信州大学HOME

facebookenglish

Menu

教員一覧

ロボットによる自律知能システムの創生

鈴木 智
教員氏名
鈴木 智
職名
准教授
所属
機械・ロボット学科 機能機械学コース
研究分野

機械工学

SOAR
研究者総覧(SOAR)を見る
研究室
研究室のホームページを見る
一言コメント

ロボットによる自律知能システムの創生というテーマの下で制御・ロボットの研究を行っています。ロボットの運動制御、協調行動制御などの研究を通して、生物のような自律知能システムの実現を目指しています。

研究紹介

自らの意思で動き、考え、作業する。そんな「自律ロボット」の実現を目指す!

自然界の生物は、誰に命令されることもなく自らの意思に基づいて行動することができます。そのように外部からの指示なしで行動できる様を「自律」といい、現在、そんな振る舞いをすることができる「自律ロボット」が世界中で注目を集めています。鈴木研究室では、制御工学・ロボティクスの観点から、自らの意思で動き、考え、そして作業をすることができる自律ロボットの実現を目指して研究を進めています。様々な小型空中ロボット、地上ロボットを開発し、運動制御システム、外部環境の認識システム、ロボット同士の協調行動制御システムの構築などを通して、ロボットが自律性を獲得するために重要な要素とは何かを追求しています。

 

 
鈴木研究室で開発した空中ロボットの1つである自律小型無人ヘリコプタ。自律制御技術によって人の操縦なしで飛行可能。   (左) 第一目標は空中ロボットと地上ロボットのコラボレーション。(右) ロボットの制御に用いるデバイスはすべて独自に製作。

 

≪研究から広がる未来≫


もし、自ら状況を判断し行動することができる自律ロボットが実現されれば、防災・レスキュー活動をはじめとして、危険地帯や極限環境下などでの作業を人間の代わりに行うことが可能となり、安全・安心社会を実現するための第1歩になると考えます。また、空中ロボットや地上ロボットといった複数種類のロボットがコラボレーションをすることによって、地球上に存在するどのような地形・環境下でも作業を行うことができる自律ロボットシステムも夢ではありません。