お知らせ

研究成果

生物学コース 高梨功次郎 准教授の研究グループが薬用植物ムラサキのシコニン類縁体を生産する酵素を同定しました

お知らせ生物学コース研究成果

生薬となるムラサキの根(紫根)と本研究で解明した酵素反応

高梨功次郎 理学科生物学コース准教授と、押切春佳 総合理工学専攻 生物・生命科学分野博士課程学生、渡辺文太 京都大学助教、山本浩文 東洋大学教授、矢崎一史 京都大学教授らの研究グループは、ムラサキ科の薬用植物が生産するシ...

続きを見る

お知らせ物質循環学コース研究成果
岩田拓記准教授を含む研究チームの論文がNature Climate Change paper 誌に掲載されました

 

1