お知らせ

大学院総合工学系研究科物質創成科学専攻博士課程2年大塚隼人氏および総合医理工学研究科総合理工学専攻物質創成科学分野博士課程1年鈴木駿一郎氏が「第13回日本磁気科学会年会」においてポスター賞を受賞しました

お知らせ

受賞した大塚さん
受賞した大塚さん
受賞した鈴木さん
受賞した鈴木さん

2018年11月12~14日に東北大学金属材料研究所で開催された磁気科学に関する学会「第13回日本磁気科学会年会」において,総合工学系研究科物質創成科学専攻博士課程2年大塚隼人氏および総合医理工学研究科総合理工学専攻物質創成科学分野博士課程1年鈴木駿一郎氏は,優秀なポスター発表を行った若手研究者に授与されるポスター賞を受賞しました。
日本磁気科学会HPのお知らせはこちらをご覧ください。

発表題目(詳細につきましては尾関研究室HP こちらをご覧ください。):
・「強磁場で誘起されたTMPA TFSIの相の構造と物性」 ○大塚隼人,浜崎亜富,飯山拓,尾関寿美男  
・「炭酸カルシウム生成反応におよぼす磁気処理水の効果」 ○鈴木駿一郎,濱崎亜富,尾関寿美男

前へ 

一覧にもどる

 次へ