メインコンテンツへ移動

メニュー
閉じる
閉じる

令和2年度信州大学入学者等への学長メッセージ

  1. 令和2年度信州大学入学者等への学長メッセージ

令和2年度信州大学入学者等への学長メッセージ (2021年4月)

  この映像は令和3年4月5日令和2年度信州大学入学式(繊維学部)での学長あいさつを収録したものです。




 令和2年度入学生の皆さん、2年生への進級、誠におめでとうございます。昨年度は入学式を開催できず、皆さんと対面で行う挨拶は1年遅れとなりましたが、皆さんが信州大学を進学先に選択いただいたことに対するお礼を申し上げますとともに、改めてお祝い申し上げます。昨年入学時にWebページに掲載したメッセージには、「いずれ状況が落ち着いた時点で、新入生の皆さんすべてと別々の機会であっても何らかの形で直接お目にかかり、挨拶したい」と書かせていただきました。コロナ禍は続いておりますが、2年生への進級時がふさわしいかと思い、すべての学部を回って挨拶することとしました。

 昨年度1年間は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、年度当初にキャンパスを閉鎖した期間があり、新入生の皆さんは大変混乱したと思います。大学側も少なからず混乱したところがありました。紆余曲折を経ながらの対応でしたが、この1年間で学んだことも多かったと思います。その学びを活かして大学での活動を行っていければと考えております。キャンパスの安全・安心は、一人一人の感染拡大防止に対する努力と協力により成り立っています。既に1年以上続いているコロナ禍で心身共に疲れているとは思いますが、引き続きのご協力をお願い申し上げます。

 さて、私自身の入学式での挨拶は今年が最後ですので、本日は、今までの入学式での式辞あるいはメッセージをどのように作成してきたかの裏側をお話ししたいと思います。式辞における文章の流れは、毎年同じで、冒頭の挨拶、入学者・ご家族・関係者への祝意、信州大学に関するトピックス、例えば、学部・大学院に係る教育組織の改組や新しい教育プログラムの設置など、と続き、その後、私自身がその年に述べたいことを示しています。そして、結びで皆さんへエールを送っております。令和3年度入学生に対する今年の入学式の式辞と昨年の皆さんへのメッセージを含め、これまでに6回式辞を作成しましたが、何を述べたか振り返ってみたいと思います。

 2016年には、信州大学の名称について述べました。なぜ『長野』ではなく、『信州』なのか歴史を紐解いてお話ししました。興味がある方は是非調べてみて下さい。また、当時放映されていたNHK大河ドラマ『真田丸』にも触れました。2017年には、信州大学の卒業生3名について述べました。一人目は、スタジオジブリで「コクリコ坂から」など、アニメーション映画の監督をされている農学部卒業生の宮崎吾朗さんです。二人目は、Wakka Groupの代表で、三代目俵屋玄兵衛と言うブランド名で新鮮なお米を海外で販売されている教育学部卒業生の出口友洋さんです。三人目は、ナイアンティック社でポケモンGOのゲームディレクターをされている工学部卒業生の野村達雄さんです。いずれも当時の仕事で、それぞれが新たな展開をされていますが、学生時代の学び方や過ごし方が社会に出てからの活動に大きく影響していることが分かりました。2018年には、自分自身の大学入学時を振り返り、神戸市から東京都大田区に移り住んだときの感想やパソコン、インターネット、スマートフォンの発達に伴う変化についてお話しし、「気づきの力」や「深く考える力」の重要性について言及しました。2019年には、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標であるSustainable Development Goals(持続可能な開発目標):SDGsについて述べ、Environment(環境)、Social(社会)、Governance(統治)の3つの言葉の頭文字をとったESGを重視した経営が企業でも大学でも重要になると強調しました。昨年2020年に皆さんへお送りしたメッセージでは、教育(Education)とテクノロジー(Technology)を組み合わせた言葉で、IT技術等を教育分野に活かす取組全般を指す言葉「エドテック(EdTech)」について記しました。「データ化」、「可視化」、「効率化」というエドテックの3つの特徴と米国ミネルバ大学の事例に触れました。そして、今年、令和3年度入学生に対する入学式では、内村鑑三の代表的著作である「代表的日本人」を取り上げ、学生時代にリアルにもバーチャルにも様々な人と出会ってほしい旨述べました。令和3年度入学生に対する式辞については、信州大学Webページをご覧下さい。

 この様に、6回の式辞あるいはメッセージを振り返りますと、信州大学に関することを2回、自分自身の振り返りを1回、SDGsやEdTechといった自分自身が注目していることを2回取り上げています。そして、今年は、内村鑑三を取り上げています。何となく唐突な印象ですが、これは私が学生時代に内村鑑三の講演をまとめた「後世への最大遺物」を読んだことに由来しております。ある意味、自分自身の振り返りです。「後世に誰でも遺せて、有益で害にならないものは、勇ましくて高尚な人の一生です。これが本当の遺物ではないかと思います。」という言葉に影響されたからです。また、「人生、何を成したかよりどう生きるか」ということを考えさせられたからです。そのことから、内村鑑三という人物にずっと注目し続けてきており、最後の式辞では、内村を取り上げようと最初の式辞を書いたときから考えていました。

 一連の式辞では、ある題材を取り上げ、それと関連して皆さんに伝えたいことを示してきました。それぞれに私自身のその時々の思いや学生時代からの思いを込めています。学生時代からの思いは今でも結構強くあると感じています。皆さんも学生時代に、どう過ごすか、どう生きるか、何を思うか、何を考えるか、非常に重要なのではないでしょうか。

 厳しい状況下は継続しておりますが、いつも申し上げていることをここでも申し上げたいと思います。一人一人がどのように行動するか、よく考えてから行動して下さい。自分がこの行動をしたら何が起こるか、想像力を培って下さい。一生涯学び続けるための方法論を身につけて下さい。人は人と共に生きていることを忘れないで下さい。

 そして、皆さんが、信州の自然豊かな環境で、どう生きるかを考えながら様々な力を身につけ、世界で活躍する人材として巣立っていくことを期待しております。ぜひ実り豊かな学生生活を過ごして下さい。

令和3年4月
信州大学長 濱田州博