信州大学HOME

facebookenglish

Menu

教員一覧

微分積分学・教職演習・学生実験を担当

谷上 哲也
教員氏名
谷上 哲也
職名
准教授
所属
化学・材料学科 応用分子化学コース
研究分野

高分子ゲル、高分子ブレンド、燃料電池材料

SOAR
研究者総覧(SOAR)を見る
一言コメント

素人ながらコロイド化学の授業を持たせていただいておりました。認めていただけないでしょうが今の専門はコロイド化学かもしれません。統計熱力学の授業も長らくやらせていただいていますがこちらは難しいです。

研究紹介

サブミクロンの微粒子を整然と並べフォトニッククリスタルへ

谷上研究室はものづくりの研究室です。サブミクロンの大きさを持つ粒径のそろった微粒子を合成して、電気泳動堆積法で粒子を規則正しく並べています (コロイド結晶)。粒子は静電反発が強く、元来並んでくれないものです。そこをいろいろと工夫することが研究の醍醐味です。なぜそれをやるのか。それは、コロイド結晶があまりにも魅惑的な光を放つからでしょう。これを構造発色といいます。色素によるものではありません。

 

 
右より無機系のシリカ、有機系のポリスチレン、ハイドロゲル系の各種微粒子を「コロイド結晶」化させる研究を行っている。   角度によって色が変化する材料 (ポリスチレン)。

 

≪研究から広がる未来≫


量子コンピュータというものが求められています。それを実現するためには、特定の波長の光だけを透過させたり、光を直角に曲げたり、閉じ込めたりする技術が必要です。それを可能にする光学素子をフォトニッククリスタルといいます。光の波長と同じような周期を持つ結晶です。谷上研のコロイド結晶もフォトニッククリスタルに近づける一つの手法です (ボトムアップ法)。現在ややリードしているのはリソグラフィー等を利用するトップダウン法かもしれません。