信州大学HOME

facebookenglish

Menu

教員一覧

3E=エレクトロニクス&エネルギー&環境

小西 哉
教員氏名
小西 哉
職名
教授
所属
機械・ロボット学科 機能機械学コース
研究分野

電子工学 (電子計測、超伝導、マイクロマシン、新エネルギー)

SOAR
研究者総覧(SOAR)を見る
一言コメント

化石資源の枯渇/地球温暖化問題/環境汚染など、人類を取り巻くエネルギー・環境問題を、エレクトロニクスで解決する技術、化石燃料に頼らずに電気エネルギーを生み出し、利用する技術などの開発を進めています。

研究紹介

さよならガソリン! 次のハイブリッドカーは「太陽電池+燃料電池」の組み合わせに

エコカーの代表格として人気のハイブリッドカー。現在はガソリンを動力源とした内燃機関とモータのハイブリッドが主流ですが、化石燃料がいつの日か枯渇するのは確実で、新たなシステムの開発が急務です。こうした中、小西研究室で行っているのが、化石燃料を全く使用しない太陽電池と燃料電池によるハイブリッドシステムの開発です。研究室のメンバーが中心となって国内のソーラーカーレースにも参戦し、好成績を収めています。このシステムが実用化されれば、化石燃料の消費が抑えられ、地球環境が今まで以上にクリーンになるのです。

 

 
学生が設計・製作しているソーラーカー。レースで優勝経験もある。この技術を学んだ多くの卒業生が社会で活躍している。   (左) 学生も燃料電池開発に積極的に参加。専門知識を深めている。 (右) バイオマスで燃料電池を動かすエコロジカルな研究も進行中。

 

≪研究から広がる未来≫


自動車に乗せる動力源として新エネルギーを研究する場合、よりコンパクトに、より高効率にすることが求められます。太陽エネルギーや水素エネルギーの分野では、高効率化は非常に重要で、研究室での成果が自動車以外の分野へ転用されることも大いに考えられます。例えば家庭における自家発電などはすでに商品化されています。研究開発が進めば、より効率よくエネルギーを生み出すことができます。