミノフェン)をお勧めします。

 呼吸困難、強いだるさ、高熱などの症状が出現した場合や持病のある方、妊娠中の方は、至急主治医もしくは長野県の相談窓口に連絡してください。

 どうすれば良いか判らない時は信州大学総合健康安全センター、各地保健室へ連絡して下さい。

松本 0263-37-2157

教育学部保健室 026-238-4055

工学部保健室 026-269-5077

農学部保健室 0265-77-1312

繊維学部保健室 0268-21-5312

休日緊急連絡先 090-3143-4650※ 

(※事情により運用を停止する場合もあります)

 

長野県HP 新型コロナウイルス感染症有症状者相談窓口

https://www.pref.nagano.lg.jp/hoken-shippei/kenko/kenko/kansensho/joho/corona-soudan.html

 

Q7 家族が感染した時、濃厚接触者になった場合はどうすればよいですか?

 家庭内・大学内での感染拡散防止に努めてください。友人や同僚と食事をすることは避けてください。

・大学の対応

 ご自身が濃厚接触者となった場合は、大学へ来ることを禁止しています。

 ご家族が濃厚接触者となった場合は、ご自身やご家族が無症状であれば、入構は原則禁止していませんが、個別の状況に応じて判断しますので総合健康安全センター(附属病院職員は感染制御室)にご相談ください。(濃厚接触者のご家族が発症した場合、同居の皆さんは濃厚接触者となり、大学へ来ることは禁止されます。)

・家庭での対応

 できるだけ感染者と一緒にすごす機会を減らしてください。可能であれば家庭内で生活する部屋を別けてください。家庭内でも頻繁に換気を行い、全員がマスクを着用し、手洗いを頻回に行ってください。食事を一緒にとること、感染者が調理することは避けてください。感染者が使用したトイレ、洗面所など共用が避けられない所は、使用後に消毒することをお勧めします。これはノロウイルス感染症の場合なども同様です。

 洗濯は他の人と分けて通常どおりに行ってよいとされています(下痢、嘔吐などで汚染している可能性がある場合には消毒します)。詳しくは、東北医科薬科大学病院の作成した「市民向け感染予防ハンドブック」17-21ページをご覧ください。


「新型コロナウイルス感染症 〜市民向け感染予防ハンドブック」

http://www.hosp.tohoku-mpu.ac.jp/info/information/2326/ 


 新型コロナウイルスの感染が疑われる人がいる場合の家庭内でご注意いただき
たいこと(厚生労働省)

https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000601721.pdf


Q8 会議、集会の開催の際にはどのような注意が必要ですか?

 常にマスクを正しく着用してください。@換気の悪い密閉空間、A人が密集する、B密接した近距離での会話や発声が行われる、という3つの状況を排除できない催しは、しばらくの間は実施しないでください。懇親会も開催しないでください。

 開催する場合には、症状のある方が会場に入らない対策を講じてください。また、後日感染経路として会議が推定されるような事態になった場合に備えて(感染経路や接触者が特定出来るように)、参加者名簿の作成や、訪問ブースの記録などをお願いします。

 

Q9 帰省してもよいですか?学会やコンサートやイベントに参加してもよいですか?

 移動・滞在中に感染する可能性や、皆さん自身が感染源となり感染を広める可能性を減らすために、基本的な感染対策を常に行ってください。また、長野県は緊急事態宣言の対象区域への訪問は基本的に行わない事を県民に要請していますが、就職活動など不要不急の用事の際には、人との接触機会を最大限減らし、できる限り短時間にしてください。滞在先でも家族以外との飲食は避けてください。

長野県の公式ツイッターに県外への移動について最新の情報が掲載されています。

https://twitter.com/Nagano_Corona

 

学会や会議、大規模な催し(イベントやライブなど)は感染リスクを高める環境となる可能性があります(@換気の悪い密閉空間、A人が密集している、B密接した近距離での会話や発声が行われる)。このような空間にならないための十分な対策がとられていない催し(イベントやライブなど)や会議には参加しないで下さい。運営状況の情報を確認し、移動手段も十分に考えて、参加の可否を検討してください。 

 

Q10 サークル(課外活動)では、どのようなことに注意すればよいのでしょうか?

 サークル活動は授業や実習よりも感染する可能性が高い活動です。各キャンパスの指示に従って許可された範囲の活動にとどめてください。当面は合宿や懇親会は行わないでください。

 活動が許可されても、症状のある方がサークル活動に参加しないことが最も重要ですが、症状のない方や発症2日前からの感染も推定されています。手洗いの徹底をお願いします。

 対外活動には事前に許可を得た上で参加してください。大きな声をだすこと、ボールなど参加者が共通して触れる器具を使用することも感染拡大の機会となります(革製品などの消毒は困難です)。活動中に清潔でない手で顔を触ることも避けるべきです。運動後のマスクをしない談笑も避けてください。部室や下宿などの狭い空間に集まることも感染リスクとなります。皆さんの活動から、これらの要素を排除したうえで活動を行ってください。活動の開始前後の手洗いを徹底してください。また、飲食物をシェアすることは避けてください。これらの対策が実行できない場合の活動は、行わないでください。

 課外活動は大学生活での重要な活動のひとつではありますが、感染拡大防止のために是非ご協力ください。移動中の換気の行われていない自家用車での感染も生じています。移動時にも十分に注意してください。

 

Q11 寮生活、アルバイトで気をつけることは?

 寮生活は大学の中でも感染が広がりやすい環境です。換気を十分に行い、接触感染、飛沫感染が生じない環境、ソーシャルディスタンシングを常に心がけてください。

 集団生活は感染症が蔓延する機会が多く潜んでいます。これまでにも各地の寮・合宿所で、飲食物のシェアや、共用スペース・浴室・トイレなどでの接触感染が原因で、いろいろな感染症が集団発生しています。食事前、入浴前後、帰室前の手洗い、多数が使用する(触る)場所の定期的な清掃・消毒を徹底してください。居室でも換気を徹底し(特に2人部屋)、他の人の居室と往来しない、食べ物や飲み物を分け合わないことも大切です。1人で過ごす部屋以外ではマスクを常時着用し、向かい合っての食事は避けるようにしてください。

 アルバイト先でも感染症にかからない対策を守れる環境であることを確認することを強くお勧めします。不適切な環境でのアルバイトによって自身が感染すること、周囲に感染を広めることのないように注意してください。マスクをすることが許されない、換気が悪い環境で過ごさなければいけない、互いに2m以上の距離を保てない、大きな声を出さなければいけない、といった環境でのアルバイトは避けることを推奨します。アルバイト先での懇親会での感染も確認されています。飲食には特に注意してください。

 

Q12 ワクチンは接種した方がよいですか?

 ワクチンには感染することを防ぐ効果や、感染しても重症化しない効果があることが確認されています。主治医からワクチン接種を控えるよう指示されている方以外は、接種することが推奨されます。
 ワクチンについての詳しい情報は、下記のサイトを参照してください。


信州大学医学部附属病院感染制御室・信州大学総合健康安全センター
新型コロナワクチン(COVID-19ワクチンモデルナ)Q&A 
https://www.shinshu-u.ac.jp/institution/kenkou/osirase/covid-19vaccine_moderna.pdf

長野県 新型コロナウイルス感染症に係るワクチン接種について
https://www.pref.nagano.lg.jp/kansensho-taisaku/vaccine.html

COV-Navi こびナビ
https://covnavi.jp/

コロワくんサポーターズ(新型コロナワクチンへの疑問を解消できるLINEボット)
https://corowakun-supporters.studio.site/#project


 

↑TOP