信州大学HOME

facebookenglish

Menu

教員一覧

『生活動作支援技術』で、新しいライフスタイル

塚原 淳
教員氏名
塚原 淳
職名
助教
所属
機械・ロボット学科 バイオエンジニアリングコース
研究分野

ウェアラブルロボット、リハビリテーション科学、福祉工学

研究課題

生活動作支援ロボット・デバイスに関する研究開発

出身校
筑波大学大学院
SOAR
研究者総覧(SOAR)を見る
一言コメント

人や社会に役立てるための『生活動作支援技術』に関する研究開発を行っています。現在は主に、日常生活の中で違和感なく簡単に使用できる、直感性に優れたウェアラブルロボット・デバイスの実現を目指しています。

研究紹介

『生活動作支援技術』の研究開発で、新しいライフスタイルを目指す

超高齢社会を迎えた我が国にとって、運動器系の疾患により発症するロコモティブシンドローム(運動器症候群)は、介護予防や健康保持等を阻害する大きな社会問題のひとつです。このような問題を解決するために、『生活動作支援技術』に関する教育・研究開発を行っています。具体的には、日常生活の中で違和感なく簡単に使用できるウェアラブルロボット・デバイスの実現を目指し、人の全身運動特性の解析・理解、人の動作意思と機械をシームレスに繋ぐ推定手法、人の動きに合わせて支援する同調制御といった、人を中心とした研究開発に取り組んでいます。

 

 
モーションキャプチャにより計測した人の歩行データを解析し、関節角度・筋張力・関節にかかる力などを計算   (左)「着る」ように、気軽に身に着けられるロボティックウェアcurara®
(右)歩行・起立動作支援

 

≪研究から広がる未来≫


私たちが研究開発する生活動作支援技術が実現できれば、近年、医療・福祉分野において活発化している装着型ロボットの導入フェーズから、さらに日常生活レベルでの実用化へと展開することができます。これにより、要介護になるリスクを軽減し、高齢者等の日常生活動作(ADL: Activities of Daily Living)や生活の質(QOL: Quality of Life)の向上につながることが期待されます。