信州大学HOME

facebookenglish

Menu

教員一覧

炭素材料の有する多様性を引き出す

教員氏名
沖野 不二雄
職名
教授
所属
化学・材料学科 応用分子化学コース
研究分野

機能・物性・材料

SOAR
研究者総覧(SOAR)を見る

研究紹介

炭素材料の多様性をいかして新機能材料を創生する

炭素材料の有する多様性を引き出し、人類社会に役立つ新規材料を創成することに取り組んでいます。リチウムイオン二次電池はスマートフォン・携帯電話、ノートパソコンなど幅広い携帯電子機器に搭載されているだけではなく、ハイブリッドカーや電気自動車の動力源としての利用も進んでいます。炭素材料はリチウムイオン二次電池の電極部材としての利用が可能です。燃料電池にも各種炭素材料が利用されています。炭素繊維強化複合材料の航空機への利用が話題になっていますが、複合材料にも炭素材料は重要な役割を果たしています。

 

 
化学気相蒸着法によりナノダイヤモンドを種結晶として成長したダイヤモンド薄膜の走査型電子顕微鏡像。   (左) サブミクロン炭素繊維の走査型電子顕微鏡像。
(右) 多層カーボンナノチューブの透過型電子顕微鏡像。

 

≪研究から広がる未来≫


エレクトロスピニング法などを用いてサブミクロン炭素繊維を作製し、リチウムイオン二次電池の負極のホスト材や正・負極の導電助材として用い、電池の容量、サイクル特性、ハイレートパフォーマンスを向上させる研究を行っています。ナノダイヤモンドやカーボンナノチューブをフィラーとして金属やプラスチックなどのホスト材へ添加することによって機械的強度の向上や電気・熱伝導性などの制御が可能です。