2014~2016年度2015年度2014年度Institute of Mountain Science山岳科学研究所 [IMS] 山岳科学研究所は日本の中央に位置し、日本アルプスと豊かな自然環境に恵まれた地の利を活かし、中部山岳における豊かな自然環境の保全と、気候、生態系、地殻変動の予測、防災や持続的な資源管理のための観測と研究を行うことを設置目的とします。研究所のグローバルで先鋭的な研究領域は、“分野間融合とモデリング、面的な広がりを持つ先鋭的なセンシング技術”とし、世界的な海外の研究機関とも連携・共同研究を行い、国際研究拠点を目指します。研究所の組織は国際山岳連携研究室、地形地質・防災研究部門、陸上生態系研究部門、大気水環境・水生生態系研究部門、森林資源研究部門からなり、アジアや地球規模での山岳における観測との比較、共同研究を進め国際的山岳研究拠点の役割を果たします。高山環境に生息する野生動植物の生態研究、グローバルな気候変動や自然環境の変化による水文・大気環境の変化、陸上の植物相・動物相の推移と予測、アジアの経済発展ともなう越境汚染の実態調査、過去から未来にわたるグローバルな気候変動及び水質の変動研究、山岳環境の形成にかかわる地形地質の研究などを重点的に行います。The Institute of Mountain Science (IMS) is located in the Chubu region of central Japan. IMS conducts a large number of eld surveys and research on alpine environmental conservation, climate, ecosystem, the earth’s crustal changes, natural disaster prevention, and sustainable natural resource management in the Japanese Alps. IMS collaborates with research institutes and universities overseas and also with various elds of study in order to develop advanced methodologies and technologies to model and monitor the ecosystem and natural resources. IMS consists of ve departments: International Mountain Cooperation Laboratory, Geomorphology, Geology and Disaster Prevention, Terrestrial Ecosystem, Atmospheric Environment & Aquatic Ecosystem and Forest Resource, which are aimed at conducting international research comparing alpine environments in Asia and around the world. In particular, IMS focuses on “the ecosystem, wild animals and plants in an alpine region”, “hydrologic and atmospheric changes due to climate change”, “succession in plant and animal habitats”, “cross-border pollution due to economic development in Asian countries”, “long-term climate and water quality change” and “geomorphology and geology related to mountain formation”.5I NengahSurati Jaya所属研究機関 ボゴール農科大学(インドネシア)研究部門 森林資源研究部門研究分野 森林資源研 究 テ ー マ 森林リモートセンシング(衛星及び航空写真)、 地理情報システム、森林資源、森林計画Affiliation Bogor Agricultural University, IndonesiaResearch Division Department of Forest ResourceResearch Field Forest Resource InventoryResearch Theme Forestry remote sensing (satellite & aerial photos) and Geographical Information System, Forest resources inventory and forest planningJuhaHyyppä所属研究機関 最先端レーザー研究所(フィンランド)研究部門 森林資源研究部門研究分野 森林資源研 究 テ ー マ 森林のレーザー技術と解析手法の開発Affiliation Center of Excellence in Laser Scanning Research, FinlandResearch Division Department of Forest ResourceResearch Field Laser scanning for Forest resourceResearch Theme Forest lidar technology, developing laser processing特別招へい教授Distinguished Visiting Professor2016年度AlexanderM.Milner所属研究機関 バーミンガム大学(英国)研究部門 大気水環境・水生生態系研究部門研究分野 極域や高山帯の渓流生態学研 究 テ ー マ 日本の高山帯・亜高山帯の山岳渓流生態系における気候変動と その影響追究Affiliation University of Birmingham, UKResearch Division Department of Atmospheric Environment& Aquatic EcosystemResearch Field Arctic and alpine stream ecosystemsResearch Theme Climate change and eects on the hydroecology of alpine streams in Japan特別招へい教授Distinguished Visiting ProfessorXiaoweiYu所属研究機関 国立フィンランド測地学研究所(フィンランド)研究部門 森林資源研究部門研究分野 森林資源研 究 テ ー マ 森林のレーザー技術と解析手法の開発Affiliation Finnish Geospatial Research InstituteResearch Division Department of Forest ResourceResearch Field Laser scanning for Forest resourceResearch Theme Forest lidar technology, developing laser processing特任教授Specially Appointed Professor特別招へい教授Distinguished Visiting Professor2016年度ChristianFrance-Lanord所属研究機関 国立科学研究センター 岩石学及び岩石科学センター(フランス)研究部門 地形地質・防災研究部門研究分野 地質学、同位体地球化学研 究 テ ー マ ヒマラヤ山脈の上昇と風化、 気候変動の相互作用とその地質学的復元Affiliation Centre de Recherches Pétrographiques et Géochimique run by Centre National de la Recherche Scientique, FranceResearch Division Department of Geomorphology,Geology and Disaster PreventionResearch Field Geology and GeochemistryResearch Theme Reconstruction of geological history related to interaction among uplift, weathering of Himalaya and climate change特別招へい教授Distinguished Visiting Professor

元のページ  ../index.html#6