お知らせ

総合理工学研究科理学専攻の修士課程1年生の暁麻衣子さん(牧田研究室)が優秀発表賞を受賞しました。

お知らせ物質循環学コース

2019年11月23日(土)~24日(日)に名古屋大学豊田講堂(愛知県名古屋市)で開催された「第50回記念根研究集会」にて、総合理工学研究科理学専攻の修士課程1年生の暁麻衣子さん(牧田研究室)が、優秀発表賞を受賞しました。受賞の題目は以下の通りです。

暁麻衣子・牧田直樹「多樹種を対象とした樹木細根滲出速度の比較」

植物は有機化合物を根から土壌へ放出する機能を持ち、土壌微生物へのプライミング効果や他の植物にアレロパシーとして影響を与えることで植物の生存に役立てていることが知られています。本研究では、長野県の冷温帯森林において、根の菌共生タイプが異なる多樹種の根系から滲出物を採取し、滲出炭素量の種間差を明らかにしました。

前へ 

一覧にもどる

 次へ