信州大学HOME

facebookenglish

Menu

教員一覧

ゲル化剤の開発と応用;超分子化学

英 謙二
教員氏名
英 謙二
職名
教授
所属
化学・材料学科 機能高分子学コース
研究分野

超分子化学 (主に有機ゲル化剤の開発)

SOAR
研究者総覧(SOAR)を見る
一言コメント

超分子化学に基づいたゲル化剤の研究をしています。新規ゲル化剤の開発、ゲル化 機構の解明、ゲル化剤の応用などです。私は学際的な基礎研究と工業的な応用という二つの観点を大切にしています。

研究紹介

加えるだけで個体物を作るゲル化剤や粘性物を作る増粘剤を分子設計し開発しています

有機溶剤や水に加えるだけでゲル化や増粘化を惹き起こす、低分子化合物やポリマーの開発やその応用について研究しています。ゲル化剤や増粘剤として作用する化合物を構成する成分をもとに分類し、ゲルや増粘体を形成する原動力や機構を調べています。また、化粧品などへの応用を研究しています。具体的な研究テーマ;アミノ酸系オイルゲル化剤、2成分型オイルゲル化剤、環状ジペプチド誘導体のオイルゲル化剤、シクロヘキサン誘導体のオイルゲル化剤、重合官能基を有するオイルゲル化剤、ポリマー型ゲル化剤の開発、増粘剤の開発、ヒドロゲル化剤の開発、ゲル化剤・増粘剤の応用。

 

 
ゲル化剤によるゲルの形成過程;ゲル化剤と溶媒 (左) を混ぜ、加熱して溶かす (中)。それを冷やすとゲル化する (右)。   (左) ポリシロキサン型ゲル化剤を使って試作した新しいアイシャドウ (S社提供)。(右) 低分子ゲル化剤を利用してK社より商品化予定の口紅。

 

≪研究から広がる未来≫


ゲル化剤に関する研究は基礎研究として興味深いだけでなく、工業的応用 (化粧品、ゲル電解質、コーティング材、表示素子、液晶ゲル、インクジェットインク、印刷用紙、皮膚外用組成物、ゾル・ゲル重合の鋳型など) でも大きな可能性を秘めています。Web of Scienceで検索したゲル化剤に関する過去20年間の私たちの論文数は254です。また、平均被引用数は31.34、h-indexは51です。