信州大学HOME

facebookenglish

Menu

教員一覧

有機機能材料分野で液晶の研究をしています

太田 和親
教員氏名
太田 和親
職名
教授
所属
化学・材料学科 機能高分子学コース
研究分野

液晶の物理化学、分子集合化学、錯体化学

SOAR
研究者総覧(SOAR)を見る
研究室
研究室のホームページを見る
一言コメント

特に「ディスコティック金属錯体液晶の合成と機能性」の追求を研究目的として、多数の新規な液晶を合成し、興味深いナノマテリアル超分子集合状態の構造解明とフレキシブル半導体などへの応用研究を行なっています。

研究紹介

液晶を見てみよう!

現在、液晶はパソコンや薄型液晶テレビに使われており、私達の身近にあります。この液晶は分子の形が棒状で「棒状液晶」と呼ばれています。しかし、液晶にはこの他にも分子の形が円盤状の「ディスコティック液晶」と呼ばれているものもあります。このディスコティック液晶は、現在実用的応用はほとんどされていませんが、棒状液晶とは全く異なる分野 (太陽電池等) に応用が期待され、研究が急速に活発になってきている未来材料です。太田研究室ではこの「ディスコティック液晶」を用いて有機太陽電池に適した新規材料の研究を行っています。

 

 
ディスコティック液晶を顕微鏡で観察したもの。物質によって模様も変わってくるので、どんな模様が出るかも研究の楽しみの一つ。   自分で合成したディスコティック液晶を顕微鏡を使って観察。一体どんな模様が出るのでしょうか?

 

≪研究から広がる未来≫


現在用いられている太陽電池にはシリコンが使われていますが、硬くて重いという欠点があります。しかし、有機薄膜太陽電池を用いれば柔軟で軽くすることができます。さらにディスコティック液晶を用いることで、コストを大幅に削減することができ、大量生産することができます。将来的にはより太陽電池が身近な存在になると考えられます。