信州大学HOME

facebookenglish

Menu

教員一覧

メカはヒトにどこまで近づけるか

西川 敦
教員氏名
西川 敦
職名
教授
所属
機械・ロボット学科 バイオエンジニアリングコース
研究分野

医用システム、制御工学、知能機械学、機械システム

SOAR
研究者総覧(SOAR)を見る
研究室
研究室のホームページを見る
一言コメント

「柔らかさと巧みさをヒトから学ぶバイオロボットの研究」、「ヒト内部に低侵襲でアクセスする手術・治療の支援」が西川研究室の2本柱です。基礎研究のみならず、実用化を視野に入れた医工産連携研究も推進しています。

研究紹介

遠隔操作型から選択結合×自律型へ:新発想手術ロボットが医療を変える!

「手術ロボットって言うけど、結局、外科医が全て遠隔操作してるんでしょ! ロボットが自分で判断して動くなんて、ありえない・・・」 本研究室は、このような従来の固定観念にはとらわれない、新発想の医療ロボットの研究開発を行っています。中でも、実時間で奥行き情報が取得可能なステレオ内視鏡を用いて、カメラ助手ロボットをトコトンまで知能化(完全自律化)する研究や、多種のロボットデバイス群をミドルウェアを介して接続し、目的に合わせて任意の組み合わせで選択的に利用できる未来志向型の手術支援ロボットシステムの構築を、学外の多数の大学・研究機関や病院・医療施設、医療機器研究開発メーカーと共同で進めています。

 

 
あらゆるロボットデバイスが選択的に結合・利用できる手術支援システムの構築を目指しています。写真は本研究室が保有する手術ロボットです。 (東京女子医科大学先端生命医科学研究所、大阪工業大学との共同研究)   3D内視鏡下手術支援カメラ助手代行ロボットのシステム構想図。本研究室の得意技(内視鏡画像処理&視覚フィードバック制御)で知能化します。 (中央大学、金子製作所、国立がん研究センター中央病院との共同研究)

 

≪研究から広がる未来≫


本研究が進めば、世界中のあらゆる医用ロボットデバイスが統一的に接続評価できるようになり、手術ロボットの開発サイクルが一気に加速するでしょう。現在は、米国製の高価な手術ロボットが限られた大病院に導入されているだけですが、近い将来、本研究で開発された国産の手術支援ロボットが世界各地の病院に当たり前のように設置され、いつでもどこでもロボット手術が受けられる日が来るかもしれません。