信州大学HOME

facebookenglish

Menu

教員一覧

エネルギーから環境まで、幅広い熱流体研究

姫野 修廣
教員氏名
姫野 修廣
職名
教授
所属
機械・ロボット学科 機能機械学コース
研究分野

熱工学

SOAR
研究者総覧(SOAR)を見る
研究室
研究室のホームページを見る
一言コメント

一般の機械工学系熱流体関係の研究室と同様、エネルギー関連の研究が一つの大きな柱になっていますが、その他にも環境浄化技術や熱物性値の測定技術等、熱と流体に関する幅広い分野にわたって研究を行っています。

研究紹介

エネルギーから環境まで、産業の基盤を支え、未来を拓く熱・流体工学の研究

発電所では、石油など化石燃料を燃やし蒸気タービンを利用して電気エネルギーに変換していますが、燃焼エネルギーの60%は海に捨てています。この変換効率を上げるためには、エネルギー変換システムやタービン等の要素技術の開発が必要です。また最近は発電を消費地で行うことによって、これまで捨てていた熱エネルギーを給湯に利用して利用効率を高める技術が考えられています。姫野研究室では、こうした高効率なエネルギー変換・利用技術に関して研究を行っています。また最近深刻な環境問題の一つである環境汚染ガスの浄化に関しても研究を行っています。

 

 
工場やごみ集積施設から排出される粉塵・環境汚染ガス・悪臭成分を瞬時に取り除く高性能環境浄化装置を開発。   (左) 発電所のタービンの性能解析で重要な翼周りの流れを数値解析。(右) タービン内や宇宙船大気圏再突入で重要な衝撃波背後の伝熱解析。

 

≪研究から広がる未来≫


姫野研究室では、上記分散型エネルギーシステムに必要な高効率蓄熱システムの開発やヒートポンプの研究、さらに新たに開発した新材料の熱設計に必要な熱物性値の測定法の研究、高性能断熱材の開発など、産業・社会の基盤にかかわる重要な技術開発を行っており、研究に携わっている学生も活発に学会発表を行うなど未来を切り開く気概を持って充実した研究生活を送っています。