お知らせ

高大連携事業「課題研究合同研修会」が開催されました

お知らせ

信州大学理学部を会場として、平成30年12月22日(土)に高大連携事業「平成30年度課題研究合同研修会」が開催されました。これは、長野県内の理数科設置校とSSH指定高校の研修と成果発表の場である「信州サイエンスキャンプ」のプログラムとして企画されたものです。会場は200名以上の高校生などで熱気にあふれていました。

午前中は、各高校で取り組んでいる理科・数学など多岐にわたる研究の中間発表が行われました。
高校生の皆さんは、分野ごとに4つの教室に分かれ、発表者はパワーポイントを使用しながら研究成果を発表しました。

午後は、信州大学教育学系 伊藤冬樹 准教授による「課題研究をよりよいものにするために」の講義が行われ、参加者はとても熱心に聴講していました。

次回は、平成31年3月3日(日)に、研究成果を発表する「信州サイエンスミーティング」を予定しております。

前へ 

一覧にもどる

 次へ