お知らせ

大学院総合理工学研究科理学専攻化学ユニットの坂巻麻理子さんと深山敦史さんが、第38回分析化学中部夏期セミナーにおいて、優秀ポスター発表賞を受賞しました。

お知らせ化学コース

受賞時の写真(前列左端が坂巻さん、後列右端が深山さん)
受賞時の写真(前列左端が坂巻さん、後列右端が深山さん)

2019年9月2日(月)~3日(火)に、インテック大山研修センター(富山市)で開催された第38回分析化学中部夏期セミナーにおいて、大学院総合理工学研究科理学専攻化学ユニット1年次生の坂巻麻理子さんと、深山敦史さんが、優秀ポスター発表賞を受賞しました。

受賞対象となった研究発表は以下のとおりです。

〇坂巻麻理子
「流動炭素粉末電極を用いた混合溶媒中の塩化物イオンの実ポテンシャル測定」

〇深山敦史
「シャープペンシル芯を電極として用いるポーラログラフィー」

前へ 

一覧にもどる

 次へ