信州大学HOME

facebookenglish

Menu

教員一覧

環境に優しい機能材料を開発しています

木村 睦
教員氏名
木村 睦
職名
教授
所属
化学・材料学科 ファイバー材料工学コース
研究分野

機能高分子化学、超分子化学、機能性色素化学、環境化学

SOAR
研究者総覧(SOAR)を見る
一言コメント

「環境に優しい」をキーワードに環境負荷の低い材料や環境浄化に役立つ材料を開発しています。例えば、紫外光や酸・アルカリで素早く分解する界面 活性剤を用いた高品質ポリマーの合成や有害物質の分離です。

研究紹介

ナノテクで拓く機能性材料。生物構造の模倣による新しい機能発現

生物は進化過程で優れた性能を持つ構造体を獲得しています。様々な反応を触媒する酵素や二酸化炭素を使った光合成などです。様々な機器の発達により、これらの生物構造体の詳細な構造が解明され、ナノメートルスケールで複雑な構造を持つことがわかっています。そこで、人工的にこれらの構造を模倣し、生体内での高効率なエネルギー変換および物質変換機能の構築について研究を行っています。具体的には、環境中で有害な物質の分解、微量な物質を検出できる化学センサ、シリコンを使わない太陽電池などの研究を行っています。

 

 

  ナノ構造材料を使うことにより、非常に低い濃度のガスを感知することができるようになる (人工嗅覚センサの開発)。

 

≪研究から広がる未来≫


私たちの研究室では、生物構造を観察し、有機および無機化学的合成手法を使った新しい機能性材料の創成について挑戦しています。ナノスケールの大きさを持つ環境浄化触媒、微量な化学物質を感知することができる高感度センサ、カラフルな太陽電池を実現する機能性材料について研究を進めています。様々な元素を自由自在に操り、生物内に存在するナノ構造に近い構造を創り、さらに得られる材料の機能を詳細に解析しています。これらの材料は、これからの持続成長可能な社会構築のためのキー材料となります。