• 受験生の方へ
  • 医師の方へ
  • 企業団体の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 地域の方へ
  • 在学生の方へ

トピックス詳細

運動機能学教室の田中厚誌医師が第49回日本整形外科学会 骨・軟部腫瘍学術集会で優秀ポスター賞を受賞しました

2017.02.03

腫瘍班スタッフと共に

信州大学医学部運動機能学教室(整形外科)の田中厚誌医師(大学院医学系研究科博士課程3年)が、平成28年7月14、15日に東京都で開催された第49回日本整形外科学会 骨・軟部腫瘍学術集会にて優秀ポスター賞を受賞しました。
受賞対象となった演題は「内転筋を切除した大腿軟部肉腫症例の筋力評価と術後機能」です。
本研究では、大腿部に発生した軟部肉腫に対し内転筋を切除した症例を対象に、下肢筋力測定と術後機能評価を行いました。内転筋を切除すると股関節内転筋力は低下しますが、その他の下肢筋力は保たれており、内転筋のみの切除であれば術後機能は保たれることを示しました。

トピックス一覧